女性/30代
タイトル晴れたらいいね
アーティストDREAMS COME TRUE
保育園の行き帰りに母と手をつなぎながら一緒に歌うこの時間が宝物でした。
女性/20代
タイトル勝手にしやがれ
アーティスト沢田研二
最初は、私が歌謡曲に興味を持っていて、Youtubeで沢田研二さんの「勝手にしやがれ」を見て、かっこいいと思っていたんです。それを、お母さんにも見せたところ、普段は「男性の歌手は全く興味ないから見ない!」と言うのに、沢田さんの時だけ反応が違い、「え!かっこいい!」と初めて男性歌手に対して興味を持ったのです。それ以来、「勝手にしやがれ」の曲で盛り上がったり、カラオケで歌ったりしています。
女性/~10代
タイトルGIFT
アーティストMr.children
小学校の運動会(組体操)の時に流れた曲です。
女性/20代
タイトル輪舞曲
アーティスト松任谷由実
お母さんがよくお父さんとケンカした時に娘の私と2人で家を出てカラオケに行った時に歌っていました。毎回毎回聞いていたらすっかり覚えてしまいました。今では私にも娘ができ、カラオケでは私が輪舞曲を歌っています。
女性/30代
タイトルふるさと
アーティスト童謡
子供の頃「ウサギ追いし」がどうしても理解できず「美味しいの?」と母に質問したら大爆笑されました。この曲を聞くと母のことを思い出します。
女性/20代
タイトル未来へ
アーティストKiroro
2人でピアノに通っている時に、初めて連弾で弾いた曲でもあり、大切な親戚の結婚式でも弾きながら歌った思い出の曲です。
女性/30代
タイトル私だけの天使~angel
アーティスト松田聖子
10代の時母とカラオケに行った時に初めて聞きました。私の為に唄ってくれたのかは聞いてませんがとても印象的でずっと心に残っている曲です。今私も母になり、娘に唄ってあげたい曲です。
女性/40代
タイトル涙そうそう
アーティストBEGIN
カラオケ好きの母とよくカラオケへ行きました。
私が東京転勤が決まった時、夏川りみさんではなく、あえて私に好きなBEGINで歌ってくれました。
それ以降は夏川りみさんでしか歌ってくれません。
最初で最後だったんでしょうね。
女性/30代
タイトルYESTERDAY ONCE MORE  
アーティストカーペンターズ
母が大好きだったカーペンターズ。
英語の意味がわからない幼い私もいつの間にか一緒に歌うことができるようになっていました。何度も何度も一緒に歌って…楽しい日々でした。
今でもラジオ等でこの曲が流れると若かった母を思い出し胸がギュッとなります。
誰でも年は取りますが…歌が若く綺麗な母を思い出させてくれます。
そしてこの歌詞も過去を懐かしむ私と母を歌っているかのようです。
女性/60代~
タイトル四季の歌
アーティスト芹洋子
母が認知症を発症してからはどこに出かけるのも母と一緒でした。その時に手をつなぎ母が唯一歌うのがこの歌でした。それも歌詞を間違わずに歌うのにはびっくりしました。私が子供だとまったくわからずお友達と思って歌っている母はまるで少女のようでした。昨年亡くなるまでは病院内でも車いすを押して一緒に歌っていました。おかげで私も歌詞をすっかり暗記してしまいました。きっと天国でも大勢のお友達と歌っていることでしょう
女性/30代
タイトルママへ
アーティスト青山テルマ
小さいときに母親を亡くし、時と共に母親との思い出が消えかけていく中で初めてこの曲を聞いたとき、忘れかけてた母親との短い生活を思い出して、涙が止まりませんでした。
男性/50代
タイトル川の流れのように
アーティスト美空ひばり
父が亡くなり、一人暮らしになった母に持たせた携帯電話の着信曲にした曲です。父も母も美空ひばりさんが大好きでした。母は、携帯電話の着信曲が流れるたびに、うれしそうにニコニコしながら歌うので、母の家に行ってそばにいるのに関わらず母の携帯に発信して母の嬉しそうな顔をながめています。
女性/40代
タイトル未来へ
アーティストKiroro
どんな未来があるのかまだ何も知らなかった頃によく母と話しては夢を膨らませてました!
女性/~10代
タイトルぞうさん
アーティスト童謡
今ではすっかり聞かなくなりましだが テレビで流れるたびにお母さんと弟と歌ってました。
男性/40代
タイトル思い出のアルバム
アーティスト不明
自分が幼稚園の頃の話をすると、母は、毎回、決まって卒業の時に歌ったこの曲の話に。
女性/40代
タイトル恋人よ
アーティスト五輪真弓
子供の頃、カラオケセットを買って、一生懸命練習していた母を、思い出します。
男性/40代
タイトルOnly Love
アーティストハウンドドッグ
中学生かな、高校生かな、の頃、この曲が大好きだった母に頼まれて、入っているアルバムを調べて買った思い出があります。
女性/20代
タイトル赤いスイートピー
アーティスト松田聖子
お風呂場は母と私のステージでした。中でも母がよく歌っていたのはこの曲で、シャワーヘッドをマイクに聖子ちゃんになりきっていました。今は一緒にお風呂に入ることはないけれど、今でも聖子ちゃんが入浴中にお風呂場に近づくと、この曲が聞こえてきます。
男性/50代
タイトル秋桜
アーティスト山口百恵
よく母が歌ってました。
男性/30代
タイトル天城越え
アーティスト石川さゆり
親の実家に帰省するときによく親父の車でかかっていた曲。子供の頃に聞いていたこともあり今ではカラオケで歌えるまでになり上司とのカラオケで選曲に幅が出ている気がします。あの時聞いてなければ今の自分がなかっただけに、母親が好きだったこの曲が今では仕事で役立っていることに少々驚いています。
男性/30代
タイトルねんねんころりよ
アーティスト子守唄
母の歌う音程が違っていて、その違うまま覚えてしまったため、他の人前では歌えません。
女性/30代
タイトル異邦人
アーティスト久保田早紀
一緒にカラオケに行くと、母が必ず歌う曲です。
母は歌が得意ではなく音が外れたりするんですが、お互い笑いあったりして楽しく過ごせた思い出深い曲です。
男性/~10代
タイトル君という名の翼
アーティストコブクロ
初めて買ってもらったCDです。
成人の半分となる10歳、小4の時のプレゼントにおねだりしました。
女性/50代
タイトル
アーティスト美空ひばり
母は美空ひばりが大好きで、私が初めて連れて行ってもらったコンサートもひばりさんでした。歌の内容もわからず母と共に口ずさんでいました
女性/30代
タイトルタッチ
アーティスト岩崎宏美
私がアニメのタッチが大好きで、よく家族でカラオケに行ったときに歌っていました。もう一回、もう一回っと、ワガママを言う私と、一緒に歌ってくれました。ありがとう。
女性/30代
タイトルバラ色の人生
アーティストエディット・ピアフ
母が結婚祝いにいただいたという目覚まし時計。目覚ましの音が、オルゴールで「バラ色の人生」でした。ときどき母の布団にもぐりこんで一緒に寝るとこの曲で起こされるので、この曲を聴くと、母に甘えて一緒に入った布団を思い出します。
女性/20代
タイトルライジングサン
アーティストEXILE
