男性/60代~
タイトル秋桜
アーティスト山口百恵
秋になると曲が浮かんできます。
男性/50代
タイトルいい日旅立ち
アーティスト山口百恵
母がこの歌が好きなので。
女性/~10代
タイトル遠く遠く
アーティスト槇原敬之
車の中ではいつもこの曲。
聞いてると、いつも私の夢を叶える場所はどこなのかと将来が楽しみで、いつか自立する日に向けて頑張らなければいけないなと思います。
お母さん、いつもありがとう。
女性/40代
タイトル秋桜
アーティスト山口百恵
母は山口百恵さんのファンでした。中でも秋桜が楽曲としても花としても大好きでした。母が他界した今もなおシングルの私はこの曲のように嫁ぐ前の親娘の気持ちを母に味あわせてあげることが出来ませんでした。今でも好きでよく口ずさみますがその度に母を想い出しながら涙しています。これからもずっとこの曲は母と私をつなぐ大切な曲です。
女性/30代
タイトルなごり雪
アーティストイルカ
母が好きな歌でテレビなどで流れているといつも歌っています。 お世辞にも歌の上手な母ではありませんが、この歌を聞くといつも母を思い出します。
女性/40代
タイトルサーカスの歌
アーティスト松平 晃
大正生まれの母は家にポータブル・プレーヤーーが来ると
33回転で聴く懐メロのLPレコードを買って来て毎日
この曲を聴いていて私も自然と覚えてしまいました。
女性/30代
タイトル大きな古時計
アーティスト平井堅
元々好きな曲だったのですが、平井さんがカバーされて、母娘揃ってとても気に入ってヘビーローテーションしていました。想い出の一曲です。
女性/~10代
タイトルタッチ
アーティスト岩崎良美
小さい頃、母によくカラオケに連れていってもらいました。
母は決まってこの曲を歌うものですから、私も歌詞を口ずさむくらいになりました。
たまに二人でカラオケに行けば、デュエットで歌っています。笑
女性/20代
タイトル愛をこめて花束を
アーティストSuperfly
お母さんは私が中学1年の時に教えてくれたね。私が予定よりも3ヶ月も早く生まれた事、毎日お母さんが母乳を病院まで届けては、私に声をかけ続けた事、生まれた日に「助かります!」と説明を受けた事、無事に育ってくれるだけで良いと心底思い大事に大事に育ててくれた事。聞いた時は本当にびっくりしたよ。でも嬉しかった!ありがとう!その時にこの歌をよく一緒に聞いたね!母の日にこの歌と花束を贈るから楽しみに待っててね!
女性/40代
タイトルみかんの花咲く丘
アーティストはいだしょうこ
小さいころ母が歌詞の書いてある絵本を見ながらよく歌ってくれました。
しばらく童謡に触れる機会もなく忘れていましたが、はいだしょうこさんが
歌っているのを見て涙が出そうになりました。
押し入れの茶箱の中に大切にしまっていたボロボロの絵本を久しぶりに
出して亡くなった母を思い出し号泣しました。
もし私が亡くなったらこの本を棺に入れてもらおうと思っています。
天国でまた一緒に歌えるように。
男性/~10代
タイトルLet it be
アーティストThe beatles
私が近所の年上の高校生にいじめられて「もう俺なんて要らないんだ」と絶望に陥っているときに母がそっと歌ってくれた曲です。
あれ以来、いじめはすっかり消え去りましたが、勉強などで辛くなったときは、いつも聞いたり歌ったりしています。
女性/20代
タイトル赤いスイトピー
アーティスト松田聖子
お母さんの好きな曲で、よく料理を作りながら口ずさんでいるのを聴いていました!
女性/30代
タイトル愛をこめて花束を
アーティストSuperfly
初めて聞いた時に母親を思い浮かべました。
女性/40代
タイトル秋桜
アーティスト山口百恵
母がとても好きな曲です。
カラオケではいつも、私に「お母さんはあまり上手に歌えないから、あなた歌って!!」と言われ熱唱してしまいます。
とても心に響くいい曲だと思います。
女性/40代
タイトルねんねんころりよ、おころりよ
アーティスト民謡
私には5つと6つ離れた姉がおり、物心ついたときには、母は姉の学校の役員や行事で大忙し!母とベッタリ一緒にいられる時間はあまりなく、ずっと祖母と一緒にいるおばあちゃんっこでした。なので、一緒に歌ったり、思い出になる曲があまりないのですが、私が病気になったり、怖い夢を見て寝付けなかった時に、母が語りかけるように歌ってくれた”子守唄”。母のぬくもりが伝わってくる、幼少時代の懐かしい曲です。
女性/20代
タイトルハナミズキ
アーティスト一青窈
お母さんの大好きな曲です。
嬉しいとき、辛いとき
母と一緒に聞いて一緒に歌います。
男性/20代
タイトルムラサキ
アーティスト赤西仁
母が好きなアーティストで、その影響で、私もよく聴いています。お母さんの用事のため、車まで送迎するときは、ヘビーローテーションで流しています。
男性/20代
タイトルDon't Stop Me Now
アーティストQUEEN
母とのドライブの時には必ず聴いていました。小さい頃の私には歌詞がよく分からなかったのですが、ノリの良いテンポが大好きで母と共に鼻歌をよく歌っていた思い出があります。
女性/30代
タイトル負けないで
アーティストZARD
足が遅かった私に、マラソン選手だった母が走る訓練をマラソン大会の前に一緒にしてくれました。その時、かけていた曲が「負けないで」です。走る時は何度も挫けそうになりましたが、この曲そして母の手ほどきにより小学校の時のマラソン大会では1位を取ることができました。忍耐力をつけた私は何事にも精一杯頑張り、自分の夢にまで見た職業に就くことができました。曲を聴いた時には、あの頃を思い出し今でも勇気づけられます。
女性/30代
タイトル愛は勝つ
アーティストKAN
小学生の頃、私の周りでは「愛は勝つ」の替え歌が流行っていました。どうしても欲しくて買ってもらったCD。「愛は勝つ」は、私が初めて手にしたCDでした。嬉しくて嬉しくて、何度も何度も母と一緒に歌ったのを覚えています。
女性/20代
タイトルファイト!
