男性/40代
タイトルいい日旅立ち
アーティスト山口百恵
母が、百恵ちゃんのファンでよく歌ってました。
女性/20代
タイトル慎吾ママのオハロック
アーティスト慎吾ママ
小学校のとき、朝私を起こす時に目覚まし代わりに一曲かけて起こしてもらった
男性/50代
タイトルかかし
アーティストさだまさし
私が下宿していた時に、このさだまさしさんの「案山子」を聞いて、母の事を思い出し、自分が色々なことで世話になっている、ということをしみじみと感じ、ようじわなかったけど、実家に電話して、ありがとう、とかは言えなかったけど、声を聞いて、なんともうれしかったことを思い出します。
女性/60代~
タイトルこの世の花
アーティスト島倉千代子
今は亡き母は、私が幼少のころ、お千代さんのこの世の花を歌ってくれました。耳元に懐かしく残っています。島倉さんも亡くなられ、年輩のかたがだんだん少なくなって、寂しい限りです。
男性/40代
タイトル元気を出して
アーティスト竹内まりや
仕事で失敗した時に元気付けられた
男性/40代
タイトルいい湯だな(ビバノン・ロック)
アーティストザ・ドリフターズ
母親が働いていて夜遅く帰ってくるのですが、土曜日は閉店が早く、毎週一緒に8時だよ全員集合を見るのが楽しみでした。
女性/30代
タイトル希望の轍
アーティストサザンオールスターズ
高校1年生のとき、アメリカに1年留学することになりました。英語の勉強をしたいという気持ちと、初めて一人で海外に行く緊張で、不安でした。そしてアメリカに行く前の日、母がくれた一枚のCD。それに入っていたのが「希望の轍」。アメリカでは毎日のようにこれを聴いて、「頑張るぞ!」と歯を食いしばって、とにかく英語を学びました。今でもこの曲をかけると、母のやさしさとアメリカで頑張った日々が頭に浮かびます。
女性/30代
タイトル雪やこんこん
アーティスト瀧廉太郎
わたしが、2歳くらいの頃、今は、2人の妹がいる、私ですが、まだ、ひとりっこでした。当時私が住んでいた町で、ちょっとした大雪が降り積もりました。
はしゃいでよろこんで、母と2人で、ユキダルマをつくってあそんだことが、記憶に残っています。
女性/50代
タイトル秋桜
アーティスト山口百恵
父を早くに亡くし 女手一つで 兄妹四人を育ててくれ母に感謝しつつ 私の結婚が遅くなり 年老いてしまった母に 申し訳なくもっと 長生きして欲しかったです。
女性/20代
タイトル「さんぽ」 となりのトトロ主題歌
アーティスト井上あずみ
幼稚園に行きたくない私
この歌でなんとか腰を上げさせてくれる親
女性/30代
タイトル心を込めて花束を
アーティストサザンオールスターズ
結婚式の時のバックミュージックです。手紙は泣いて上手く読めなかったけど、曲に込めた思い伝わったとおもいます。
男性/30代
タイトル思い出がいっぱい
アーティストH2O
小学生の頃親の前で初めて歌った曲が思い出がいっぱい、学校の音楽会でクラスの出しもでみんなで合唱だったものの歌いながら親を見つけると急に小声になったのを今でも思い出します。
今ではあの頃の恥ずかしさなど忘れて月に2.3度は
親とカラオケに行くありさまです。
もちろん、1曲目は思い出がいっぱい
女性/20代
タイトルmother
アーティストSEAMO
実家を離れて、母の偉大さ、私の無力さを実感する日々です。私たち家族のことを1番に考え、手が荒れても体が疲れていても何も言わず家事をこなしてくれました。歳を取って体が小さくなって行っても、私にとってはいちばん大きな存在であることは変わりません。社会人になったら親孝行すると約束しています。この歌はその決意を強めてくれる、母も私も大好きな曲です。
男性/20代
タイトル世界にひとつだけの花
アーティストSMAP
母親とカラオケで歌った その日は高校受験に落ちた日だった
女性/50代
タイトル秋桜
アーティスト山口百恵
本当に歌詞の通り、29年前私が結婚する時、こんな感じでした。母は涙もろくなっていたのを思い出しました。持病を持っていた母は、阪神淡路大震災の後、調を崩し他界しました。この秋で20年を迎えます。小春日和には、優しかった母を思い出し何となく口ずさんでしまう歌です。
男性/60代~
タイトル川の流れのように
アーティスト美空ひばり
おかあちゃんが好きだった。
女性/~10代
タイトル大迷惑
アーティストユニコーン
初めて母と行ったカラオケで母が歌っているのを聞き、他のどの曲よりも一番印象に残りました。今では一緒に歌うようになり、母と私の持ち歌になっています(笑)
女性/30代
タイトルありがとう
アーティストいきものがかり
私の結婚式の時、私の両親への挨拶の時に使った曲です♪この曲とともに今までの感謝の気持ちを伝えれて嬉しかったです(*^_^*)
女性/20代
タイトル秋桜
アーティスト山口百恵
よく小さい頃にやさしく歌ってくれていました。肝心の結婚時には歌わなかったですが。
女性/20代
タイトルキセキ
アーティストGReeeeN
私が高校三年生の定期演奏会で吹いた曲でした。友達との思い出もたくさんありましたが母親の支えがなければここまで来れなかったことにとても感謝しながら吹いた曲です。そしてわたしは県外に就職し親のありがたみ感じながらこの曲をきいていました。
女性/20代
タイトルサラダの国から来た娘
アーティストイルカ
家族全員でドライブすると、必ずこの曲が車内で流れました。
何回もこの曲が流れるので、自然と口ずさみイントロまでハミングできるほどに。
それを見ていたお母さんは、微笑ましく見守ってくれました。
それから、テレビでイルカさんが出ると「お前がよく歌っている歌はこの人の歌なんだよ」と。
この曲が流れるたびに、小さい頃の私を思い出すと言っていました。
女性/20代
タイトル未来へ
アーティストキロロ
この曲は中学生の頃から母も私も大好きな曲です。
いつも何かしんどい事があるとこの曲を思いだしていました。
今は母が私を想ってくれていたように息子を想います。
いつ聞いてもジーンと胸が熱くなる曲です。
女性/40代
タイトル津軽海峡冬景色
アーティスト石川さゆり
母に私との思い出ソングを聞いたところ、意外な曲でビックリ!
3歳の私は、公園や親戚の集まりなどでいつも歌っていたそうです。
そのことは全く覚えていないのですが、石川さゆりさんの歌を聞くとなぜか懐かしいと思う理由がわかりました。
女性/60代~
タイトル青い山脈
アーティスト藤山一郎、奈良光枝
母が老人会のカラオケで歌わなければならない様な状況になってしまったので、私と2人でカラオケに練習に行きましたが、可哀想なくらいヒドイ音痴で、おまけにそれが又わたしに遺伝して結局青い山脈を練習しましたがとうとう人前で歌う事もなく母が亡くなり、私も人がいない時だけ音程の外れた青い山脈を口ずさんで懐かしんでいます。
女性/~10代
タイトルありがとう
アーティストいきものがかり
卒業式でかかってお母さんに感謝したいと思った。
女性/20代
タイトルDESTINY
アーティスト松任谷由実
小学生の頃私と妹の希望でカラオケによく連れていって貰いましたが母は恥ずかしがっていつも歌いませんでしたが、この曲だけは歌ってくれました。