東日本大震災の中で、母と二人でとても苦労しました。1か月も断水して、遠くまで水を汲みに行きました。店も閉店して食料も乏しく、ガソリンスタンドに並んでも給油出来ない状態でした。地震の余震も長く続き、生きた心地がしませんでした。不安な気持ちの時に母と一緒に聞いたこの曲は、本当に心に沁みました。
女性/20代
タイトルさよなら大好きな人
アーティストはなはな
ドラマの主題歌になっていて母と一緒に見ていたのと、ちょうど放映時期に祖父が亡くなって歌詞と重なったのか母がよく口ずさんでいたのを覚えています
男性/30代
タイトルTop of the World
アーティストカーペンターズ
思春期の頃、カーペンターズがリバイバルヒットしました。母はまさに世代だったため、恥ずかしながら、母にカーペンターズの曲がないか聞いたところ、レコード盤を取り出してきて聴かせてくれました。
女性/40代
タイトル秋桜
アーティスト山口百恵さん
私が、彼と同棲をはじめる少し前に、一緒にカラオケに行っていつも歌ってるのでその日もいつも通り歌っていたら、母が涙をぬぐっていたのでとてもびっくりしました。
同棲に反対はしてなかったけど、やっぱり寂しかったのかなぁと、改めて母の思いを知りました。
女性/20代
タイトルロックンオムレツ
アーティスト森高千里さん
オムレツを作る歌なんですがとっても明るくテンポよく一緒にオムレツを作りながら小学生のころから一緒に作っていました。母が作るオムレツは今でも好きで自分自身結婚してオムレツを作るとき口ずさんでしまいます。歌詞の中でぱぱとままは仲良しというフレーズがあるんですがそのとおり両親はとっても仲がよく理想の夫婦です。オムレツ食べたくなりました笑
女性/30代
タイトルルージュの伝言
アーティスト松任谷由実
もともと母の好きな曲が魔女の宅配便で再ブレイクしたときに私も覚えて二人でよくうたってました
女性/50代
タイトル時代
アーティスト中島みゆき
時代の曲を聴くと楽しかったことや苦しかったこと、なんでも乗り越えて前へ前へと進んでいける応援歌です。そして自分が成長してきた思い出の曲でもあります。
男性/20代
タイトル遠く遠く
アーティスト槇原敬之
大学生活のために実家から離れ一人暮らしをしています。一人暮らしをしているとふとしたとき急に寂しくなり実家にいたときの家族の団らんの日々を思い出したりします。
年に数回しか帰省することしかできなくなり家族との過ごす時間が少なくなっているが帰った時にはめいいっぱいの笑顔で家族に接するようにしています。
今、一人暮らしをしている自分にあてはめられるこの歌を選びました。
女性/50代
タイトル千の風になって
アーティスト秋川雅史
妹の別れから25年たって、私たち母子は秋川雅史さんの「千の風になって」と出会いました。千の風の詩(うた)が、秋川さんの天にも貫く声に乗って、私たちの心にダイレクトに届きました。そして私たちの悲しみや淋しさを吹き飛ばし、心の隅々まで美しい風景や煌めきで満たしてくれました。心の中の悲しい想いでは、妹と共に心から飛び立って、広大な空を飛びまわっています。今生きている私たちと共に千の風になって。
女性/50代
タイトル未来へ
アーティストキロロ
とても温かいです。母に捧げます。
女性/20代
タイトル赤いスイートピー
アーティスト松田聖子
小さい時いつも歌っていたから。
女性/30代
タイトル未来へ
アーティストkiroro
三人姉弟の中で私だけが病気になり、その病気がひどかった頃、毎日が母との口論の日々。傷つけ合うこともままある中で、物理的に母と距離を置き 生活を始めた頃 この詩を聴き…色々な事を思い出し、又気付かされました。母はいつも私達の未来を案じ、母なりの愛情を平等に与えていたこと。その想いの深さは、簡単には測れないこと。この詩は、そんな大切なことに気付かせてくれた、思い出深い詩です。
女性/30代
タイトルI LOVE YOU
アーティスト徳永 英明
母の影響で私も好きになったアーティストさんが、徳永英明さん。
特にこの曲『I LOVE YOU』は二人のお気に入りで、今でも時々、一緒に車の中で熱唱しています♪
女性/50代
タイトル愛の中へ
アーティストオフコース
元々私がオフコースのファンでよく聴いていましたが、小田さんの透明なハイトーンボイスに、いつしか母も夢中になっていました。
その母は昨年5月下旬に亡くなりましたが、このキャンペーンによってそのことを思い出しました。
もう母の日を祝うことはできませんが、その日には、久々にオフコースをゆっくり聴こうと思います。
女性/40代
タイトルゆうほう
アーティストピンク・レディー
母と二人で振り付けしながら
歌ってました。
懐かしいです。
女性/40代
タイトル森のくまさん
アーティスト童謡
母が病気で車椅子にのせて移動するとき、いつも一緒に歌った。病気になってからはくまさんみたいに可愛い母だった。
女性/20代
タイトルNOTE
アーティストコブクロ
私の結婚式で使った曲。結婚式をする時には絶対使う!と言い続けて、やっと使えた曲。結婚式が無事終わって、久しぶりにお母さんと会ったら、お母さんはこの曲を空で歌えるようになっていました。「お風呂で毎日歌って覚えてん!」と。心がほんのり暖かくなって、すごく嬉しかったです。お父さんも好きなコブクロさん。今では3人でライブに行くのが絶対です。
女性/40代
タイトル秋桜
アーティスト山口百恵
結婚を控えた女性の気持ちがよく表されていて、泣きそうになります。
女性/50代
タイトル大きな栗の木の下で
アーティストイギリス民謡
母の膝に座りながら、後ろから母が私の手を持って大きく手振りをしながら歌い、最高の大きな栗の木の下でというところで、ギュッと抱きしめてくれました。嬉しかった。
女性/50代
タイトル世界にひとつだけの花
アーティストSMAP
母が、口ずさんでいた。
男性/40代
タイトル秋桜
アーティスト山口百恵
子どもの頃、母がこの歌を歌いながら料理をしてる姿を今でも覚えています!!
そんな母の後ろ姿を見るのが好きでした!今でも この曲を聞くと ごはんを作ってくれている母の後ろ姿を思い出します。
女性/40代
タイトル乾杯
アーティスト長渕剛
高校受験に受かった時、母が泣きながら歌ってくれました。試験を受ける前は、無関心を装っていたので驚きましたけど、私を気づかってくれて
いたんだなぁ~と胸がジーンとした思い出があります。
女性/50代
タイトル僕の好きな先生
アーティストRCサクセション
今から40年程前、まだ学生だった私が帰宅すると、母が内職の工業ミシンの大きな音を止めて(お帰り)と声をかけてくれました。仕事は忙しいようでミシンは、いつも大きな音をしていました。ただラジオからこの曲がながれはじめるとミシンの音が止まるのです。なぜこの曲が好きだったのか、母が亡くなった今知ることはできませんが、この曲を聴くたびに、私も仕事の手を止めて母の思いが少しでも分かればと思います。
女性/30代
タイトルつぐない
アーティストテレサテン
母がカラオケ教室に通っていて、
私が中学、高校生の頃は決まって
週に一度、カラオケつきのレストランへ
行って母の十八番である『つぐない』を
聴いていました。
おかげで記憶にすりこまれ
社会人となった今、会社の二次会で歌うと上司がもりあがってくれます!