アーティスト中島みゆき
去年、私が受験生だった頃、母親がこの曲を聴かせてくれて元気づけてくれた。受験期は毎日聴いていて、今通っている大学の受験日にも聴いていた。
男性/30代
タイトルあの鐘を鳴らすのはあなた
アーティスト和田アキ子
歌をくちづさむことがほとんどなかった母でしたが、私が子供の頃に大晦日の紅白歌合戦を一緒に見ていたとき、ふっとくちづさみ小さな声で歌っていたのが聞こえてきました。それまで歌声を聞いたことがなかったので子供であった私は驚きました。それ以来、母の歌声を聞いたことはありませんが、今でもテレビでこの曲が流れると母のその日の歌声が頭をよぎります。
女性/40代
タイトル秋桜
アーティスト山口百恵・谷村新司
結婚が決まった時が秋で秋桜が咲いていました。
母は「おめでとう」っと私に声をかけてくれました。
そんな母の後ろ姿が小さく見えて、涙があふれました。
女性/30代
タイトルタッチ
アーティスト岩崎良美
私がまだ小学生だった時、母は夜の仕事をしていた為父もあまり家に居なかったので寂しいおもいをしていました。ある日、声が録音できる機能の付いたラジカセを買ってもらい母の声を録音して寝る前には聴いていたものです。その時に大好きだった曲が岩崎良美さんのタッチで母に歌ってもらって録音したカセットテープは擦り切れるほど聴きましたね。
女性/20代
タイトル未来へ
アーティストkiroro
中学校の卒業式で歌いました。普段全くと言っていいほど泣かない母が泣いていて、とても思い出に残っています。母をこれからも大切にしたいと思いました!
男性/50代
タイトルサッちゃん
アーティスト歌のお姉さん
この歌をよく聞いたと思います。一番に思い浮かびました。
この歌について調べてみたら、このサッちゃんのモデルが阿川佐和子さんと書いてあるものがあり、とても驚きました。
女性/30代
タイトルぽんぽこやまのこだぬきぽんた
アーティストわからない
よく子供の時、母が歌ってくれました。
女性/20代
タイトル未来へ
アーティストKiroro
結婚式の時サプライズで母と退場する時に選んだ曲( ´∀`)
男性/20代
タイトルそばかす
アーティストジュディーアンドマリー
よく母親とカラオケに行っていてそのときの鉄板ソングだった。
今でもジュディマリを聴くと母を思い出す。
女性/30代
タイトル赤いスイートピー
アーティスト松田聖子
小さいころから母がよく口ずさんでいる曲です。自然に覚えてしまい今では私のカラオケ十八番です。
女性/40代
タイトルサウスポー
アーティストピンク・レディー
母に初めて買ってもらったレコードで、母とよく一緒に歌ってたのを思い出します。
つらいことがあってもこの曲を聞けば元気になれた大好きな曲です。
男性/30代
タイトル恋のバカンス
アーティストザ・ピーナッツ
今は他界した母がよくテレビなどで流れた時に口ずさんでました。
今でもテレビなどで流れれば思い出します
男性/20代
タイトル大空と大地の中で
アーティスト松山千春
母と初めて行ったカラオケでデュエットした曲。
女性/20代
タイトルプレイバック
アーティスト山口百恵
小さい頃、家族でカラオケに行くとお母さんがいつも歌っていました。普段は明るく声の高い母が低めの声で歌っていて、子供ながらカッコいいと思った記憶があります。20代となった私も完璧にマスターしています!
女性/20代
タイトルLove,day after tomorrow
アーティスト倉木麻衣
お母さんが倉木麻衣が大好きだったのでよく車内で聴いていました。だから倉木麻衣の曲を聴くと当時のことを思い出します^ ^
女性/30代
タイトル夏の扉
アーティスト松田聖子
しつけに厳しく、子どもの私には怖い存在だった母ですが、ある日学校から帰ると、夕飯の準備をしながら鼻歌で松田聖子さんの「夏の扉」を歌っていてビックリ。
何だかただいま、と声がかけられなかったのですが、当日は両親の結婚記念日。
嬉しかったんだと思います。忘れられない一曲です。
女性/30代
タイトルなごり雪
アーティストいるか
母のおなかの中で聞いていた曲だったせいか、聞くたびになぜか眠くなります。
そらで歌えるぐらい歌詞も覚えてるのに、カラオケなどで歌うと瞼が重くなり、CDなどをかけて聞いているといつの間にか意識が遠のいてしまっています。
本当に好きな曲なのに、子守唄になってしまいちょっと困ってます。(笑)
女性/30代
タイトルインシンク
アーティストI promise you
私が高校時代大好きだったアメリカのアイドルグループ、インシンクの大ヒットしたバラード曲です。
メロディがとても綺麗でよく2人で歌っていました!