今では私の十八番です。
女性/20代
タイトル未来へ
アーティストkiroro
私が少し道を踏み外してしまって母との関係がうまくいってなかった学生時代読みは違うのですが同じ未来という漢字が使われているこの曲のCDを無言でプレゼントしてくれました。そのCDを聞きとても目頭が熱くなったのを覚えています。そんな私も母になり息子にもこの曲を受け継ぎたいと思いました。
女性/20代
タイトルフラワー
アーティストKinKi Kids
高校受験で辛いとき、母が私に聞かせてくれて応援してくれた曲です。
男性/~10代
タイトルありがとう
アーティストSMAP
初めて母に歌った歌
女性/30代
タイトル未来へ
アーティストKiroro
母の日に母に送った思い出の曲。
歌詞がほっこりしていて聴くと涙が出る名曲です。
女性/30代
タイトル川の流れのように
アーティスト美空ひばり
母親が料理を作るときに歌っていました。
いつの間にか私も覚えた歌です^^
女性/40代
タイトルさざんかの宿
アーティスト大川榮作
家にカラオケの器械があってよく母が歌ってました。
女性/30代
タイトルマリモの唄
アーティスト安藤まり子
以前、母と北海道(道東)を旅行をした時、阿寒湖の遊覧船内で流れていた歌です。昔、流行った歌らしく、母は口ずさんでいました。私は、初めて聞く歌でしたが、かつて先住民族が暮らしていた緑深い森の中をゆったりと進む遊覧船の中、叙情的なメロディーと歌詞が素敵で、母との二人旅の印象にとても残っています。
女性/30代
タイトル世界に一つだけの花
アーティストSMAP
母がゴスペルを習っていた時に、この曲が発表会での曲となり、よく一緒にカラオケで練習した思い出がありますので、一番最初に思い付いた想い出ソングは“世界に一つだけの花”です。歌詞もいいし、何より年齢を問わずに皆さんに愛されてる曲なので今でも本当に好きです。
女性/60代~
タイトルいい日旅立ち
アーティスト山口百恵
嫁いでいく日を思い出す
女性/30代
タイトル
アーティストコブクロ
母が大好きな曲でした。
この曲でコブクロのファンになったと聞きました。
女性/30代
タイトル少年時代
アーティスト井上陽水
夏に旅行へ行くとき車のなかで必ずかかっていたのが井上陽水の少年時代でした。
それを聞くと楽しかった夏の旅行を思い出します☆
CMとかで流れたらいつでもそのときの幸せなきもちになれるのでうれしいです。
女性/30代
タイトル心を込めて花束を
アーティストサザンオールスターズ
結婚式のバックミュージックでした。手紙は泣いて上手く読めなかったけど、曲に込めた思いは伝わったとおもいます。
男性/30代
タイトル心を込めて花束を
アーティストサザンオールスターズ
花束贈呈のバックミュージックでした。手紙は泣いて上手く読めなかったけど、曲に込めた思いは伝わったとおもいます。
女性/20代
タイトル未来へ
アーティストKiroro
ピアノを習ってて、未来へを弾いていました。将来、結婚式で、流せたらいいねと言っていて、実際に結婚式の入場曲で、使用し、母親との夢が叶った曲です。
女性/40代
タイトル津軽海峡冬景色
アーティスト石川さゆり
青森県出身の母は私が小さい時よく聞いていました。
この曲を聞くとついつい口ずさみます。
女性/~10代
タイトル最後のサクラ
アーティスト三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
初めてお母さんと一緒に行ったライブで聴いた曲。三代目を親子で好きになりライブに行きました。ずっと好きな歌だって生で聞いた時に二人で感動のあまりに泣いてしまった思い出の曲です。
女性/40代
タイトル赤いスイートピー
アーティスト松田聖子
テレビの音楽番組から流れてくる赤いスイートピーを聴きながら、台所でお母さんのお手伝いをしていたのを思い出します。2人で一緒に口ずさんだりしました。また聞きたいです。
男性/60代~
タイトルこんにちは赤ちゃん
アーティスト梓みちよ
よく母が口ずさんでいた。私の娘が初孫を産み、その曲をうたったとき、
母を思い出した、若い頃の母を。昭和の町まちが走馬灯のようにうかぶ、
貧しかったけれど、どの顔も輝いていた。母もきれいだった。
男性/40代
タイトル世界に一つだけの花
アーティストSMAP
母と一緒に行ったSMAPのコンサート。SMAPのコンサートにいけるなんて最初で最後だと思って「世界に一つだけの花」の手振りまで覚えたのに、歌われませんでした。その時はすごく残念でしたが、今は「世界に一つだけの花」が流れる度に、コンサートで歌ってくれなかったねと話しています。結果、よい思い出になりました。
女性/40代
タイトル赤いスイトピー
アーティスト松田聖子さん
いつか一緒にディナーショーに行きたいねと話してます。
女性/40代
タイトルM
アーティストプリンセスプリンセス
いつも母とこの歌を聴いていた。
女性/50代
タイトルかもめの水兵さん
アーティスト童謡
母の好きな童謡です。母の子供時代は戦争中で、お遊戯でも水兵さんになって踊ったときいています。頼まれて、母の携帯の着メロとして設定しています。
女性/30代
タイトルモーツァルトの子守唄
アーティストベルンハルト フリース
私が幼い頃、クラシック音楽が好きだった母が、毎晩眠るときに歌ってくれた子守唄の一つです。
いくつかある子守唄の中で、優しい母の温もりを思い起こされるこの歌が、いちばん好きでした。
母となった今、私自身も、我が子に添い寝してこの歌を歌っています。
男性/40代
タイトルアンコ椿は恋の花
アーティスト都はるみ
 30年以上前に地元で行われた都はるみコンサートを、母は生で見て以来、この曲をよく口ずさんでいます。が、最近になり30年以上歌詞を間違えて歌っていたことが判明しました。
男性/30代
タイトル古時計
アーティスト学校の教科書
いっしょによく歌ったなあ。
女性/30代
タイトル桃色吐息
アーティスト高橋真梨子
病気で他界しましたが、元気な時に親子で行った、唯一の思い出です。
今だに、この曲を聴くと、あの日の母の顔を思い出します。
女性/40代
タイトル浪漫飛行
アーティスト米米クラブ
私は母子家庭で、母親は、朝から夜中まで働いていましたので、めったに顔を合わす日がなく、母親がたまに休む日くらいでした。ある日、浪漫飛行を聴いていると、『この歌いいわね~。トランクひとーつだけでなんて、私の時代には考えられなかった。羽ばたきなさい。』と後押しされ、全国転勤の会社に勤めることができました。母に感謝です。
男性/30代
タイトルロビンソン
アーティストスピッツ
母親の運転する車でよくかけられていた曲なので、母親のイメージが強くあります。
女性/~10代
タイトルvictory
アーティストEXILETRIBE
お母さんと初めて一緒にEXILETRIBEさんのLIVEに行きました。それでこの曲が一番初めの曲でした、お母さんと私にとって最高の思い出です。
女性/20代
タイトル2億4千万の瞳
アーティスト郷ひろみ
カラオケに行くと母がいつも歌っていました