お母さんありがとう( ^ω^ )
女性/20代
タイトル恋人がサンタクロース
アーティスト松任谷由実
高校一年生のクリスマス。私は恋人とのデートに夢中になり、家族との小さなパーティをすっぽかしてしまいました。
怒られる覚悟で帰宅してみると、小さく微笑んだ母が一言。
「恋人がサンタクロースになったのね」
そのときの恋人と結婚した今も、街で流れるメロディーを耳にする度、母の優しさを思い出します。

男性/60代~
タイトル七つの子
アーティスト母です
母の背中で聞きました。何故かいつも夕方だったような、、。
女性/20代
タイトルオリジナルスマイル
アーティストSMAP
受験の時行き帰りの車で一緒に聞いて一緒に頑張りました。
女性/30代
タイトル長い間
アーティストキロロ
去年の母の日に家族皆でカラオケに行って唄いました!
母がこの曲大好きなのでとても喜んでいました!
女性/~10代
タイトル三日月
アーティスト絢香
母と初めてカラオケに行ったとき、歌ってるのを聞いて好きになった曲。

それからはいつも二人でうたってる。
男性/20代
タイトル負けないで
アーティストZARD
いつも母の運転する車で流れており、母がこの曲を聴くと元気になっていたから。
女性/20代
タイトルベストフレンド
アーティストkiroro
小学校卒業の保護者とのイベントで卒業生の親たちがサプライズでこの曲を歌ってくれました。
ほんとうにビックリして思わず涙ぐんだのを覚えています。
学校の友達もそうですが、母親も私のベストフレンドです。これからも母と仲良く、もっと母を大切にしていきたいと思います。
女性/30代
タイトルルージュの伝言
アーティスト松任谷由実
松任谷由実さんの歌を母がよく聞いていたのを今でも思い出します。当時は、カセットで何気なく聞いてたんですが、今ユーミンの曲を聞くと自分が子供の頃に戻った感じになります。もちろん今でも親子でユーミンは大好きです。歌っていいですね。
女性/30代
タイトルカゲボウシ
アーティストポルノグラフィティ
私の結婚式の時に使った曲です。私の好きなアーティストから母が選んでくれました。
女性/30代
タイトルI for You
アーティスト河村 隆一
キャンディーズや西條秀樹などの世代の曲しかあまり興味のなかった母。
でも、私が20代前半の頃、ドラマの主題歌にもなったこの曲を私が好きで聴いていて、母も一緒になって聴いていたら
「この歌いいね!CDあったら買ってくれない?」
とはじめて私に頼んだのです。
約20年一緒に暮らしてきてCDの購入を依頼され、しかも若いアーティストを選んだ母にびっくりするとともに嬉しくなった事を思い出します。
男性/20代
タイトルあなたに逢いたくて
アーティスト松田聖子
私が産まれてすぐに両親が離婚し、母とは離れて生活してきました。
会えるのも年に1回ほど。
ある時、母とカラオケに行く機会があり、その時に母がこの歌を歌っていました。
離れていて寂しく逢いたいと思うのは親もそうだよなぁ。とシミジミ思った瞬間でした。
女性/20代
タイトル言葉にできない
アーティスト小田和正
私の結婚式ではこれを使うと今でもずっといっています。

まだお嫁にいけてないですが(笑)
男性/30代
タイトル負けないで
アーティストZARD
演歌くらいしか普段聞かない母ですが、
珍しいことにジェイポップのこのうたは、すきと口ずさみ歌っていたのが印象的でした。
細いエピソードで申し訳ないですが、自分にしたらよき思い出です。よろしくお願いします。
女性/30代
タイトル卒業写真
アーティスト松任谷由実
母がユーミンが好きで、物心つく頃から聴いていた気がする。田舎だったので、どこに行くにも車で移動していたが、私が小さい頃から高校卒業まで、ユーミンの色々なアルバムが車で流れていて、特にこの曲が母も私も、好きだったから。
女性/40代
タイトルおかあさんは春
アーティスト由紀さおり&安田祥子
毎年のように母と童謡コンサートに行ってました。この歌のとき、母と顔を見合わせて笑顔。幸せだなと感じる瞬間です。いつまでも元気でかわいくて太陽のような母、大切にしなくてはとこの曲を聴くたびに思っています。
男性/20代
タイトル未来へ
アーティストKiroro
内気な母がカラオケでこの曲を歌ってて、まるで別人のように変わっていてビックリしたのを覚えています。
男性/20代
タイトル棚からぼたもち
アーティスト舞祭組
自分の心情が歌詞に表れていました。
男性/30代
タイトルいい日旅立ち
アーティスト山口百恵
小さなころ、カセットでずっとかけていました。母との共有ソングです。
女性/30代
タイトル未来へ
アーティストKiroro
結婚式の時に母への感謝の手紙を読むと泣くだろうからと言ってKiroroの未来へを歌うことにしました。歌い出したら涙がとまらず結局歌えませんでした。それなら手紙にしておけばよかった。と思いました。まるでBGMのようでした。その時も優しい笑顔だった母が忘れられません
女性/~10代
タイトル未来へ
アーティストKiroro
母の大好きな曲で、わたしが物心つくころからずっと聴いていた曲です。小さい頃は歌詞の意味など知らずにずっと口ずさんでいましたが、最近またこの曲を聴いて心にじんわりと響きました。わたしも母も大好きな1曲です。
男性/30代
タイトルありがとう
アーティストいきものがかり
今の歳まで育てきてくれたことに感謝しています。
女性/30代
タイトル浪花姉妹
アーティスト島倉千代子 石川さゆり
母と私は、とっても仲良しです。周囲からは、親子ではなく姉妹の様と言われます。カラオケに行くと必ずこの歌を最後に歌います。
女性/20代
タイトルsecret base ~君がくれたもの~
アーティストzone
幼稚園の頃、お母さんと一緒に見ていた昼ドラで流れていた曲で、未だにカラオケで一緒に歌っています
女性/30代
タイトル負けないで
アーティストZARD
私が失恋して落ち込んでる時、母には何も言ってないのに、母がいきなり大きい声でZARDの負けないでを歌いだしました。びっくりしたんですが笑えてなごめました。不思議なくらいすっとした気分になれました。母のリズム感のない下手な歌のおかげです。感謝してます
男性/50代
タイトルレットイットビー
アーティストビートルズ
洋楽などめってに効かない母がこの曲だけはいいねと言ってくれました。
男性/30代
タイトル
アーティストコブクロ
車で買い物に行くときによく聞いた。
この曲を聞くと当時を思い出す。
女性/20代
タイトルどんなときも
アーティスト槇原敬之
小学校高学年のころ、
その頃の私は漫画やアニメが大好きで、でも周りの友達はそんなの子供っぽいオタクっぽいと言われ、なかなか自分の趣味をさらけ出すことができませんでした。
家族である母にも反抗期が重なり言えずにいました。
しかし、やはり母親。いつの日か、好きなものは好きでいいんだよと言ってくれました。その時にラジオから流れてきた曲がこの曲。今でも大好きな曲です。
男性/50代
タイトル川の流れのように
アーティスト美空ひばり
母は、膝を悪くしてから外出の機会が減りました。唯一の楽しみは、カラオケです。大好きな演歌をたくさん歌い、息子の私とも一緒に歌います。母が最後に歌うのが、「川の流れのように」です。この曲を聴くと、いつまでも元気でいてほしいと強く思います。
女性/60代~
タイトルこの世の花
アーティスト島倉千代子
今は亡き母は、私が幼少のころ、お千代さんのこの世の花を歌ってくれました。耳元に懐かしく残っています。島倉さんも亡くなられ、年輩のかたがだんだん少なくなって、寂しい限りです。
女性/30代
タイトルtraveling
アーティスト宇多田ヒカル
母と北海道旅行に行った際に、飛行機の中で何度も聞いた曲です。旅行中もその後も、気が付けば2人で口ずさんでいました。旅のワクワクした気持ちと曲が重なって想い出に残っています。
女性/50代
タイトル夕焼け小焼けの赤とんぼ
アーティスト不明
母のパートから自宅に戻る途中で母と二人で歌った思い出の歌です
女性/20代
タイトル長い間
アーティストKiroro
昔泣くとよく母が歌ってくれました。
女性/30代
タイトル涙そうそう
アーティスト夏川りみ
母が珍しく、「この曲を歌えるように練習したい」と言うのでCDを買って渡したら喜んで練習していたのを思い出します。
母の優しい歌声とこの曲がよく合っていて、なかなかいい選曲でした。
男性/30代
タイトル贈る言葉
アーティスト海援隊
上京するときに聴いた。今でも涙が出てきます
男性/30代
タイトルLETTER~おかんに贈る音の手紙~
アーティストG2
3年前の結婚式で私が母への感謝の気持ちを込めて歌った思い出の深い曲です。歌詞が何とも言えないくらいの感動的なものなので選びました。産まれてから本当に様々な面で迷惑をかけてきた母へのありがとうの気持ちを込めて贈りました。現在自分の娘ができて育児する中で「こんなに子どもを育てることがしんどいことなんだ」と痛感しています。お母さん!本間ありがとな!