結婚式の母とお色直しで退場する時、この曲を選びました(^^♪
女性/20代
タイトルあかとんぼ
アーティストゆきかおり
母とよく歌った。
女性/30代
タイトル百万本のバラ
アーティスト加藤登紀子
母親が昔大好きでよく車に乗った際、カセットで聞いてました。今年は広島のフラワーにも加藤登紀子さんがこられ、母と一緒に見に行きました
女性/50代
タイトル瀬戸の花嫁
アーティスト小柳ルミ子
瀬戸内海の小島からお嫁に来た母。

この曲に自分と重ねていたようで、よく唄っていました。
女性/30代
タイトル見上げてごらん夜空の星を
アーティスト坂本九
小学生の頃、突然お腹が痛くなった私は母と病院の救急外来に行きました。一通り検査が終わって帰る頃にはもう深夜。疲れていた私は母におんぶをしてもらいながら帰りました。母の背中は温かくてとても居心地が良かったので、降りたくなくてずっと眠ったフリをしていました。家までの長い長い登り坂で母がこの歌を歌いながらゆっくり歩いていたあの夜と母の背中の感触は今でも覚えています。
女性/40代
タイトルブルーライト横浜
アーティスト石川あゆみ
母親がよく鼻歌を歌って食事の準備をしていました。
女性/20代
タイトル好きになった人
アーティスト都はるみ
幼い頃、母がよく夕食の用意をしながらこの曲を歌っていたのを憶えています。
当時は曲の意味なんてまったくわからなかったので、無邪気に一緒に歌ったりもしていたのですが、今考えてみればかなり意味深な選曲ですよね(笑)
お見合い結婚と聞いていますし、父のほかにだれか思う人でもあったのでしょうか…
20年以上が経ちましたが、真相を確かめる気にはまだなれていません。
男性/30代
タイトルサンキュー
アーティストドリカム
彼女を母親に会わせて、すぐに別れてしまった曲。
女性/20代
タイトルさんぽ
アーティスト井上あずみ
小さい頃にお母さんとよく河川敷で一緒歌っていた曲^^
男性/20代
タイトル世界に一つだけの花
アーティストSMAP
お母さんの一番好きな曲です!この曲を聴くとお母さんと一緒に来るの中で歌っている自分をふと思い出すことが多いです。
女性/30代
タイトル贈る言葉
アーティスト海援隊
小学校の先生をしていた母が卒業式でピアノの伴奏をすることになったらしく家でもかなり練習をしていたのとテープ(時代を感じますが 笑)をかけていたことを思い出します。
まだ保育園に通っていた私ですがもちろんすべて覚えました!
女性/30代
タイトルコスモス
アーティスト山口百恵
毎日送り迎えをしてくれる車の中でよくかかっていました。その頃はよくわからなかった意味も大人になって理解するようになり、嫁ぐ時にはこの曲が頭の中を流れて胸がいっぱいになりました。
女性/40代
タイトルブランディーグラス
アーティスト石原裕次郎
週に一度習い事を始めて母が月に一度位、迎えに来てくれました。そのとき掛かっていたのが、祐次郎さんのカセットです。何時も、1時間位か買って友達と歩いて帰るのも楽しかったけれど、母に迎えに来てもらうのは、恥ずかしくもありましたが、 楽なので、嬉しかったです。そのときの気持ちを思い出します。
女性/20代
タイトルラブストーリーは突然に
アーティスト小田和正
20歳で私を産んで4人育てた母。楽しみは専らドラマだったみたいです。母と並んで見ていて、自然と私まで口ずさむようになったみたい。笑
ありがとう、お母さん
女性/20代
タイトル未来へ
アーティストkiroro
小学校の卒業式で、何故か保護者から子供に贈る歌に選ばれたのがkiroroの「未来へ」でした。
私も母も「逆だよね~」と家で爆笑。でも、式の当日、母が泣きながら歌っていたのをよく覚えています。
「あんたの成長を実感して、感動の涙が止まらなかったの」と教えてくれたのは私が成人
今でも「何で親が唄ったんだろう?」と言いながら思い出し涙を浮かべる母。
歌詞の通り、母の愛情と母への感謝を感じます。
女性/~10代
タイトルママ
アーティスト青山テルマ
この歌詞に思いがつまってます。
女性/40代
タイトルオリビアを聴きながら
アーティスト杏里
小学生の時、母が車でよく聴いていた曲でした。
学校へ行きたくなくてわざとゆっくり支度をして遅刻しそうな所を母が車で送ってくれた時、外回りの仕事をしている母に寂しいからとわがままを行って車に乗せてもらった時、コンビニまで夜のドライブに行った時、家族で海に出かけた時…私もよくこの曲を聴いてました。
女性/30代
タイトルおよげたいやきくん
アーティスト子門真人
毎朝、母が家事をしている横で、テレビ番組内で流れているのを楽しみに見ていました。

母と一緒に楽しく歌っていた子供の頃がとても懐かしいです。

およげたいやきくんが大好きで、お誕生日に買ってもらった、およげたいやきくんのアップリケ付きのワンピースは一番のお気に入りの洋服でした。

ワンピースを着て満面の笑みで映っている写真を見るたびに、この歌が脳裏によみがえります。
女性/50代
タイトル百万本のバラ
アーティスト加藤登紀子さん
亡くなって17年も経ってしまった母ですが、とても無口で、
めったに自分から話すことが無かったのに、加藤登紀子さんが
大好きで一人でコンサートに出かけたり、ラジオやテレビから
加藤さんの曲が流れて来ると楽しそうに一緒に歌っていました。
特に百万本のバラが大好きで、大きい声で口ずさんでいた姿が
瞼に残っています。
女性/20代
タイトル夏の思い出
アーティストケツメイシ
初めてお母さんと一緒に行ったLIVEで聞いた思い出の曲です。
男性/30代
タイトルギンギラギンにさりげなく
アーティスト近藤真彦
テレビの歌番組を一緒に見た。
男性/40代
タイトルLifetime Respect
アーティスト三木道三
当時、母がとても気に入っていて、社会人になって初めて母とカラオケに行くきっかけになった。
女性/30代
タイトル「風」
アーティストコブクロ
春という出会いと別れの季節で新たなスタートをきるときに、この少しせつない風という私と母の大好きな曲を聴き、せつないながらも新たな未来に向けてがんばろうと思えるそんな大切な1曲です!
女性/20代
タイトル負けないで
アーティストZARD
大学受験のときに、うちの家では、奨学金で通うしか選択肢がなく、大学に通うなら国公立のみ、滑り止めは受けれないという条件での受験でした。頑張っても頑張っても、模試は良い結果がでず、たまたま母とカラオケに行ったときにこの曲を歌ってくれました。意図して入れたのかはわからずですが、最後まで頑張ろうと思え、奇跡的に合格しました!