それからカラオケに行くと二人で歌っています

郷ひろみさんの曲は母が歌っているのを聴いて覚えました
女性/20代
タイトル君のために僕がいる
アーティスト
生まれて初めての中学生の時のコンサート。友達を誘うのも照れくさかったので、母親について来てもらった嵐のコンサート。
母親もノリノリで楽しんでいて、この曲が流れると、見よう見まねで振り付けまでしていて、その姿が一生懸命で可愛いらしくて。この曲を聴くと、母親の姿を思い出します。
女性/20代
タイトルあいはかつ
アーティストkan
学校のコンクールの曲で、お母さんと一緒に歌ったり聞いたり…。とてもいい思い出です。
女性/50代
タイトル秋桜
アーティスト山口百恵
嫁ぐ前「歌って」と言われ、戻ってきてしまった後もカラオケに行くと、「歌って」と言われていました。昨年再婚し、やっぱり今でもカラオケに行くと「歌って」と言われます^_^
女性/30代
タイトル心を込めて花束を
アーティストサザンオールスターズ
花束贈呈の時のバックミュージックです。手紙は泣いて上手く読めなかったけど、曲に込めた思い伝わったとおもいます。
女性/30代
タイトルサムライ
アーティスト沢田研二
4歳か5歳の頃、いつも家にいる母が、髪にラメをつけて(!)夕方出かけていきました。記憶にある限り、母が夜に家を空けたのはこの時だけ。小さかった私は不安で泣きわめき、母を叩いて引き留めたのですが「そんなに叩きたいなら柱でも叩いてなさい」と一蹴して母は外出。成長してから知ったのですが、沢田研二さんのコンサートに行っていたそうです。サムライは今でも母が鼻歌で歌う歌。
女性/30代
タイトル秋桜
アーティスト山口百恵
私達が住む家のまわりには花壇があります。