女性/40代
タイトルきよしのズンドコ節
アーティスト氷川きよし
亡くなった母は、氷川きよしさんの
大ファンで一度だけいっしょにコンサートへ行ったことがあります。
テレビを見ながら、歌詞を紙に書いてよく練習していたのを思い出します。
男性/60代~
タイトル喜びも悲しみも幾年月
アーティスト若山彰
もう57年ぐらい前になりますか。母の大好きな曲で、映画にも連れてってもらつた覚えがあります。ラジオでこの曲が流れるとよく一緒に歌いました。
男性/~10代
タイトル桜ノ雨
アーティスト absorb
この曲はお母さんの車でずっと流れていた卒業ソングです。
もともとお母さんと僕の好きな曲は全部世代が離れてて音楽では話がありませんでした。けれど僕が桜ノ雨を借りてお母さんの車に録音して聴いていたら、自然にお母さんが覚えました。
そこから僕の好きな曲はお母さんが知るようになり、お母さんきま好きな曲は僕が知るようなったのです。この曲のおかげでお母さんとの話が一つ増えました!
女性/40代
タイトルカラスの歌
アーティスト不明
夕方暗くなるまで遊びから帰って来なかった私を母が公園へ捜しにきて手を繋いで家まで帰る途中よく歌いながら帰りました。
女性/20代
タイトルめざせポケモンマスター
アーティスト松本梨香
私が幼い頃、母と一緒に買い物しながら歌っていました!
歌詞のなかなかなかなかなかなかなかなかが言いづらくて二人で笑っていました。
女性/50代
タイトル夕焼けこやけ
アーティスト童謡
母は私の幼いときから仕事をしていて家で1人で居ることが多く、夕方に近くの店へ一緒に買い物へ行った時に、この歌を歌ってくれた。6時になると鐘が鳴り「歌と同じだね」と言って手を繋いで帰れるのが嬉しかった。今では赤トンボも見なくなり、お寺の鐘も鳴らなくなり少し寂しいですが小学校の下校の時にこの曲が流れています。
女性/40代
タイトルおよげたいやきくん
アーティスト子門 真人
私は小さい頃、てんとう虫の形をした赤くて黒いドットのはいったかわいいレコードプレーヤーを持っていました。それで宿舎に住んでいたのでみんなで歌うためにも母と一緒に「およげたいやきくん」をよく口ずさんでいました。B面の「いっぽんでもニンジン」も勝手に歌詞をかえたりして歌っていました。いい思い出です。

女性/~10代
タイトル
アーティストEXILE
母とカラオケ行った時に一緒にデュエットした曲です。
母と唯一、一緒に歌える曲でお互いキーも違うし原曲のキーが女性の私達には低く歌いにくい曲でもありますがお互い少し狂っても歌詞の温かさを共に感じることのできる曲です。 何気に音を外す母が可愛く感じる曲で距離も縮まり思い出の曲です。
女性/20代
タイトルグリーングリーン
アーティストバリーマクガイア
小学校の音楽の教科書に載っていたグリーングリーン。リズム感が大好きで小さい頃意味も分からず歌っていたけれど大人になった今、親がいる喜び、毎日大切に一生懸命生きるという歌詞の意味が分かり自分が親になった今歌を通じ子供に伝えたいと思いました
女性/~10代
タイトルチェリー
アーティストスピッツ
カラオケにいっても全然歌わない母が唯一好んで歌う曲です。
女性/20代
タイトルふるさと
アーティストモーニング娘
小学の頃、母と喧嘩し大嫌いで消えたらいいのに…なんて思っていました。
その頃はまっていたモーニング娘のふるさと、この曲を聞いて泣きました。
今でも喧嘩することあるけど、母のことが大好きです。
女性/40代
タイトル川の流れのように
アーティスト美空ひばり
80歳の母が大好きな歌手。自分の子供の頃からの人生をシンクロさせていつも聞いているようです。父が亡くなった時、人生で苦しい時、楽しい時をいつもこの歌で乗り越えてきた母。この曲をきくと母のくちずさむ歌を思い出します。
女性/30代
タイトル未来へ
アーティストkiroro
小さい頃、お母さんとよく歌っていました。数年経って大学に進学するため一人暮らしを始めたときこの歌をたまたま聞きました。歌詞を見ていたら、いろいろなことが思い出され涙が出ていました。それからまた数年が経ち、結婚式でのお母さんとの退場曲を未来へにしました。この歌はお母さんから私への応援ソングです。
男性/60代~
タイトル金剛石
アーティスト歌詞: 昭憲皇太后     作曲: 奥 好義
明治生まれの母は、『金剛石』が愛唱歌だった。が、私は古い歌詞に馴染めなかった。でも、母が百歳の誕生日にこの歌を唄った時、深く感動した。母は少女時代に長く女中奉公に出、結婚し八人の子を生み、戦時中は子供を守った。戦後は旅館を切り盛りし、常に家族中心だった。教育熱心で、骨身惜しまず働き、友人を大切にした母は、この歌のメッセージを心に生きたと言える。今では私も歌の真意を理解出来る歳になった。
男性/20代
タイトルありがとう
アーティスト大橋卓弥
小さい頃から、女手一人で育ててくれた母に照れ臭く感謝を伝えることなど出来なかったが、この歌と出会い、結婚式で、この歌の力を借り、結婚式で母のために歌った。自分の言葉ではないが母に感謝を伝えることが出来たと感じました。
女性/50代
タイトル上を向いて歩こう
アーティスト坂本九
もともと母が九ちゃんを歌が好きで、私の小さい頃から、家で歌が流れていました。私のいつのまにか、口ずさんでいました。歌詞がいいですね。もう7年も前に他界しまたが、今でも聞くと母がいるように感じます。
女性/20代
タイトルやさしさに包まれたなら
アーティスト荒井由実
母と2人で行ったカラオケで、最後に歌ってくれました。
女性/60代~
タイトルないしょのはなしはあのねのね
アーティスト不明
最初に母に教えてもらって、いつも一緒に歌っていたそうです。
うる覚えながら私も、その時の情景を覚えています。
女性/20代
タイトル未来へ
アーティストKiroro
地元を離れ、なかなかお母さんと会う機会がなかった頃、カラオケでよく歌ってました。私には思いで深い曲なので結婚式でもBGMとして流しました。
男性/40代
タイトル新造人間キャシャーンのテーマ(だったかな)
アーティストよく知りません。
実はアニメを見たことがなくて、でも、絵本を買ってもらって、それに付いていたレコードをかけて歌っていたのを思い出します。僕は1歳半で顔面火傷を負って、周りに対して非常に警戒心が高かったのですが、これを歌うときには警戒が薄れていたのだと思います。
男性/50代
タイトルぞうさん
アーティスト童謡歌手
動物園で歌ってもらった記憶があります。