男性/40代
タイトル秋桜
アーティスト山口百恵
アーティストも、楽曲も素晴らしく、何時聴いても、心に残ります。
女性/20代
タイトルひまわりの約束
アーティスト秦基博
結婚して家を出る前日に、自作のスライドショーの、ミュージックに使いました。
母がすごく感動してくれて、この曲も好きになりました。
男性/20代
タイトル赤いスイートピー
アーティスト松田聖子
大学の合格発表を見に行くときに聴いていました。
男性/40代
タイトル川の流れのように
アーティスト美空ひばり
裁縫仕事をしながら楽しそうによく歌っていました。出来上がるのを待つのに隣で座って聴いていると、ほがらかな気分になったのをおぼえてます。
男性/40代
タイトル上を向いて歩こう
アーティスト坂本九
両親が昔よく機嫌が良いときに口ずさんでいるのを聞いていました。
女性/40代
タイトル愛の讃歌
アーティスト越路吹雪
宝塚が好きな母と一緒に行った時のことを思い出します。
男性/30代
タイトルLove is Blue
アーティストポールモーリア
私が実家で小学校から中学くらいまでの間、母の実家に車で出かけるときのBGMがポールモーリアでした。そのときは誰かなんて分かりもしませんが、私が大人になってからあの時かかってた曲がそうだったと分かりました。何度も耳にしていたので、ときどきポールの曲を聴くとあの頃のことをとても思い出します。曲を聴くと当時にタイムスリップしたみたいになって、母にとてもお世話になっていたんだなぁと感謝しています。
女性/~10代
タイトルさくらんぼ
アーティスト大塚愛
初めて覚えた歌。
女性/30代
タイトル雪国
アーティスト吉幾三
私が子供のころ、母がよく口ずさんでたので、私もいつの間にか覚えて歌うようになりました。
良い曲ですね~ (*^^*)
女性/30代
タイトルあいうえお星様
アーティストうらいみさこ
毎日くらい聞いていたのでしょう。
今もまだ歌えます。
私が歌う、母が聞く。
女性/30代
タイトル上を向いて歩こう
アーティスト坂本 九
落ち込んだとき、一歩前に進むべきとき、何かと勇気つけてくれる母が口ずさんでいました。
何かとこの曲が浮かんできます。
女性/40代
タイトルビューティフルサンデー
アーティストたなかせいじ
思い出ソングで頭に浮かんだ光景は、私が幼稚園だった時、運動会で母と一緒にダンスを踊った時の曲。
自宅でレコードをかけながら一緒に練習したことを今でも覚えています。

女性/20代
タイトルありがとう
アーティストMONKEY MAJIK
結婚式の退場の時、部屋全体が感動に包まれお母さんと離れる時に流れていた曲。
あの号泣が忘れられず、今ではお母さんと笑い話で思いでの曲となりました。
女性/20代
タイトルイノセントワールド
アーティストミスターチルドレン
当時はCDから録音したカセットテープで、中学校の頃に学校まで送ってもらう時によく流れていました。
ミスターチルドレン全般をよく聞いていましたが、イノセントワールドはよくリピートしていました。
男性/~10代
タイトル言葉にできない
アーティスト小田和正
母が好きだった歌。子供の頃は意味が分からなかったけど、今なら分かる。
女性/30代
タイトル未来へ
アーティストkiroro
発表会で披露した曲なのでよく練習しました。
女性/40代
タイトル「秋桜」
アーティスト山口百恵
女手一つで一生懸命に育ててくれた母。私が結婚が決まった時、これから結婚して幸せになるのに、母と離れるのがとても寂しくて、母の背中を眺めながら涙を堪えていた時の事を、結婚して、もう20年近くなった今でも、この曲を聞くと思い出し涙が出ます。
女性/30代
タイトルMy heart will go on
アーティストceline dion
もともとセリーヌ・ディオンの曲が好きだったのですが、母と一緒に映画タイタニックを見に行って、しばらくこの曲にはまっていました。
女性/30代
タイトル部屋とYシャツと私
アーティスト平松愛理
私が子供の頃、母親が仕事から帰ってくる父を夕飯の準備をしながら待つとき、部屋とYシャツと私をよく歌いながら待って居ました。
今では私が主人の帰りを夕飯の準備をしながら口ずさむ想い出の曲です。
女性/40代
タイトルよこはま たそがれ
アーティスト五木ひろし さん
お母さんが好きな歌手でよくTVで見ていました。こういう人が好きなんだなーっとみてました。
女性/20代
タイトルアンマー
アーティストRSP
結婚式に選んだ歌。今でもしんみりきちゃいます。
男性/50代
タイトル未来へ
アーティストkiroro
最適最高!!!
素晴らしい!!!
男性/50代
タイトル瀬戸の花嫁
アーティスト小柳ルミ子
「いい歌だね」と言いながら母がよく歌っていました。
男性/50代
タイトルチューリップ
アーティスト
母から最初に教えてもらった歌。
今でも教えてもらったときの、情景が鮮やかに思い出せます。
女性/40代
タイトル青い珊瑚礁
アーティスト松田 聖子
生まれて初めて買ってもらったレコードがこの曲でした。買ってもらった当日、うちに着いてすぐ、母と一緒に聴いた懐かしの思い出深い曲です。
男性/40代
タイトルありがとう
アーティストいきものがたり
この曲を聴いていると
泣けてきます。離れて暮らす母親になにもしてあげれなくて迷惑かけてごめん。年老いていく姿を見るたびにありがとう。って言いたい。
男性/20代
タイトル運動会のテーマ。運動会でよく一緒に頑張った。
アーティストわからない
運動会で二人三脚をよく一緒に頑張った。
女性/20代
タイトルReturn to Myself ~しない、しない、ナツ。~
アーティスト浜田麻里さん
お母さんとカラオケに行った時、お母さんが歌っていてとても気に入り私もこの曲を聴きだしました。お母さんの影響で聴きだした曲はかなり多いのですが、その中でも1番大好きな曲です!