小さい頃、秋桜の花を見ていると、微笑みながら母が言いました。

「ねぇ、秋の歌って知ってる?」と。

そして、クエスチョンマークの私に向けて、母はこの歌を…「秋桜」を歌いはじめたのです。

目の前には秋桜の花が揺れていました。

「この花もね、秋桜っていうんだよ」

桜の季節は…微笑みの季節。





女性/30代
タイトル恋心
アーティスト相川七瀬
普段は演歌しか聴かない、歌わないお母さんです。なぜかこの曲だけは気に入っているらしく、カラオケに行くと「歌って」と頼んできます。私が歌うとマイクを使わず歌ってくるのですが、母はまったくリズムが合っていないので思わず笑ってしまいます。意外とかわいいです(笑)
女性/50代
タイトル学生時代
アーティストペギー葉山
今は亡き母と、私が小学生の時に日光へ旅行したことがありました。すぎ木立の道をバスで移動中に、この歌を母が何度も歌ってくれました。いつの間にか私も一緒に口ずさんでいました。中学、高校、大学と進むにつれ、歌詞の内容と似かよったこともあり、大好きな歌になりました。落ち込んでいても、この歌を歌うと元気がでます。きっと母も天国から私を励ましながら、一緒に歌ってくれていることでしょう。
女性/20代
タイトル口笛
アーティストMr.Children
まだ私が中学生だった頃、家庭の問題を抱えた時期で、母も私も気分が暗くなりがちでしたが、Mr.Childrenの歌を聞くと不思議と二人とも元気になりました。その中でも特に「口笛」は、母と二人、おっきな声で歌った思い出の曲です。これを聞けば元気になるね、頑張れるね、と今でも二人でよく歌っています。
女性/20代
タイトル未来へ
アーティストkiroro
結婚式でお母さんに送った曲。
いつもは強い母が初めて、私の前で思いっきり泣いてしました。『幸せになるんで。』と母からもらった言葉をこの曲を聴くと思い出します。
女性/40代
タイトル夕焼け小焼け
アーティストわかりません。
小さい頃、母と出かけた帰り道によく二人で歌を歌いながら家まで手をつないで歩きました。ちょうどその時空を見上げると夕焼けに染まった空が真っ赤になっていて歌の歌詞と同じだったという思い出があります。
男性/40代
タイトル人生色々
アーティスト島倉千代子
自分がリストラになった日、行きつけの居酒屋から母の歌が聞こえてきて、店の外で涙しました。あたたかかっあです。
女性/20代
タイトルさくらんぼ
アーティスト大塚愛
小学生の時にわたしがこの曲が好きだったので、お母さんが自分の携帯にダウンロードして着メロにしていた。
お母さんの携帯にメールとか電話が来るたびにテンションが上がっていた。
男性/50代
タイトルつぐない
アーティストテレサテン
初めて母とカラオケに行った時、母が歌った曲
女性/20代
タイトル神田川
アーティストかぐや姫
あまりテレビを見させてもらえなかった子ども時代。当然両親の好きな芸能人なんて知りませんでした。しかし少し成長して話を聞くとこの歌が好きで職場のカラオケでは十八番とのこと。私も身近な曲になり、懐かしの歌 のような番組では一緒に口ずさんでしまうようになりました。
女性/40代
タイトル秋桜
アーティスト山口百恵
若くして亡くなった従妹が母(私の叔母)に対して、嫁ぐ前の不安感をこんなふうに語ったのではないかと偲ばせる不滅の名曲です。
男性/~10代
タイトル勝手にシンドバット
アーティストサザンオールスターズ
この曲は、僕のお母さんが大ファンのアーティストのデビュー曲で、今でもCDでこの曲を流しては、僕と一緒に盛り上がっている思い出の曲です!
女性/50代
タイトル秋桜
アーティスト山口百恵
もう何年も前になるけれど、やはりこの曲を聴くと、嫁ぐ前のことを思い出します。
女性/40代
タイトル恋のフーガ
アーティストザ・ピーナッツ
母の青春時代の思い出の曲で、晩御飯を作りながら楽しそうに口ずさんでいた。
たまにTVで流れると、一緒に歌うほど、母の大好きな曲である。
女性/50代
タイトル 「恋の季節」
アーティストピンキ&キラーズ
まだ2才に覚束無い私が始めて覚え歌った歌です。亡き父が喜んで、宴会には連れて行き歌わせていたそうと、母が「あの頃わ、かわいかったと」嘆いてます!
女性/40代
タイトルペッパー警部
アーティストピンクレディ
小さい頃、本気でピンクレディになりたくて、朝から晩まで、ペッパー警部の振り真似しながら、母も一緒に歌ってくれまし他。ちゃんと、けいちゃん風の低い声で。
女性/30代
タイトル制服
アーティスト松田聖子
ははのリラックスタイムによく口ずさんでいた歌です。
なんども歌うので覚えてしまい
旅行先のカラオケルームで歌ったときに
びっくりさせてしまいました。
男性/30代
タイトルチューリップ
アーティスト童謡のためアーティスト不明
花をみて一緒に歌った記憶がありあす。
女性/20代
タイトル赤いスイートピー
アーティスト松田聖子
私が幼稚園くらいだったころ、お母さんが毎日のように家事をしながらこの松田聖子さんの赤いスイートピーを口づさんでいて、私も知らないうちに最後まで歌えるようになった思い出深い歌です!
女性/30代
タイトル未来へ
アーティストkiroro
お嫁に行くことが決まっていたある日、母とテレビを見ていたら、kiroroのお二人がこの歌を歌っていました。昔から好きな歌で、親の愛がわからなくてつっぱっていた頃があったのでこの歌が身にしみて、親に本当にありがとうという気持ちでいっぱいでした。歌が終わると二人とも号泣でした。
男性/40代
タイトルかあさんの歌
アーティストペギー葉山
寒い冬、母も寒いのに、夜なべして手袋を編んでくれる。
とても母親の愛情が感じられる歌で、よく口ずさんでいました。
女性/30代
タイトル春よ、来い
アーティスト松任谷由実
弟の授業参観で親子一緒に歌う課題曲。
CDを購入し、母に弟、妹、私も一緒になって口ずさんでいたこと春になると思い出します。
女性/20代
タイトルうれしいたのしい大好き
アーティストドリームカムズトゥルー
高校18年間、家族と一緒にすごす。
愛媛の田舎町だからどこに行くにも車で移動。
母の愛車に2人で乗り込むときは、必ずドリカムのカセット。父がドリカムそんなに聞かないので、私と2人ときはかならずドリカム。ドリカムの中でも、この曲がかかると必ず母は気持ちよさそうに歌い出していた。大学からずっと離れてくらしてるけど、街中や、テレビや、カラオケで誰かが歌うのを聞く度に母の陽気な歌声が聞こえてくる。
女性/40代
タイトル桜島
アーティスト長渕剛
10年以上前になりますが、私の独身最後の思い出作りに母と一緒に長渕剛のオールナイトコンサートへ桜島まで旅行した時のことです。
眠い目をこする間もなく、朝が明けた時は感動しました。ちょうどその時の歌が「桜島」だったので今でも母との感動の歌です。
そして、今年の
8月も富士でオールナイトコンサートへ母と参加します。また、思い出曲ができそうです。
女性/40代
タイトル恋のバカンス
アーティストザ・ピーナッツ
当時中学生だった私は
ちょうど20歳違う母とカラオケへ行き
初めてデュエットした曲です。
声量がある母より上手くなりたくて
ハモれるようにもなりたくて~練習したことを今でも覚えています。
女性/30代
タイトル人生いろいろ
アーティスト島倉 千代子
母がいまでも良く唄います
子供の頃、聞いていて何となく覚えてしまいました
女性/20代
タイトル夢のひよこ
アーティスト矢野顕子
お母さんと遊びに行く時いつも車の中でかかっていました。眠れないときもひよこの歌をよく歌ってくれました。おかげでひよこが大好きになりました。
女性/20代
タイトルHOWEVER
アーティストGLAY
保育園の送り迎えを毎日してくれた母の車でいつも流れていたのがこの曲で、毎朝母と歌っていました。この曲を聞くと当時のことを思い出します。
男性/~10代
タイトルママのたからもの
アーティストおかあさんといっしょ
「こうちゃん こうちゃん」と僕の名前をうたうところがあって、いつも膝に抱きながら一緒にうたってくれました。
女性/30代
タイトル瀬戸の花嫁
アーティスト小柳ルミ子
結婚式の時、歌ってくれた
旦那とは死別したけどお母さんからの歌のプレゼント、私の大切な旦那さんとの思い出
女性/30代
タイトル秋桜
アーティスト山口百恵
母がよく歌っていました。子供のころは意味が分からなかったけど、今になってじーんときます。今では私が子供の子守唄として歌っています。
ゆっくりのテンポがよいのか、よく眠ります。
女性/30代
タイトルLove
アーティストcnblue
初めて同じアーティストを好きになったきっかけの曲です。今では親子仲良く?(笑)おいかけてます☆★
女性/30代
タイトル未来へ
アーティストKiroro
自分の結婚式で弾き語りで歌のプレゼントをしました。
女性/20代
タイトルわたしの首領(ドン)
アーティスト石野真子
母が好きな曲で小学生の夏休みリビングで夏休みの宿題をやってるときに流れていた曲で、私は、宿題より石野真子さんのアルバムの曲を覚えてしまっていました。
この曲を聞くとお母さんに宿題を教えてもらった記憶や、母に手伝ってもらってしたねんどの貯金箱づくりなど思い浮かびます。
私にとって「わたしの首領(ドン)」は夏休みの母との想い出ソングです。
男性/20代
タイトルシングルべ
アーティストシャ乱Q
初めて母とお酒を飲みに行った時に
初めて母の前で歌った曲です。
母の大好きな歌で僕も大好きな歌です。
女性/30代
タイトルイエスタデイワンスモア
アーティストカーペンターズ
母に教えてもらった初めての洋楽です。
女性/40代
タイトル亜麻色の髪の乙女
アーティスト島谷ひとみ
この曲は母と食事の後に行くカラオケでよく歌い比べをして楽しみました。
最近は二人とも忙しく食事に行くことも少なくなりましたが来月の母の日には食事&カラオケのデートをしたいと思います。
そんな母とのつながりを感じる曲が亜麻色の髪の乙女です。
女性/30代
タイトル心を込めて花束を
アーティストサザンオールスターズ
結婚式のバックミュージックです。手紙は泣いて上手く読めなかったけど、曲に込めた思い伝わったとおもいます。
女性/40代
タイトルありがとう
アーティストいきものがかり
遅咲きの私が結婚。
お母さんへの感謝の手紙を読んだ時に
この曲を選びました。
48年間大切に育ててくれてありがとうお母さん。
女性/40代
タイトルシャボンだまとんだ
アーティスト童謡
小さい時、色んな童謡を一緒に歌ってました。母を看取った時に何故かシャボンだまとんだが頭に浮かんで、ずーっと心の中で歌ってました。母との一番の思い出の歌になりました。
女性/50代
タイトルあいの讃歌
アーティスト越路吹雪
母はこの歌を歌う時は思入れタップリで、手振りや表情もまるで越路さんになりきって歌うので笑いを堪えて聞いていましたが、永年聞いている内にすっかり歌を覚え詩に惚れて今では私の持ち歌の一つになってしまいました。
今では母と私2人で歌う姿を私の娘が笑いをこらえて聞いています。
女性/30代
タイトル世界に一つだけの花
アーティストSMAP
私の体調があまり良くなかった頃、この歌で、力を頂き、頑張って生で聞きに行こうよと言われ、トヨタスタジアムまで、母について行き、一緒に涙した歌です。今でも、あの光景は忘れません。
女性/30代
タイトルlet it be
アーティストビートルズ
母の「この曲が好き」と言う一言で練習して弾いた思い出があります。
練習嫌いだったけど、頑張ってなんとか弾けるようになって、聞いてもらった時、下手だったけど嬉しそうに口ずさんでくれたのを覚えています。
女性/50代
タイトル子守唄
アーティスト名前はわかりませんが、ねーんねーんころーりーよ、おころーりーよ。
忘れていた記憶が、孫を寝かしつけていると、ふと口ずさんでいました。継承されているんですね。
女性/30代
タイトル未来へ
アーティストkiroro
幼少時期から母と離れて暮らしていて高校生になってからまた母と暮らし始めて幸せな日々でした。 今は他界してしまっていないけど母とカラオケに行って歌った曲。母も気に入って感動してたのを覚えています。
女性/20代
タイトルA・RA・SHI
アーティスト
デビュー当時から嵐を応援していて、いつも元気をもらっています。嵐のおかげで母とより仲良くなれている気がします。
女性/30代
タイトルドレミのうた
アーティストジュリー アンドリュース
私が幼い頃、母が大好きだったサウンドオブミュージックを一緒に何回も見ては、一緒に歌っていました!
今でも無意識のうちに口ずさむことが多々あります。
女性/30代
タイトル
アーティストコブクロ
つい先日、母が3か月の闘病の末、亡くなりました。
桜を見るまではがんばろうね、と約束して満開になるとともに 空へと旅立ちました。
病院で定期的にされる音楽会で、いつもリクエストしていたコブクロの「桜」。
忘れることのできない想いでになりました。
男性/30代
タイトル珍島物語
アーティスト天童よしみ
パートを辞めて時間を持て余してたお母さんにラジカセを買ってあげました。