女性/30代
タイトル笑顔の行方
アーティストドリームス・カム・トゥルー
小学生の時、普段、同じ音楽を聴くことなんてないと思っていた母が、仕事先からカセットテープを持って帰って来て「これ聴いて!」と言ってラジカセで流してくれました。それがドリカムの「笑顔の行方」。当時よくラジオで流れていてすっかりはまった母、若い仕事仲間にカセットを借りて来てくれ私に聴かせてくれたのです。初めて聴くなり大好きになってしまいました!これが初めて母と共通の音楽が好きになった記憶です。
女性/50代
タイトル川の流れのように
アーティスト美空ひばり
同じ年代の母は、美空ひばりが大好きでした。この曲はカラオケで母が歌える唯一の曲です。
女性/30代
タイトル未来へ
アーティストkiroro
義姉(兄のお嫁さん)が、母の日に私の母をお祝いしてくれた時に、カラオケにて歌ってくれました。
その最中、突然義姉が号泣。
自分の母のように想ってくれているのだなと感じて、胸がジンとしました。
女性/50代
タイトルコスモス
アーティスト山口百恵
30年前に遠方に嫁ぐときしみじみ聞きました。悲しい旅立ちでした。
男性/60代~
タイトルみかんの花咲く丘
アーティスト川田正子
もう50年以上昔、子供の頃母に歌ってもらってから好きになった曲です。田舎の栃木には海もみかんも無いし遠くまで見渡せる丘もないので、よけいに海の見える丘や大好きなみかんのある風景に憧れを感じました。大人になって海も丘もすぐに行ける距離になっても、お母さんとの想い出を歌ったこの歌を聞くとそのときの情景や現実にはない憧れていた風景を思い出します。
女性/30代
タイトルいい日旅立ち
アーティスト山口百恵さん
母の18番でもあり、私の18番でもあるこの曲。カラオケでは、一人ずつ順番に歌っていました。幼い頃から歌ってきましたが、大人になるにつれ、その歌詞の意味がわかるようになり、母が恋しくなるといつも口ずさむ曲です。母と娘の形は変わってきましたが、この曲は変わらずに私たち親子の宝物です。
男性/30代
タイトル与作
アーティスト北島三郎
いつも保育園の帰りに唄っていた懐かしくも楽しい思い出です
女性/30代
タイトルつぐない
アーティストテレサテン
母が好きでよくテープで聴いていたのを私も聴いて歌を覚えました。
女性/40代
タイトルノクターン夜想曲第二番
アーティストショパン
ピアノを習っていたころに、ショパンの夜想曲第二番のこの曲が大好きになり
私の青春時代にこの曲をよく弾いていました。
母もこの曲が大好きで、母の青春時代によくかよったカフェでこの曲がよく流れていたらしく、この曲を聴くと青春時代を思い出すといいます。同じ青春時代に好きになった極上の曲なんです(*^^*)
女性/40代
タイトルコスモス
アーティスト山口百恵さん
80歳を超えた母の背中を見たときに、あんなに大きく感じた母の背中が小さく見えこの曲が浮かんできました。ありがとうって言葉はなかなか伝えにくいですが、曲をプレゼントすることで気持ちが伝わる、っていいですね。お食事券当てて母の好きなお寿司を食べに連れて行ってあげたいです。
女性/20代
タイトル母賛歌
アーティストMetis
この曲を初めて聞いた時、泣きました。
女手一つで育ててくれた母親に感謝の気持ちを伝えたくて
母の日にカラオケに誘い歌うと、母も泣いてくれました。
反抗期の時、喧嘩ばかりで大嫌いだった母親。
今では結婚して私も母親になり育児の大変さを痛感しています。
この場を借りて伝えたいです。
お母さん大好きです。ありがとう。これからもよろしくね。
男性/60代~
タイトル北上夜曲
アーティスト不明
初恋でふられ時にこの歌で母が慰めてくれた
男性/30代
タイトルYesterday Once More
アーティストThe Carpenters
私が母のお腹にいた時に胎教として聞いていたのがカーペンターズだったそうです。この曲を聴くと気持ちが落ち着くのはそのせいでしょうか。
男性/60代~
タイトルおふくろさん
アーティスト森 進一
父が亡くなり、おふくろが一人で八百屋を継ぎ、私を大学まで行かせてくれました。
女性/20代
タイトル世界中の誰よりきっと
アーティスト中山美穂
小さなころ、いつも忙しい母でしたが、出来るだけ私を幼稚園に送り迎えしてくれました。
そんなときよく車でながれていたのがこの曲。
きけば懐かしいなあ、とその当時を思い出す一曲です。
男性/50代
タイトル七つの子
アーティスト不明
父を早くに亡くし、父の墓参りの帰り道、夕空を眺めながら母と手を繋いで
この歌を二人で歌いながら歩きました。寂しいメロデイと歌詞が、幼かった私には、父を恋しく思う気持ちと重なり、心細い想いを募らせました。きっと母も同じ気持ちで歌っていたのだと思います。明るい歌が歌えない時期でした。
男性/60代~
タイトル七つの子
アーティスト野口雨情
5才くらいの頃だったと思います。近所の年長の子供たちとカンけりやかくれんぼなどして神社で遊んでいる内に、はぐれてしまい、日も沈みかけ、心細くなってきた時に 遠くから 自分の名前を呼ぶ母親の声を聞き、すっとんで行ったものでした。家への帰り道、母親におんぶされながら この歌を母親が口ずさんでくれました。母の大きさと温かさを思い出させる歌の一つです。定かではありませんが、本当にカラスも鳴いていたような?
男性/20代
タイトル負けないで
アーティストZARD
高校受験の日、試験会場までの車の中で口ずさんでいたのを今でも思い出します。
女性/30代
タイトル川の流れのように
アーティスト美空ひばり
私がまだ3歳くらいの頃、テレビで見て覚えたてで母に歌えるのを自慢し、歌が上手だと褒めてもらっていました。ある日、近所の市場でこの曲がかかっており、母に褒めてもらおうと、市場の真ん中で大熱唱、買い物中の母を困らせた記憶があります。それ以来、この話は家族間でよく笑い話にされます。お母さん、困らせてごめんなさい。
女性/20代
タイトルEXILE
アーティスト運命の人
自分が小さい時にお母さんがEXILE好きで初めてのコンサートに連れて行ってもらった。片親で忙しく働きっぱなしなのに連れて行ってくれて嬉しかった。今でも思い出です。
女性/40代
タイトル好きになった人
アーティスト都はるみ
専業主婦だった母は夕方になると夕食をつくりながらラジオを必ず聴いてました。
早い結婚で私が小学定年だったので母が27歳?くらい。
聞いていた曲が・・・なんと演歌ばっかりでした!!