女性/20代
タイトル未来へ
アーティストkiroro
母子家庭で育ちました。母は仕事場に私は保育園に毎朝30分はかけて車で向かうのですがその中で毎日カセットテープで聴いていました。親子揃って歌うのが好きだったので毎朝歌っていました。
それから今年成人を迎え、いまは芸能界に入りました。いつかまた母子でこの歌をデュエットしたいです。
女性/~10代
タイトルありがとう
アーティストいきものがかり
病気になり支えられるなかで何度も聞いた曲。
女性/50代
タイトル涙そうそう
アーティスト夏川りみ
ちょうど父が亡くなった頃に流行ってました。この曲を聴くと涙が流れて来ました。
父のお墓参りに行って、この曲を父の墓前の前で母と一緒に唄いました。すると
不思議と悲しみが消えて、父との思い出を母と語り合って、その日は帰りました。
その日の夜、これからは母を大事にしようと思いました。
女性/20代
タイトル空も飛べるはず
アーティストスピッツ
母が昔からスピッツが好きで、特にこの曲は車の中でよく流れていたので一緒に歌っていました。東日本大震災で色々なものが流されてしまって落ち込んでいたけど、この曲を聴くと震災前の幸せなときを思い出してとても懐かしく切ない気持ちになります。
男性/30代
タイトル竹トンボ
アーティストわからない
昔を思い出す。
女性/40代
タイトル未来へ
アーティストkiroro
結婚するときにまさに私と母のことを歌っているように聞こえてものすごく感動しました。
女性/30代
タイトルコスモス
アーティスト山口百恵
山口百恵ファンの母がいつも口ずさんでいました。
まだ小学生の私はあまり歌詞もわからず一緒に歌っていました。
大人になってからは切ない歌詞にジーンときます。子供に受け継ぎたい歌です。
女性/30代
タイトルてんとう虫のサンバ
アーティストチェリッシュ
私が小学低学年の頃、親戚の方の結婚式がありまだ生まれる前の曲でてんとう虫のサンバを母と一緒に歌いました。
明るい曲と歌が苦手と言いながら一緒に歌い時には顔を見合せながら母と歌った歌。
もう20年はたってますが忘れない出来事と思い出の曲です。
男性/~10代
タイトル春よ来い
アーティストユーミン
母が大好きな歌です。
女性/50代
タイトル川の流れのように
アーティスト美空ひばり
母が昔、元気な頃、、よく歌ってました。
女性/50代
タイトル十五夜お月さん
アーティスト佐藤千代子
私は、3歳から6歳まで台湾人の父の実家のあった台湾高雄で暮らしていました。亜熱帯の為、大型の台風がしばしばありました。台風の警告があると雨と風が凄まじく、幼かった私は夜、暗い部屋で泣きながら震えていたものです。そんな時、母が歌っていてくれていたのが十五夜お月さんでした。台風で月など出ていないのに、なぜかこの曲を歌ってもらうと安心して寝付いたことを覚えています。今でも台風になるとおもいだします。
男性/~10代
タイトル拝啓 この手紙
アーティストアンジェラ アキ
小学校の卒業式で歌って、母さんにすごく感動したと言われたこと。
男性/20代
タイトルOver
アーティストMr.children
母との想い出の曲です。
当時僕が中学生で、片思いしている子に彼氏が出来て落ち込んでいた時に、母も学生時代に失恋してこの曲を泣きながら聴いたと教えてもらい、僕もこの曲を聴いてMr.childrenのことが好きになりました、とても想い出深い曲です。
女性/30代
タイトル未来へ
アーティストKiroro
結婚式で流した曲。
女性/30代
タイトルいい日旅立ち
アーティスト山口百恵
母の影響でももえちゃんの曲を全部聞いてすっかり好きになりました!
女性/30代
タイトルさっちゃん
アーティストふめい
姉の名前がサチコ。姉がとても好きだった私は母や父と一緒に「さっちゃん」を歌っていました。
私はまだ子供がいないので、今は姉が産んだ子供(姪)と一緒に歌っています。
男性/30代
タイトルグロリアス
アーティストGLAY
初めて母親に買ってもらったCDです。
男性/50代
タイトル悲しい酒
アーティスト美空ひばり
母がよく歌っていました。けして上手ではないけど、優しい声でした。懐かしい、思い出です。
女性/30代
タイトル
アーティスト中島みゆき
私が小学校六年生の頃病気でちちが亡くなり母は私と兄を一人で育てるのに必死でした。
母はよくこの歌を聞いていたので私もこの歌が好きで聞くと何か懐かしい気持ちになります。
女性/60代~
タイトルかあさんの歌
アーティスト窪田聡
母親が歌に歌われているように、夜なべして服を作ってくれたり、手袋を編んでくれたりしてくれました。今は亡き母を思い出して、かあさんの歌を歌うと自然に目に涙を流すこともあります。とても感謝し、尊敬をもしておりました。
女性/20代
タイトル
アーティストBank Band
結婚式のプロフィールビデオに使った曲で小さい時の母と私が写った写真とかをのせたりしてお母さんがすごい感動してくれた。
男性/30代
タイトルしあわせ運べるように
アーティスト川嶋あい
この『しあわせ運べるように』を聴くと阪神淡路大震災の当時を思い出します。避難生活したり、生活再建のために家の復旧作業をしたりと、力を合わせて乗り切った記憶がよみがえります。先日ネパールで大地震があり、現在も多くの人が苦しんでいると思いますが、少しで被災者の方に勇気が出るようにこの曲を贈りたいと思います。
女性/40代
タイトルきよしのズンドコ節
アーティスト氷川きよし
母が大病を患った時に、元気を出すために大好きなきよし君の曲の中でよく聞いていた曲です。
母はなくなってしまいましたが、この曲を聞くと前向きに頑張ろうとしていた母の姿が浮かび、自分も頑張ろうと思える曲です。
男性/30代
タイトル言葉にできない
アーティスト小田和正(オフコース)
何気ないTVのCM。母がしんみりしている姿を思い出す。この年齢になって、歌詞の意味がわかるようになった。お母さん、ありがとう。
女性/20代
タイトル負けないで
アーティストZARD
お母さんが運転する車の助手席で聞いていました。日曜日の夕方、毎週『明日から一週間頑張るぞ』と言い聞いていた思い出があります。
男性/60代~
タイトルyour sonng
アーティストエルトンジョン
詩の内容を説明してくれて素敵な曲だと思いました。
女性/50代
タイトル
アーティスト中島みゆき
いい感じ!よろしくお願いいたします。
女性/30代
タイトルおよげたいやきくん
アーティスト子門真人
子供の頃に流行した曲なので、幼稚園や小学生、母と一緒に歌った時のことを思い出しましたね。懐かしい!!