CDの買い方がよく分からなかったそうですが、「カラオケで唄うんねん」とこの曲をよく聴いてました。
女性/30代
タイトル夢をあきらめないで
アーティスト岡村孝子
仕事で忙しかった母。たまに一緒に入るお風呂が楽しみで、いつも歌っていたのが「夢をあきらめないで」でした。
今は、産まれたばかりの息子に歌っています。
女性/30代
タイトル悲しみよ、こんにちわ
アーティスト安全地帯
母が好きだった安全地帯の曲をお家のラジカセでよく流し、歌の練習をしてました。二人で熱唱したのが、いい思い出です。
女性/20代
タイトル地上の星
アーティスト中島みゆき
中島みゆきファンのお母さん。普段おっとりした印象のお母さんですが、中島みゆきさんの曲がかかると、力こぶしを入れて歌います。一人の女性としての柔らかさではなく『母』の強さを感じることができるので、子としては強い母が好きです。
男性/30代
タイトル卒業
アーティスト松任谷由美
いつも移動していた車でかかっていました。
くるまで大合唱です
男性/50代
タイトル悲しい酒
アーティスト美空ひばり
婚家とあまりしっくりとはいかなかった母。連れ合い(私の父)にも恵まれたとは言えない。自分のことと美空ひばりの陰の部分を重ね合わせていたと思う。「悲しい酒」が流れると、ひばりより先に泣いていた母。母が亡くなり五年。母に孝行するつもりで父を看ている。この人は、母の「悲しい酒」を聴いたことがあるのだろうか。
女性/40代
タイトルいい日旅立ち
アーティスト山口百恵
この歌は、母が好きでいつも歌っていました。この歌を聞くと、子供の頃の思い出が、思い出されます。まだ、母は、健在なので、親孝行したいと思います。
女性/40代
タイトル朧月夜
アーティスト不明
アラーム音として朧月夜の曲が目覚まし時計に入っており、寝つきが悪い時や不機嫌な時などにかけてくれていたのを何となく覚えています。
女性/~10代
タイトル空も飛べるはず
アーティストスピッツ
母との思い出ソングというより家族との思い出ソングなのですが、車の中で私が歌ったらみんなが歌い出して、妹が音痴なので音が外れているところをみんなで、「あっそこ違う!」などと言って修正していっているうちにたくさん歌っていてこういうのが思い出ソングというのかなと思い応募しました。
女性/30代
タイトルTop of the world
アーティストcarpenters
高校生の頃、塾に送ってもらったり学校に送ってもらったりする時に車の中はいつもカーペンターズの曲でした。
私が好きなミュージシャンと母の好きなミュージシャンが一致しなくてお互いに好きなカーペンターズを流していました。
今でもカーペンターズの曲を聞くと忙しい中で時間をとって送ってくれた母を思い出します。
女性/20代
タイトルギザギザハートの子守唄
アーティストチェッカーズ
学校への送り迎えはいつも母が車でしてくれました。朝は寝坊で急いで学校へ、帰りは課題をやって遅くなっても、わがままな私を迎えに来てくれました。母が昔から好きだった歌を聞きながら家に帰るのがとても好きでした。母は亡くなってしまい、もう一緒にドライブすることは出来ないけど、ずっと大切な思い出です。
女性/20代
タイトル渚にまつわるエトセトラ
アーティストPUFFY
保育園に送ってもらう車の中で母と聞いていた曲です!寝る前には母から三つ網をしてもらい次の日の朝に髪をほとくとPUFFYみたいなパーマの髪型になっていました!その髪型で保育園に行くのが凄く嬉しかったのを覚えています!今では私も母になり子供と思い出の曲を作りたいなっと思っています!
女性/30代
タイトルホテル・カリフォルニア
アーティストイーグルス
母が好きで、車の中でよくこの曲が流れていました。子供ながらにいい歌だなーと思って、私も好きな歌になりました。
女性/20代
タイトル
アーティスト石嶺聡子
当時私は小学生、はじめはラジオから流れていたと思います。母と二人、とても気に入ってCDを聞きながらずーっと口ずさんでいたことを覚えています。
カラオケなどほとんど行ったことのなかった母。家族で初めてカラオケに行ったときにはもちろん一緒に歌いました。
今でもどこかで流れてきたら自然に口ずさんでしまう曲です。
男性/40代
タイトルいーつのーことーだかー 曲名がわかりませんが
アーティスト不明
去年亡くなった母親が、春になるとよく口ずさんでいた歌です。小学校の卒業式で歌ったなあ。今は自分が子供に聞かせています。
女性/30代
タイトルオナカの大きな王子さま
アーティスト小椋佳
小さい頃、今は懐かしいカセットテープで繰り返し聞いていました。
この曲がかかると遊んでいる手を止めて聞き入ったのを覚えています。
今でも小椋さんのやさしい歌声をはっきりと思い出す位大好きな曲です。
女性/40代
タイトルカナダからの手紙
アーティスト平尾まさあき?さんと女の人
帰省中の電車の中で一緒に歌ってました。
大人びた歌で意味は当時分かっていませんでしたが妙に印象に残ってます。
女性/30代
タイトル仔グマのカンカン・ダンス
アーティストカステラの文明堂
小さい頃を一番思い出せる歌です。「お母さんカステラ食べたい~!」とよく母に言ってました。
男性/40代
タイトルもしも明日が
アーティストわらべ
よく母が歌ってくれました。
女性/30代
タイトル長い間
アーティストきろろ
私はエレクトーンを習っており、母と一緒に発表会で一緒に弾いたこと。一緒に練習したことやお揃いのドレスきたこと良き思い出として残っています。
男性/50代
タイトルゆうやけこやけ
アーティストやすだしょうこ
死んだ母と話した過去に
女性/30代
タイトル秋桜
アーティスト山口百恵
姉が結婚する前日に母と姉と私でカラオケに行き私が秋桜をコッソリ練習して歌いしんみりした思い出がある
女性/50代
タイトルラブ ミー テンダー
アーティストエルヴィス プレスリー
母は若い頃から大のプレスリーファン!