特に都はるみサン。
おかげで私も演歌ばっかり聴いています。
コンサートは小林幸子サン・北島三郎サンですけどね。
男性/50代
タイトルあめふり
アーティスト音羽ゆりかご会
幼稚園の頃、雨が降るとこの歌が頭に浮かび母の迎えが待ちどうしかった記憶がある。実際に迎えに来てくれたのは祖母でしたが・・・f(^_^;
女性/30代
タイトルおうまのおやこ
アーティスト童話 
母の足の上に自分の足をのせ、よく家の中をこの歌を歌いながら
散歩していました。単純な動きなのですが、いつも仕事で家にいない母にくっつける嬉しさとこの歌がなかよし親子の歌なのでとても好きで、何度も部屋の中をぐるぐるしてもらっていました。自分も子供ができたら同じようにしてあげたいと思う。思い出の歌です。
女性/60代~
タイトル涙の連絡船
アーティスト都はるみ
2年前に97歳で黄泉の国へと旅立だった母ちゃんと台所でよく歌っていたこの歌都はるみさんの涙の連絡船…
今は母ちゃんと歌う事は出来ないけれど
お墓まいりしたときには必ず
私が歌ってあげます
千の風に乗って母ちゃんが帰って来るような気がして その時にはまた一緒に歌おう(^_-)-☆
女性/20代
タイトルTOMORROW
アーティスト岡本真夜さん
小学生のとき初めて買ってもらったCDでした。家ではもちろん、習い事にいく車の中でいつも聴いていました。今でもカラオケに行くと、一緒に歌います!
女性/30代
タイトル秋桜
アーティスト山口百恵
この曲を聴くと自分が嫁いで家を出ていった日のことを思い出します。
旅立ちの日。バス停まで見送りに来てくれた母に最後に『ありがとう』と伝えたかったのですが、その言葉を言うと涙がでそうだったので『またね』って笑顔でさよならしましたが、1人バスの中で泣きました。
あれから3年。未だに母に『ありがとう』と口に出して伝えられません。
でも毎日母への感謝の気持ちを持ちながら生きてます。私なりに。
男性/30代
タイトル心を込めて花束を
アーティストサザンオールスターズ
結婚式の時のバックミュージックです。手紙は泣いて上手く読めなかったけど、曲に込めた思い伝わったとおもいます。
女性/20代
タイトルアンマー
アーティストRSP
高校卒業後、地元を離れて一人暮らし。実家を離れて初めて知った、お母さんが今まで私にしてくれていた様々なことのありがたみを実感。そこで、お母さんの誕生日にこのCDを購入し、プレゼントしました。お母さんは、通勤の途中にこの曲を聞きながら涙が止まらなかったそう。私がありがとうと伝えたかったのに、逆にお母さんから"ありがとう"をもらいました。とても良い曲です。
女性/30代
タイトルなごり雪
アーティストイルカ
友達との旅行に行く母。いつもは行かないカラオケを友達とする為に、一緒に練習をしにカラオケボックスへ。まずは、曲の入れ方から…最初は聞いた事ある曲だったのが、今では私の十八番までになりました。
女性/30代
タイトル涙そうそう
アーティスト夏川りみ
結婚式の両親への挨拶の時に涙そうそうをBGMで流しましたぁ。私が両親に宛てた手紙を読んでいると隣からグスグス泣く声が?!隣で主人が大泣きしていましたぁ^_^;私も涙を堪えながらふと母の方を見ると「2人で頑張るんだよ」と今にも聞けえて来そうな感じで母が温かく私たちにエールを送るようにうなずいていましたぁ(>_<)その母の顔が今でも忘れられません(>_<)
女性/20代
タイトル未来へ
アーティストkiroro
思春期になった中学生ぐらいの時から高校生ぐらいまで、お互い口を開けばすぐ喧嘩口調になってしまい母とほとんど話ができなくなっていました。数年前久しぶりにkirroroの未来へを聴いた時、当時の自分と母との関係の記憶が一気によみがえりました。そしてなぜだか優しい気持ちになれました。10年以上経った今、この曲が私の中で一番大切な思い出の曲です。
女性/40代
タイトル川の流れのように
アーティスト美空ひばり
亡き母の大好きな曲でした。
病から復活した美空ひばりさんが、この歌を歌うのを母とテレビで観たのを思い出します。
女性/40代
タイトル母さんの歌
アーティスト童謡
この歌を出だし聞くだけでいまだに泣けます。小学校の音楽で最初に習いましたが、母が音痴なりに歌ってくれてさらに好きになりました。
女性/50代
タイトルなごり雪
アーティストイルカ
親子共通の好きな歌でカラオケで一緒に歌います。
女性/40代
タイトルいい日旅立ち
アーティスト山口百恵
二十歳の時に亡くした母がよく口ずさんでました。夕方縁側で洗濯物をたたみながらよく歌ってました。
男性/40代
タイトルきよしのズンドコ節
アーティスト氷川 きよし
母が好きでよく聞いていました。とにかくきよし君のことが大好きで、毎日CDをかけて聞いていました。入院中も必ず、病室で聞いていた。元気な時に近所の婦人会の集まりでこの曲をバックに踊りを踊ったことがいい思い出になっていて、難病のALSで体が不自由になっても、この曲にあわせて楽しそうな笑顔を見せてくれたのが思い出されます。
男性/20代
タイトルEverysing
アーティストMISIA
母と一緒に毎週見ていたドラマの主題歌
男性/30代
タイトルどんなときも
アーティスト槇原さん
合唱で歌っているのを見たから
女性/30代
タイトルtop of the world
アーティストカーペンターズ
英語を勉強し始めた時に、洋楽の歌でこんなにいい歌があると母に教えてもらいました。
すごく心が明るくなる歌で、英語も洋楽もとっても好きになった思い出の曲です。
今でもこの曲をきくとあの頃に戻れとても懐かしいです。
女性/20代
タイトル未来へ
アーティストKiroro
お母さんも私も歌いやすい曲!歌詞がしんみり、そして元気をくれる大好きな曲です。
男性/60代~
タイトルりんごのうた
アーティスト並木路子
私の母が子守り歌がわりに
随分大きくなるまで歌ってくれました。
透き通った綺麗な声でした。
今も覚えています。
女性/40代
タイトルミカンの花咲く丘
アーティスト川田正子
私の母の実家は長崎にあります。幼い頃夏休みには必ず長崎の祖父の家に1ヶ月ほど遊びに行っていました。祖父はミカンを作っており、毎日、母と一緒にミカン畑に行ったものです。ミカン畑から眺める海はどこまでも澄んでいて空と区別がつきません。母は幼い頃の思い出を語り、私はそれを聞くのが大好きでした。ミカン畑での作業が終るとこの歌を歌いながら手を繋ぎ山道を下ったものです。とても懐かしい母との思い出の曲です。
女性/40代
タイトル森のくまさん
アーティスト不明
小さい頃いつも母と森のくまさんを輪唱で歌った思い出があります。
とても懐かしいです。
女性/30代