女性/30代
タイトルGlass
アーティスト河村隆一さん
母は河村隆一さんがソロ活動を初めて以来のファンで、それまで好きなアーティストさん、俳優さんもいなかった母が、隆一さんの出てるTV、ラジオ、雑誌は全てチェックし、地元でのライブは必ず参加、私もお供しました(笑)そんな日々、私の運転する車で母を乗せて出掛ける時のBGMは隆一さんの「Glass」でした。幸せそうに聞く母の顔は忘れませんし、今でも隆一さんの曲を聞く時の幸せそうな顔は変わりません。
女性/50代
タイトル秋桜
アーティスト山口百恵
母は新聞の料理欄を切り抜き、それをノートに貼って1冊の料理本を作ってくれました。私が結婚する時に母はその料理本をプレゼントしてくれました。料理が苦手だった私には大変役に立ちました。今でも「今日の夕食は何にしようかな」と献立に困った時はこの料理本を開いてメニューを決めています。30年間我が家の食卓を支えてきたのは、この料理本です。結婚披露宴の花束贈呈では「秋桜」をBGMにしてもらいました。
男性/40代
タイトルいい日旅立ち
アーティスト山口百恵
習い事等、車での送り迎えを母がいつもしてくれました。
その時にいつも車から流れていたのは山口百恵さんの曲。
特に印象的な曲が『いい日旅立ち』。母の優しさが身にしみ、大学・就職で家を出ることが決まっていた時に聞いたこの曲は何度も勇気づけられました。
女性/50代
タイトルおもちゃのチャチャチャ
アーティスト不明です。
今は80歳になっている母は、子供3人に世話をしている際、自分自身にリズムをつけるためと子供たちに自分がどれ程朗らかさタップリなのか知らせるために、何時もハミング。それが、「おもちゃのチャチャチャ」です♪
女性/40代
タイトル勝手にしやがれ
アーティスト沢田研二
母は沢田さんの大ファンでいつも内職しながらレコードをかけていました。「勝手にしやがれ」は、母の一番のお気に入りでした。そんな母は、44歳で交通事故にあい他界しました。今では、あまり聞かなくなりましたが、私にとって一番母との思い出のある曲です。
男性/60代~
タイトル浜辺の歌
アーティスト小学校唱歌
たしか小学校4年生の頃でした。授業参観で先生の突然の指名があり、母とこの歌を2部合唱しました。戦争で父を亡くし空襲で家を焼かれ、停電ばかりの時代に暗い中で母から教わった歌の数々は喜寿を迎えた今でもよく覚えています。合唱は(絶体)音感に磨きをかけてくれたのかもしれません。
女性/~10代
タイトルやさしさに包まれたなら
アーティスト松任谷由実
この曲をいっしょに何度も歌いました。実は私はうつ病なんですが、この曲をいっしょに歌っていると、涙が溢れ出てきました。
男性/30代
タイトルアンマー
アーティストかりゆし58
この歌を初めて聞いたときはピンと来なかったのですが、年を取るにつれてだんだんといいなと思えるようになりました。
男性/40代
タイトル中央フリーウエイ
アーティスト松任谷由美
ユーミンのフアンであった母に連れられ、よくドライブに連れていかれ、中央フリーウエイの音楽が刷り込まれました。いまでも中央道をとおるとユーミンの曲が頭に流れてきます
女性/40代
タイトル案山子
アーティストさだまさしさん
父がおらず、家計が厳しく必死に働いて育ててくれた母。妹達もいたので、私も高校を出てすぐ都会に働きに出た。お金をたくさん仕送りしたくて、母へ連絡もとらず必死に働いた。ある日ラジオからこの曲が流れてきて、母の気持ちを想い、電話をした。
「頑張ってるかい?辛くないかい?ありがとう」と言う母の言葉に泣いた。
母に会いたかった。母の子に生まれてよかったと思う。母を愛しく想う気持ちは今も変わらない。
男性/40代
タイトルIf I was your mother
アーティストBon Jovi
自分の将来について、一時、親と絶縁していた時に車でこの曲が流れていて、号泣したことがあるんですよ。
女性/20代
タイトルロード
アーティストthe虎舞竜
学校から帰ると母が夕御飯の支度をしながらこの歌をきいていたから。
女性/20代
タイトルbe loved
アーティストGLAY
初めて買ってもらったCD。
母も一緒にファンになり一緒にコンサートに行ったりTVを見たり共通の時間が増えたきっかけになった。
女性/30代
タイトルディズニー映画 メアリーポピンズ
アーティストディズニー
幼い頃母も私もディズニー映画が大好きで、ビデオで一緒に繰り返し見ていました。その中でもメアリーポピンズの映画で流れている歌がとても好きで、車の中でカセットを流して歌いながらドライブをしていました。
女性/20代
タイトルありがとう
アーティストいきものがかり
普段口に中々しないけれどありがとうって伝えたくなる曲です。
この歌は親子で大好きな曲です。
歌詞がとても良いです。
男性/30代
タイトルソメイヨシノ
アーティストENDLICHERI☆ENDLICHERI
私の家は両親共に共働きで鍵っ子でした。幼い頃の母の印象は、白い割烹着を着けて、毎日忙しく料理を作っていた姿を覚えています。小学生の私が母の日に「白い割烹着」を姉と共にプレゼントしたら、母がすごく喜んでくれた事を強烈に覚えています。
女性/20代
タイトル世界にひとつだけの花
アーティストSMAP
私が小学生の頃、母が手話で世界にひとつだけの花の練習をしていました。
私も一緒に毎日のように練習をし、
発表しました。すごく思い出に残っています。
女性/20代
タイトル赤いスイトピー
アーティスト松田聖子
母が好きで、よく歌っていました!