私が小さい頃からずっと一緒にプレスリーの曲を聴いていました。

特に『ラブ ミー テンダー』は私たち親子の一番のお気に入りでした。

母は今は認知症ですが、この曲は忘れていません。

今聴くと、幸せに過ごした昔を思いだします。
女性/40代
タイトルいい日旅立ち
アーティスト山口百恵
まだ結婚する前に家族でカラオケに行き、母はこの曲が大好きで、母がこの曲を歌っていました。

私が結婚式でこの曲を流したら、母は喜んで涙していました。

なので懐メロで時々流れると、この頃を思い出して私も涙してしまいます。
女性/50代
タイトルいい日旅立ち
アーティスト山口百恵
昭和57年。大学進学のため下宿することになった。日課だった母との入浴もこれで終わり。大学生活への不安、家族と離れる寂しさを感じつつも同じ県内、たかだか5時間弱の距離じゃないかと自分に言い聞かせていた。気がつけばいい日旅立ちを口ずさんでいた。18の春だった。
男性/20代
タイトルふるさと
アーティストモーニング娘
高校を卒業後に地元を離れて関西地方の大学へ通いました。
初めて、地元を離れて暮らす中で友達が初めの頃は直ぐに出来ませんでした。
そんなときに、CD屋さんで「ふるさと」が流れていまして
地元での生活を振り返る中で、母親や父親の有りがたみが
伝わった思い出深い曲となっています。
女性/50代
タイトル白いブランコ
アーティストビリーバンバン
84になる母は昔からモダンな歌が好きでした。今は認知症になって施設に入所しています。先日、施設のリクリエーション(カラオケ)の時間に、私が「白いブランコ」を流してもらって一緒に歌いました。母が口ずさんでいた頃を思い出し、2番は涙で声がでませんでした。母が大好きだった歌です。
女性/40代
タイトル未来へ
アーティストキロロ
披露宴で母のエスコートで退場する際にかけた曲です。喧嘩することもありましたが、女性として、どう生きていけばいいのか、沢山のことを教えてくれた母の姿が重なる歌詞で、結婚が決まる前から絶対にこれをかけよう!と思っていた曲です。私も母になり、娘にこういう姿が見せられているといいな。
女性/30代
タイトルLOVELOVELOVE
アーティストDREAMS COME TRUE
子供の頃、お小遣いを貯めて初めてプレゼントしたのが、お母さんの好きだったドリカムのこのCDでした。とても喜んでくれて、家ではしばらくの間ずっとこのCDがかかっていたのを覚えています。
女性/20代
タイトル負けないで
アーティストZARD
わたしが小さい頃に車の中でZARDの負けないでがよく流れていました。
お母さんは音楽が好きでよく色々な曲を車の中でかけてくれてましたが、
わたしが落ち込んでるときやピアノ教室でうまくいかなかったときは決まって負けないでが流れていました。
すぐ顔に出てしまう私に気づいてお母さんなりに勇気づけてくれてたんだなと思いました。ZARDの負けないでは未だに落ち込んだときに頭の中で流れてきます。
女性/20代
タイトル長い間
アーティストKiroro
私が大学受験勉強でつまづいたときに、勧めてくれた歌です。母にただただ感謝です。
女性/50代
タイトル達者でな
アーティスト三橋美智也
母は亡くなりましたが、家事をするときも、買い物帰りも、お風呂に入っていても、此の歌を歌っていたのを、思い出します!
女性/30代
タイトル青のじゅもん
アーティストkiroro
小学生の頃、小柄だったこともあって、うつ伏せになった母の足の裏を足ふみしてマッサージしてあげるのがお手伝いでありお小遣い稼ぎでした。いちにっいちにっとひさすら足ふみするだけ。それでもとっても気持ちよさそうでした。ただずっとしていると疲れるので、CDをかけて音楽一曲分で50円の約束でした。kiroroのCDはいくつか持っていたけど、アップテンポなこの曲がすきでした。まだ縦長の小さいCDの頃の話です。
女性/30代
タイトル守ってあげたい
アーティスト松任谷由美
母がいつも口ずさんでいた歌。結婚をして実家を離れても、この歌を聞くと母が見守っていてくれる気がして元気になります。
女性/30代
タイトルいい日旅立ち
アーティスト山口百恵
普段、お酒を飲まない母が、家族でカラオケに行くと、少しだけレモンサワーを飲んでいつも歌ってました。

父が亡くなって家族でカラオケに行くこともないけれど、この曲を聴くと少しだけ懐かしいような寂しいような感覚をおぼえます。
女性/30代
タイトル贈る言葉
アーティスト海援隊
母が武田鉄矢さんのファンでよくレコードがかかってました。
母にいい歌だと言われても子どもの私は理解できず、他のに変えてとあまり一緒に聴きませんでしたが、色んな事を経験した今では母の言う通りだなと思います。
男性/~10代
タイトルアンマー
アーティストかりゆし58
好きで聞いていて、家族でカラオケに行った時に歌ったら母が泣いてしまった。
男性/30代
タイトル思い出のアルバム
アーティスト作詞者 増子とし 作曲者 本多鉄麿
小学校で習った歌です。

音楽の時間や授業参観日の時に歌ったんですが、
楽譜を持ち帰り、母と一緒によく歌っていたのを覚えています(*^-^*)