タイトルthe rose
アーティストベット ミドラー
10年前、結婚式で私から母へのお手紙を
読んだ時のバッグミュージックです。
この曲を聞くたび、その時を思い出し
うるっときます。
女性/50代
タイトル秋桜
アーティスト山口百恵
親しい友人達で開いてくれた結婚の御祝い会で親友が歌ってくれました。この歌を聞くと母を想いだします
女性/40代
タイトルぞうさん
アーティストどうよう
一緒に歌って、腕をお鼻の代わりに伸ばして揺らして、ぞうさんおやこになって、たのしんだ。
男性/40代
タイトルダンス・ウィズ・ミー
アーティストオーランズ
自分の結婚式で、初めて母の前で歌ったらとても喜んでくれました。
女性/~10代
タイトル誕生日には真っ白な百合を
アーティスト福山雅治
お母さんの誕生日になかなか「ありがとう」の気持ちを伝えられなかった時にカラオケに行ってこの「誕生日には真っ白な百合を」を歌ったらお母さんが泣いてくれました。
女性/30代
タイトルLOVE LOVE LOVE
アーティストDREAMS COME TRUE
高校生の時、毎週一緒に見ていたドラマの主題歌。少しずつ想い出に~の部分が上手く歌えない母に、何度も教えていました。今は遠くに嫁ぎましたが、この曲を聴くと母を思い出します。
女性/50代
タイトル靴が鳴る
アーティスト
私が幼い頃、天気の良い春の日に母が作ってくれたおにぎりを持って、自宅近くの山へヨモギの葉を摘みに行った時、母と手をつないで、この歌を唄いながら山を登りました。春になると今でも想い出される歌です。
男性/~10代
タイトル世界に一つだけの花
アーティストSMAP
子供のころによく聴かせてくれた曲。僕が泣いたらよく聴かせてあやしていたらしい(覚えていない)そんな世界に一つだけの花は今でもよく聴いている。
男性/40代
タイトル愛の讃歌
アーティスト越路吹雪さん他
もう20年以上前ですが兄の結婚披露宴で母が歌いました。その時に初めて母の歌声を聴いたと思うのですが、意外と声量があってびっくりしました。
女性/50代
タイトル秋桜
アーティスト山口 百恵
小学校から高校生までずっと百恵さんのファンでした。母一人子一人だったので、こんな別れがくるのかなぁ~とかってに自分と重ねあわせていました。母は、特別な人です。
女性/40代
タイトル秋桜
アーティスト山口百恵
やはりテッパンですが~~結婚式が
決まってからの母からのメッセージ、感謝がいっぱいで、いつまでも心にあります。
女性/50代
タイトル秋桜
アーティスト山口 ももえ
お嫁に行く日にお母さんがこの曲のカセットテープをくれて、聞き過ぎてテープが切れました&#128557;
女性/20代
タイトルこんにちは赤ちゃん
アーティスト梓みちよ
この曲は、幼い頃枕元で母がよく歌ってくれた懐かしい歌です。
女性/50代
タイトル秋桜
アーティスト山口百恵
昔から衝突ばかり、一人暮らしを始めてからも互いに連絡することなく、結婚を電話で告げても「そうなの?」とだけ。母とはずっとドライな関係でした。あとで父から「結婚式が近づいて、母さんはよく昔のアルバムを見ていたよ」と聞いたときはとても意外でした。何でも話し合う仲良し親子とは違いますが、どこかで静かに想っている。私たち母子はそれで良いんだと。この曲を聴くと、縁側の年老いた母を想い優しい気持ちになります。
女性/50代
タイトル江戸の子守唄
アーティスト伝承曲
物心のついた頃から、何時も寝るときに歌って寝かしつけてくれた歌です。歌に合わせて御布団の上から拍子をとるように優しくたたいてくれた感触を、今でも覚えています。思いやりのこもった歌声と温かさで、そうしてくれると安心して眠ることが出来ました。寝たきりになった母に今度は私が歌っていましたが、先月亡くなりました。大勢の人が知っている曲ですが、私にとっては母との特別な想い出の歌なのです
女性/60代~
タイトルいい日旅立ち
アーティスト山口百恵
母と箱根に二人旅したときにこの歌が流れてました。
去年、その母も亡くなり、たった一度の親子旅に成ってしまいました。
女性/60代~
タイトルいい日旅立ち
アーティスト山口百恵
母の大好きな曲で 何かを始める時必ずと言っていいくらい口ずさんでいた曲です。
女性/50代
タイトルいい日旅立ち
アーティスト山口 百恵
ラジオをよく聞いていた母が、この曲がかかると口ずさんでいました。
この曲を聞くと母と二人で行った北海道旅行の景色が思い出されます。
この旅行が、母との最後の旅行となってしまいましたが、元気だった母の笑顔が心に残っています。
今、娘と時々出かけるようになって、その頃と重ね合わさって感慨深いです。
女性/30代
タイトル誕生日
アーティスト熊木杏里
今度5月5日に結婚式をします。最後お手紙を読む前に流そうと。旦那さんと一緒にお母さんへありがとうのムービーを作りました。
産まれて小さかった時からの写真と大きくなってから一緒に旅行や、誕生日、ご飯に行っ時の写真を感謝の気持ちを添えて作りました。
この曲を選んだ理由は、私が妊娠中だとゆう事もあって。命は繋がって行くんだなと思いました。お母さんに感謝です。
女性/30代
タイトルめだかの兄弟
アーティストわらべ
まだ幼くていくつの頃だったか覚えていませんが、私がテレビを観てこの曲が大好きだったらしく、両親がレコードを買ってくれていつも聴いていた記憶があります。当時のラジオにリクエストしてもらい、かかった時は幼いながらにうれしくて興奮しました。
私も昨年出産し、現在八ヶ月の息子を育てていますが、母がめだかの兄弟を唄い聴かせると息子もとてもうれしそうで、私自身も昔を思い出しながら一緒に聴いています。
女性/30代
タイトル桃色吐息
アーティスト高橋真梨子
母が高橋真梨子さんが好きで学校から帰宅すると、リビングでよく聴いていました。
テンポもよく度々聴いているうちに歌詞も全て覚えました。
当時地元の祭りごとや親戚の結婚式でも高橋真梨子さんの曲を歌いました。
今までも音楽が好きなのは親譲りだと思います。
男性/40代
タイトル思い出のうた
アーティスト宮上ゆみ
今は遠く離ればなれになった母や故郷に対しての自身の心情を歌われていて共感し胸打たれます。
女性/40代
タイトル菜の花畠
アーティスト?
一番古い記憶に、母の背から見上げた月と母の歌う声がある。
母にはそれを聞けず仕舞いだったけどね。
男性/20代
タイトルオレンジ
アーティストSMAP
高校三年間送り迎えしてくれ、酸いも甘いも話した車の中。
その車ではいつもSMAPが流れていました。
女性/40代
タイトルむらさき雨情
アーティスト藤あや子
母とカラオケに行くのが楽しみで、母はこの曲で95点を出し、大興奮でした!