母の影響で聖子ちゃんの歌はよく聴いていました!
女性/20代
タイトルせっけんの歌
アーティスト童謡なのでいません
保育園のおゆうぎ会で独唱しました。
姉が入院中で母は来られませんでしたが、病院まで届くように心をこめて歌いました!
女性/40代
タイトルサボテンの花
アーティスト財津和夫
ほんの小さな出来事に愛は傷ついて、という始まりが好きだった母の思い出の歌です。家族という密な関わりの中で、言い過ぎてしまったりした日もありましたが、お互いを根の部分では想っていると感じられる歌です。今は亡き母を思い出して懐かしく、切なくなる名曲です。
女性/30代
タイトル負けないで
アーティストZARD
テスト勉強の時などに、歌詞の一部とイラストを描いてくれた手紙をもらいました。
嬉しかったのを覚えています。
女性/~10代
タイトル大阪ラプソディー
アーティスト海原千里
唯一一緒に歌った曲でとても大切な思い出です。
男性/40代
タイトル乾杯
アーティスト長渕 剛
自分がまだ小学生ぐらいの頃に、家族で夕食を食べた後に立ち寄ったカラオケ店で、
母親が長渕 剛の乾杯を唄ってくれたことがあり、今でもその時のことが忘れられません。
女性/30代
タイトル子猫物語
アーティスト吉永敬子(坂本龍一作曲)
母親と生まれて初めて見に行った映画のテーマソング
映画館に行くのはダメだと教えられていたので、驚き、嬉しかった
初めて見る大スクリーンでの映像と音楽がとても新鮮だった。
男性/40代
タイトルおよげたいやきくん
アーティスト子門真人
幼稚園のころに聞いた。
女性/20代
タイトルいい日旅立ち
アーティスト山口百江
二人でカラオケでよく歌いました。
女性/20代
タイトル卒業写真
アーティスト松任谷由実
お母さんは松任谷由実さんが
大好きで掃除中も料理中も
いつも松任谷由実さんのアルバムが
流れていました。
松任谷由実さんの歌は
いろいろありますが
卒業写真だけ何故か丸暗記してしまい
今では親子でカラオケに行くと
一緒に歌える歌でもあり
卒業写真がTVやラジオから流れると
いつもお母さんが頭に出てきます。
男性/60代~
タイトル里の秋
アーティスト由紀さおり
歌手は今聞くならこの人です。
私が子供の頃に母がよく歌っていました。歌詞と同じ光景が周囲にありました。古き良き昭和の田舎がよみがえります。
男性/50代
タイトル人生いろいろ
アーティスト島倉千代子
今年80歳で亡くなった母は、島倉千代子の大ファンでした。その中でも「人生いろいろ」は特に好きで、カラオケの十八番でした。明るく、交友関係の広かった母の最期のお別れで式場から火葬場に運ばれるときにこの歌を放送しました。私、弟、妹も皆、この歌が流れた途端、涙が止まりませんでした。
女性/50代
タイトルコーヒールンバ
アーティスト西田佐知子
 むか~し、むかしの事なのになぜかよーく覚えています。
 普段は金崋山織のカバーがかかっていたコロンビアのステレオ・・・
 あの頃、母はこのレコードを繰り返し聴いておりました。
 父が大のコーヒー好きだったからなのか? それともおしゃれなリズムがお気に入りだったのか・・・
 母の実家は電機店を営んでおりレコードも扱っていて流行りの曲には敏感だったのかも~ 
 現在の母はキッチンに居る時も趣味の家庭菜園での作業中もラジオからお気に入りの曲が聞こえてくるとごきげんのようです。
女性/~10代
タイトルHappiness
アーティスト
小さい頃からいつもお母さんの車の中で2人で歌っていました!
女性/50代
タイトル秋桜
アーティスト山口百恵
毎日CDを聞いていた20年月日過ぎてしまいした子供山口百恵曲覚えて歌えるよになりました。子供もう少し成長たらカラオケいきて家族みんな山口百恵歌いです楽しみ待っています。
女性/30代
タイトル大きな古時計
アーティスト平井堅
大きな古時計を聴くたびに。アカペラで親子で歌った。
女性/40代
タイトル
アーティストコブクロ
今は亡き母が闘病中に聞いて「良い歌ね・・」と言っていました。
母が亡くなって改めて歌詞を聞いて涙がこぼれました。

桜が満開の前に母は息を引き取りましたが、車いすで病院の近くで
少し咲いた桜の木の下で穏やかに微笑む母の顔が思い出されます。

口数の少ない母でしたがこの歌詞同様無償の愛情を沢山与えてくれました。
強く優しい母は私の誇りだと思わせる歌です。
女性/30代
タイトルあなたにあえてよかった
アーティスト小泉今日子
小学生のころ母とカラオケに行くといつも歌っていたので。
今では一緒に行くこともなくなってしまったけどこのアンケートで思い出しました。
お食事券が当たったら母とランチに行ってカラオケに行こうかな。
女性/20代
タイトルママへ
アーティスト青山テルマ
私とお母さんの人生かの様に歌ってます。
これを私が歌うと、お母さんは泣いてくれてます。
女性/30代
タイトルYa Ya〜あの時代を忘れない
アーティストサザンオールスターズ
母と初めて行ったライブがサザンオールスターズ。
この歌はライブで母が思わず涙しながら聴いていたので
今でもこの歌を聞くとあのライブの思い出が蘇ってきます。
男性/30代
タイトル千の風になって
アーティスト秋川雅史
母方の祖父がなくなったとき、母がよく聞いていました。
哀しみ、後悔よりも感謝を持っているとよく言っていました。
いつも祖父母たちが見守っていると感じる曲です。
女性/60代~
タイトル世界に一つだけの花
アーティストSMAP
SMAPのファンで、すぐ覚えられて楽しい曲だと思いました。
女性/20代
タイトルHOME
アーティストアンジェラ・アキ
一人暮らしを始めたころホームシックになり、新生活に不安な気持ちが膨らんでいました。そんなときはいつも電話越しの母の声に勇気づけられました。そのころよく聞いていたのがこの曲です。故郷を離れていても大丈夫だ!とほっと安心した当時の気持ちがよみがえります。
男性/20代
タイトル赤いスイートピー
アーティスト松田聖子
18年ほど前の話です。
住まいが山沿いの方なのもあり、小さい私を気遣ってくれた母は幼稚園から小学校低学年の頃まで車で送ってくれていました。
両親共働きだったので帰りは歩きだったのですが、行き道は必ず車でした。
その車の中で母が欠かさず掛けていた曲が「赤いスイートピー」です。

毎朝毎朝この曲を聞きながら登校したのを今でも覚えています。
男性/30代
タイトルまた逢う日まで
アーティスト尾崎紀世彦
家族でカラオケに行った時は母の学生時代の尾崎さんのまた逢う日までをききました。とても懐かしい郷愁の曲です。テレビでかかると元気になれます。
男性/~10代
タイトルパーフェクトスター・パーフェクトスタイル
アーティストPerfume
中学受験の時に、毎日、お母さんに塾に送迎してもらっている時に車の中で聴いていた曲です!!