ほんとに懐かしい・・・

もし戻れるなら、もう一度あの頃に戻って
また一緒に歌いたいです!
男性/50代
タイトルいい日旅立ち
アーティスト山口百江
母とのおんぶに記憶があります。
女性/20代
タイトル夢をあきらめないで
アーティスト岡村孝子
子供の頃ずっと車で流れていました。
子供の頃はなんていう曲かわからなかったけど大人になって分かり、いい歌だなーと思っています。
女性/30代
タイトルバラが咲いた
アーティストマイク真木
小さい頃よく車酔いする体質で、家族でドライブ中に気持ち悪くなると、気を紛らわせる為によく歌わされまして。
当時の母が唯一知っていた歌という事でした。
女性/40代
タイトル木綿のハンカチーフ
アーティスト太田裕美
亡くなった母は身体が弱く入退院を繰り返しており余り思い出はないのですが、元気で家にいてた頃よく流れていたのがこの曲でした。爽やかな歌声が印象的でした。
女性/30代
タイトル壊れかけのradio
アーティスト徳永英明
始めて母と一緒に行ったコンサート。母の好きな徳永英明さんの曲を聞くと、幼かったあの頃を思い出します。
女性/30代
タイトルボクノート
アーティストスキマスイッチ
親に反対されながらも新しい事に挑戦している時にいつも車の中で聞いていました。結局夢半ばで諦めてしまいましたが、これを聞くとあの頃の事を思い出して、懐かしく思います。もっと頑張れば良かったと。。
女性/30代
タイトルチェリー
アーティストスピッツ
母がスピッツの大ファンで、中でも「チェリー」が大好き!
2年程前、私の結婚式の時、お色直しで退場する際にこの曲を流してもらい、母と手をつないで一緒に歩いた想い出の曲です。
女性/20代
タイトル時の流れに身をまかせ
アーティストテレサ・テン
私がおなかの中にいた頃から車の中で母がずっと聴いていて、私の記憶では当時3歳だった頃から母と一緒に口ずさんでいた曲です。考え方の違いで衝突することもありましたが、テレサ・テンさんの歌だけは今でも2人で一緒に歌うことができるので大切な歌のひとつです。
女性/20代
タイトル
アーティストスキマスイッチ
母がスキマスイッチが好きで、車でよく流れていてきくと今でもあの頃をおもいだします
女性/40代
タイトル笑えれば
アーティストウルフルズ
母が入院中にこの曲を毎日聞きながら看病に通った。娘も小さく痩せてしまい慌てて保育園に行くことにしたりして励ましの曲になった。亡き母の歌になってしまって聴くと思い出す苦くてそして母と居れた喜びも。
男性/50代
タイトル肩たたき
アーティストビクター児童合唱団
母の肩をたたいてあげたとき、母がよく自分で歌ってました
女性/50代
タイトル君といつまでも
アーティスト加山雄三
母が加山雄三の大ファンで、いつも料理をしながら、掃除をしながら、楽しそうに家事をしてた姿をおもいだします。それもサビの部分の繰り返しで延々と歌ってたのが好きでした。
女性/30代
タイトル秋桜
アーティスト山口百恵
結婚式で母の大好きな百恵ちゃんの曲を流しました。
私は、百恵ちゃんのことをよく知らなかったが母の涙をみたら歌の深み母の思いが伝わってきました。
女性/30代
タイトル秋桜
アーティスト山口百恵
母の母に結婚式で花束贈呈の時に流してそこから私も大好きな曲になりました!
女性/40代
タイトルバラが咲いた
アーティストマイク真木
父の実家の高山へ行くときに3時間くらいは車に乗っていないといけなくて子供の頃は苦痛でした。母はそんなときにいろんな歌を口ずさみ一緒に歌うことでかなり気がまぎれました。中でもバラが咲いたはよく歌ってくれた歌で車の中家族3人で大合唱したのが懐かしいです。
女性/50代
タイトルりんごのうた
アーティスト美空ひばり
母が大好きな歌で朝私を起こすとき、掃除機かけてるとき、洗濯してるとき、薪でお風呂焚いてるとき、夕御飯作ってるとき、一緒にお風呂入ってるとき、一緒に布団に入ったとき……いつも母の口から出てきてた歌です。
女性/50代
タイトル秋桜
アーティスト山口百恵
結婚式で友達が歌ってくれて、母も私も感動で、大泣きしたのが、今でもわすれられません。今も聞くと母との思い出を思い出して泣いてしまいます。
男性/50代
タイトルおふくろさん
アーティスト森 進一
大学で地方に行く事になり、とても寂しい思いさせました、今は亡き母との思い出の歌です。
女性/30代
タイトル恋におちて
アーティスト小林明子
ピアノの弾き語りをしながら、よく母が歌っていました。「私も大きくなったらこういう気持ちになる恋がしたいな」と思いながら聴いていました。33年経った今、来週結婚する人のそばでこの曲を心の中で噛みしめています♡
女性/30代
タイトル北風小僧の寒太郎
アーティスト堺正章
幼稚園の帰り
寒い冬によく二人で歌っていました
女性/40代
タイトルクリスマスキャロル
アーティスト稲垣潤一
私が小学生の頃から、シングルマザーで、早朝から夜遅くまで働いてた母、
そんな事も理解できず、遊び歩いていた私を一度も責める事は無かった。
生活も苦しいのに、誕生日やクリスマスは必ず大好きなカラオケに連れて行って
くれた母が毎回歌っていた曲です。
今は兄の介護で毎日疲れてる母、
たまにはストレス発散させてあげたく、応募しました。
女性/40代
タイトル月の砂漠
アーティストお琴の練習曲だったのでわかりません。
幼いころ母にお琴を教えてもらった時に、壮大な砂漠の何とも言えない感じが子供心にインパクトが強かったです。忘れられない大好きな歌です。
女性/50代
タイトル川の流れのように
アーティスト美空ひばり
私が結婚して仕事・家事・子育てに疲れていた時に、母がありのままに生きることを教えてくれた曲です。自分の運命を受け入れ、しなやかに生きる母の姿が曲と重なりました。私にとって、大事な思い出です。
女性/20代
タイトルありがとうの輪
アーティスト絢香
就職で地元熊本を離れ、愛知に来るとき淋しさを抑えて私の夢を叶えるため力強く背中を押してくれた母。
仕事をしながら私や兄を育てるのは大変だったと、仕事を始めて、改めて思いました。この曲は先日結婚式でそんな母へ感謝を伝えたくて選んだ曲です。
今私のお腹にいる子供にとっても母のような母を目指したいです。
女性/40代
タイトル青春時代
アーティスト森田公一とトップギャラン
物心ついた頃パンダの形のレコードプレーヤーを買ってもらって初めて聞いたのが何故か「青春時代」でした。プレーヤーうれしくて何度も聞いたせいか自然と耳に残っています。母の影響かなぁ?
女性/30代
タイトルshake
アーティストSMAP
親子でSMAPが大好きで毎回コンサートに行っています!この大イベントが私たち親子にとっては最高のストレス発散の場です。shakeはノリもいいし、踊れるし、theSMAPという感じでいつも一緒に楽しめるので、母とのテーマソングのようなものです。
女性/50代
タイトル長い間
アーティストキロロ
ずっと入院していた母と沖縄へ旅行に行く飛行機の中で初めて聴き、二人とも何故か涙が止まらず、キロロのファンになり今も聴いています。
男性/40代
タイトル愛、燦々
アーティスト美空ひばりさん
母親だった方が好きでしたね。コンサートに一度行ってみたいと言ってましたが、もうかないません。
女性/20代
タイトル負けないで
アーティストZARD
幼少期、水泳教室の大会があり、選手に選ばれた私。選ばれたという期待から、気持ちだけが焦り、練習でなかなかよいタイムが出ませんでした。そんなとき、母が車のなかで流した曲がこの曲でした。なんだか、とても前向きな気持ちになりました。あともう少し、大会まで努力しようと。大会での結果は賞はいただけませんでしたが、自分のベストは尽くすことができたので、満足でした。今、大事なときは、この歌を思い出します。