女性/30代
タイトルふるさと
アーティストモーニング娘。
母と一緒にテレビを見ていた時に流れ「いい曲だね、懐かしい匂いがする。」と言っていて記憶にあります。
それから数年たち自分の結婚式で両親への感謝の手紙と一緒に歌いました。歌をうけて母が「もし悩んだときは今まで通り相談してね」と言われ号泣しました。それ以来母の好きな曲になった一曲です。
女性/20代
タイトル
アーティストファンキーモンキーベイビーズ
ファンキーモンキーベイビーズが大好きで、車を運転する時は必ずCDをかける母。真っ直ぐでとても熱い歌声とメッセージの音楽が、私はちょっぴり苦手でした。でも一年後、地元を離れて都会で一人暮らしをするようになって、母や家族がいつも支えてくれていたことを痛感したのです。もっと感謝の気持ちを素直に言葉にしたい!この曲を聴くと、故郷の母への感謝の気持ちを思い返します。
男性/40代
タイトル神田川
アーティストかぐや姫
私が産まれて間もなくヒットしたこの曲、母は父不在の当所の苦労を何度もこの歌と重ねて語っていたことから、いつのまにか母と私を結ぶテーマソングのようなものになりました。
男性/20代
タイトル
アーティストコブクロ
病でいつ死ぬか分からない母の姿とこの曲の歌詞が合致し忘れられない一曲。
女性/20代
タイトル硝子の少年
アーティストKinKi Kids
初めて2人でカラオケに行って、2人で歌いました。とても楽しい思い出です。
女性/30代
タイトルチューリップのうた
アーティストアーティスト不明
私は双子です。
よく小さいときに2人に歌ってくれました。
チューリップの花は 待ち望んで みんなの期待に応えるようにと咲いてくれたんだよ。と教えてくれました。
人は個性のあるもの 花は同じ花なんてないんだよ。
私の人生は 挫折の連続でした
でも 母がいてくれ、心に歌が刻まれているから 私は頑張っていけるのかなと思っています。
天国の母 ありがとう。

女性/30代
タイトル愛は勝つ
アーティストKAN
中学生1年生の時に流行った「愛は勝つ」。シンガーソングライターという言葉をはじめて知り、「全部自分で作ってるんだ!すごい!」と大感激。母と二人でファンになりました。
それから毎回二人でコンサートに行きました。一時私の出産で、お休みしましたが、今ではまた復活!
25年間、母と二人でファン続けています!
女性/20代
タイトル勇気100%
アーティスト光GENJI
小さい頃、母とこの曲をBGMにダンスして遊んでいました。
そのお陰で、音楽って楽しいんだなあと幼心に芽生えるきっかけになったのだと思います。
何でも<楽しいこと>に出来ると教えてくれた母さん、ありがとう。
男性/60代~
タイトル故郷
アーティスト小学校唱歌
年老いた母は鹿児島の老人ホームに入所しています。年に数回、見舞いで帰郷したおり、母の部屋へこの歌を唄いながら入ります。目が見えなくなった母ですがこの歌で私がきたことが分かるのです!最近は口も利かなくなってきましたが、この時だけは途中から声をあわせて「~夢は今もめぐりて忘れがたきふるさと~♪」と一緒に唄ってくれるのです。私が来たことに気づいて目をキョロキョロさせるのです。母は今年103歳になります!
女性/40代
タイトル川の流れのように
アーティスト美空ひばり
お母さんが大ファンでひばりさんの曲はよく聞いていました。
女性/20代
タイトルパラダイス銀河
アーティスト光GENJI
当時幼稚園だった私は母がつけていた某長寿歌番組を見て、毎週のように出てくるローラースケートで踊って歌うお兄さん方を待ち望んでいた思い出があります。そのせいでジャニーズが好きになってしまいました。なんてことだ。
女性/40代
タイトルアンディ ウィリアムス
アーティストムーンリバー
母が大好きでよくかけていたレコードを当時3歳位の私も大好きになったそうでいつも母に「アンディかけて!」とおねだりしていたのだそうです。
女性/30代
タイトル未來へ
アーティストKiroro
結婚式のお色直しの退場時にかけた曲。
いつも素直にありがとうの言葉が出てこないけど、
いつも一番私の幸せを願ってくれる大好きなお母さんと手をつないで、退場しました。

お店でかかっていると、思い出し、胸が熱くなります。
男性/20代
タイトル赤いスイートピー
アーティスト松田聖子
幼稚園の頃家族でドライブに行くと、車中で母が好きなこの曲がよくかかっていました。
今でもこの曲を聴くと優しかった母のぬくもりを思い出して、ちょっぴり寂しくなります。
女性/30代
タイトルペッパー警部
アーティストピンクレディー
母の世代に大人気だったピンクレディーのライブツアーに私が親孝行のつもりでライブチケットを入手し、電車で2人でライブに行きました。
ピンクレディーの登場に大興奮で、楽しんでくれた母が今でも忘れられません。
特にこの曲は振り付けもバッチリで歌っていました(笑)
女性/20代
タイトルあいうた
アーティストGReeeeN
中学生の思春期の頃、共通でのお気に入りソングであり、この歌についての良さを語り合った。
女性/30代
タイトル心を込めて花束を
アーティストサザンオールスターズ
結婚式の時のバックミュージックです。手紙は泣いて上手く読めなかったけど、曲に込めた思い伝わったとおもいます。
女性/40代
タイトルお願いDJ
アーティストサザンオールスターズ
母が聴いていたアルバムの1曲目です。
すごい衝撃を受け、すぐにサザンが大好きになりました。
女性/40代
タイトルいい日旅立ち
アーティスト山口百恵さん
歌が流行っている頃、母と夜行列車の旅をした
女性/30代
タイトル
アーティスト清木場俊介
よく一緒にドライブに行ったりライブ行ったりとよく聞いてました。
初めて聞いたときは、清木場俊介の個展の時でした。もちろん、母と一緒に行き良い曲だねと言い合ってました。
男性/30代
タイトルランナー
アーティスト爆風スランプ
肥満気味だった息子に自信をつけさせようと買ってくれて一緒に聞きました。
女性/30代
タイトルリフレインが叫んでる
アーティストユーミン
初めてCDを買いに行き母と一緒に選んだ曲。
女性/40代
タイトルおよげたいやきくん
アーティスト子門真人
レコードを買ってもらって、いつも歌って踊っていました。当時は幼稚園児だった私も、およげたいやきくんの歌は今でも口ずさむことができます。それくらい、昔は振つけつきで覚えていました。
女性/20代
タイトルeverything
アーティストMISIA
小学生のころ、
塾への送り迎えの際に母と車でよく聞いていた曲です。
周りのみんなが遊んでる中、なんで私だけ勉強漬けなんだろうと悩んだり
受験を迎える緊張感で孤独感を感じていた時期に、
母の好きなこの曲を聞きながら車に揺られていました。
寒い冬の、受験シーズンになると聴きたくなる曲です。
女性/40代
タイトルおかあさん
アーティスト中田ナナ
お母さんが大好きで、
お母さんも私のことが大好きで、
二人で四六時中歌ってました(笑)
いろいろあって、私も40歳。
今でも気持ちは変わりません。
随分面倒くさい娘になりましたが。
女性/20代
タイトル心を込めて花束を
アーティストサザンオールスターズ
私たち家族は、揃ってサザンオールスターズさんの大ファンです。私は幼心ながらこの曲がとても好きでした。雰囲気があたたかい曲だなと思って聴いていました。ある日、お母さんといつものようにこの曲を聴いていると「お母さん、結婚式でこの曲歌われたら泣いちゃうな」と呟きました。あの時はその理由が分からなかったけど、今この歳になって理由がよく分かります。私の結婚式には必ずこの歌を歌ってあげたいなと思います。