男性/50代
タイトルチューリップ
アーティスト知らない
なんとなく母と一緒に唄った想い出があります
男性/20代
タイトル未来へ
アーティストkiroro
私の想い出ソングは、Kiroroさんの未来へという曲です。この曲は小学校の卒業式の時に歌った曲なのですが、日々母に言えなかった事、感謝の気持ちを込めて歌いました。卒業式の帰りに母が見せた涙を、今でも鮮明に覚えています。小学校を卒業してから、15年経つのですが、凄く大事にしている曲の1つです。あれからもう社会人になり働きだし、私も今度入籍致します。生まれてくる子供にも是非聞いてもらいたいです。
女性/30代
タイトル木綿のハンカチーフ
アーティスト椎名林檎
母世代の歌を自分の世代のアーティストが歌い直してて、それぞれカラオケで歌ったのが思い出です。
女性/30代
タイトル少年時代
アーティスト井上陽水
小学校6年の時の謝恩会で発表した時の曲で、母がとても気に入ってくれた曲で家でも演奏してほしいと頼まれたのを覚えています。
母と2人で良く歌ったりもしていて今でも大好きな曲です。
女性/30代
タイトル未来へ
アーティストKiroro
22歳で結婚をした私は、結婚式前に少しだけでも親孝行できたらと、仕事が終わると母と二人でドライブがてら近くにある温泉に入りに行きました。その時に毎日のように聴いていた曲です。今まで素直に言えなかった想いをこの曲に重ねて、母と色々な話をしながら、涙したことを思い出します。
女性/20代
タイトル川の流れのように
アーティスト美空ひばり
母の記憶は殆ど無いのですが、父を通して母を見たことがありました。音楽など聴かない父が静かに「川の流れのように」を聞いていて、声をかけると母が美空ひばりさんが好きだったのだと教えてくれました。古い古いレコーダーの上にはカセットテープが何本も置かれていました。その時初めて私は母を、かついて生きていた自分の「親」なのだと思えた気がします。時々両親を思い出してこの曲を聴いています。
女性/50代
タイトルひまわり
アーティスト前川 きよし
私は、福山雅治さんのファンなのですが、「ひまわり」は、福山雅治さんが作詞作曲を手掛けた曲で、福山雅治さんバージョンのCDを買って聴いていたら、母親が、「前川きよしの歌の方がいいな~」と言うので、前川きよしさんバージョンのCDをプレゼントしました。2年前に母親は亡くなり、「ひまわり」を聴くと泣けてきます。
女性/20代
タイトルHELLO,MY FRIEND
アーティスト松任谷由実
この曲はお母さんの大好きな歌です。お母さんは田舎から都会に出て、そのまま結婚したので友達に会いに帰るときに車内でいつもこの曲をリピートしてました。3年前に親友をなくしてしまい、この曲に救われたと言って泣きながら笑っていました。それからただ懐かしいだけではなく、お母さんを救ってくれた大切な曲になりました。
女性/40代
タイトル秋桜
アーティスト山口百恵
私が高校生の頃にカラオケが流行りだし、父が亡くなった直ぐの寂しさを紛らわす為、母と一緒に行った際には「結婚式には秋桜歌うね」と良く話ししていました。
女性/20代
タイトル壊れかけのRADIO
アーティスト徳永英明
母が徳永英明さんが大好きで、小学生の頃は母が塾や習い事のお迎えをしてくれる道中はずっと徳永英明さんの曲が流れていました。
そのなかでも特にこの曲は母が口ずさみながら運転していて一緒に歌って楽しかったので、この曲を聴くと夜暗い車中で母と一緒に歌ったのを思い出します。
女性/50代
タイトル青葉城恋唄
アーティストさとう宗幸
入院中の母親がすごく良い曲がラジオから流れていたと枕元のメモに青葉城恋唄 さとう宗幸と書いていました。二人で聞くことは出来ずに母親は他界しましたが、この曲を聞いて心が慰められたことでしょう。
女性/30代
タイトルありのままで
アーティスト松たか子
映画を一緒に観に行って 何度も聴いたり 一緒に歌ったりしています、母が大好きな曲で 何度も何度もリピートしています
女性/30代
タイトル心を込めて花束を
アーティストサザンオールスターズ
結婚式の時のバックミュージックです。手紙は泣いて上手く読めなかったけど、曲に込めた思い伝わったとおもいます。
女性/30代
タイトル恋人よ
アーティスト五輪真弓
当時はCDをカセットテープに録音して聞いてた時代。
母との車の中では流行りの曲が流れていたけど、その中でも印象に残ってるのはこの曲。幼い私は歌詞もわからないままに聞いて歌っていました。
この歌を聞くと仕事帰りの母が私を祖父母宅へ迎えに来てくれていた光景を思い出します。
男性/30代
タイトルおよげたいやきくん
アーティスト小門真人
幼稚園時代、送迎バスを待つまでに一緒に観ていた幼児教育番組で流れていた。寒い真冬は一緒に寝坊したりとお母さんにとっても初めてのお母さんの役割を努めようとしていて、同時進行で成長して行けた気がする。
女性/50代
タイトル未来へ
アーティストKiroro
この曲がヒットした際私は海外駐在中、母はまだ若くボランティアの仕事をしていて離れ離れ…心臓の持病をもつ母を思い母は1人娘の私を思いお互い国際電話や手紙でやりとりしてましたが私は度々一時帰国してました!そんなある日母から若者の歌だけど凄く気に入りお母さん歌ってみたいけど無理だからあなたに是非歌って欲しいからとCDが…それがこの未来へ!今ではレパートリーにそして歌う度昔懐かしい思い出の大好きな1曲に
女性/20代
タイトルつつみこむように
アーティストMISIA
カラオケにいくといつもパパに歌わされてた
男性/30代
タイトルキャンドルライト
アーティストチェッカーズ
カラオケに行けば必ず歌ってました。
すごい印象的です。
女性/20代
タイトルSAY YES
アーティストCHAGE&ASKA
小さい頃に誕生日にプレゼントでもらったオルゴールの曲で、CHAGE&ASKAもドラマも知らなかったのですがこの曲が好きになって、今でも聞くと優しい気持ちになります☆
男性/20代
タイトル虫歯建設株式会社
アーティストさかいおさむ
幼稚園の頃、よくテレビの前でこの曲を聴いてました。今でもふとその光景が頭に浮かんできます。
女性/30代
タイトル心を込めて花束を
アーティストサザンオールスターズ
結婚式での花束贈呈の時のバックミュージックです。
手紙は泣いて上手く読めなかったけど、曲に込めた思い伝わったと思います。
女性/20代
タイトルわたしの城下町
アーティスト小柳ルミ子
母の十八番だったのが、小柳ルミ子さんの「わたしの城下町」でした。ドライブでも必ずと言っていいほど小柳ルミ子さんの音楽を流すので昭和63年生まれの私もすっかり覚えてしまって、母とデュエットすることも家族カラオケの楽しみでした。ですが、私を昭和ソング好きに育ててくれた母も去年ガンで他界。もう母と昭和ソングを歌いあうことはできなくなってしまいましたが、いつか自分の家庭を持ったら子どもと歌いたいです。
女性/40代
タイトル夜来香
アーティスト李香蘭
めったに行かないカラオケ。元コーラス部なのに恥ずかしがって唄わない母。時々鼻唄で歌っていたこの曲を選んだら、照れながら一緒に唄ってくれました。母は、昨年亡くなりましたが、母の好きだった曲を考えていたら懐かしい光景を想い出す事ができました。ありがとうございます。
女性/40代
タイトルおよげたいやきくん
アーティスト子門真人
子供のころ、番組内で流れるこの曲が大好きで一緒に母と歌っていました。