今でもこの曲を聴くと、「あの時はすごく大変だったね~!!」とお母さんと話してるので、お母さんとの想い出の曲です!!
女性/30代
タイトルおつかいありさん
アーティスト童謡
母の子守唄でした。私も出産して子供たちに歌います。私も私の娘もありさんで寝ています。いつか娘の子供にも娘が歌ってほしいです。
女性/20代
タイトルあなた
アーティスト小坂明子さん
子供の頃、母と一緒にお風呂に入るといつも歌っていた歌。その時は、原曲を聴いたことがなく、母が歌う歌でしかその歌を知りませんでした。この曲は私にとっては母の歌です。
今はあの頃の私と同世代の娘とお風呂に入っています。娘にとっての母の歌は何になるのだろう。
男性/50代
タイトル母に捧げるバラード
アーティスト海援隊
いい歌です。
男性/50代
タイトル秋桜
アーティスト山口百恵
この曲を聴くと、今は亡きやさしかった母のことをなつかしく思いだすことができて、心が温かくなります。
女性/30代
タイトルドキドキドン!一年生
アーティストひらけポンキッキ
歌を歌ったり鼻歌さえも歌うことが無かった母が唯一一緒に
歌ってくれた思い出がある曲です。
朝の番組でこの歌がかかるのをいつも楽しみにしていました。
この間母に音楽を聞くのは好きなのに自分では歌わないの?と聞いてみたら
「心の中で歌ってるねん」と教えてくれました。
女性/40代
タイトルイエスタデイ ワンスモア
アーティストカーペンターズ
母が音楽が大好きだったこともありもの心着いた頃には邦楽洋楽関係なく
家の中には音楽がありました。
洋楽ではカーペンターズやABBAなど、邦楽ではアリスや小椋佳が多かったかな。
そんな中でもこの曲は私が泣いている時にかけると泣き止んだらしいです。
なので、今でもカーペンターズを聴くと落ち着くんですよね。
女性/20代
タイトル涙そうそう
アーティスト夏川りみ
沖縄生まれ沖縄育ちなので、よく母と口ずさんでました(≧∇≦)
女性/40代
タイトルメモリーグラス
アーティスト堀江淳
私が子供のころ、母がご機嫌なときに必ず歌っていた曲です。正直、母は歌がへたでしたが、メモリーグラスを歌っているときはとっても楽しそうにしていたので、姉妹3人で歌声をからかいつつも、そんな母を見るのは楽しかったな~と思い出します。
女性/20代
タイトル未来へ
アーティストKiroro
小学校の卒業式で流れた曲。
元々、優しくて良い曲だなと思っていたので、今でもラジオやテレビでこの曲が流れると母と卒業式を思い出すね~と言っています。
女性/20代
タイトル優しさに包まれたなら
アーティスト松任谷由実
いつも移動中の車の中で流してた曲です。家に帰っても、歩いてても歌うようになりました。いつの間にか、みんなでオリジナルの振り付けをつけて歌ってました。この歌を歌うとみんなでBBQ行ったとこととか、旅行中のこととかたくさんの思い出を思い出し笑顔が溢れます。
女性/20代
タイトルHOWEVER
アーティストGLAY
ラジオネーム・でんでん 
私を産んでからリウマチという病気になってしまった母。私が小学生の時に大好きだったGLAYのコンサートのチケットを一生懸命とってくれて一緒に東京ドームまで行きました。病気で体が痛いはずなのに当日一度も座らずに一緒に曲を聴いてくれ、その時にHOWEVERが一番好きといってくれました。もうすぐ母の心臓の手術。成功率は50%。成功を心から祈っています。
男性/60代~
タイトルみかんの花咲く丘
アーティスト川田正子
病気がちだった幼少期に母がよく歌ってくれた。
女性/30代
タイトルロード
アーティストTHE虎舞竜
初めて買ったCD。母と二人で聴いて、二人で涙しました。
女性/40代
タイトルおら東京さ行ぐだ
アーティスト吉 幾三
親元離れて、短大に進学する私。寮の部屋は、テレビがありません。当時、流行っていた歌。入学前、幾度も母と聴き、共に笑った歌です。
男性/~10代
タイトルなごり雪
アーティストいるか
母が始めていくカラオケで1番最初に母が歌った曲。
そのため、私と姉は母にこの曲の練習に付き合わされました。

この曲ぐらいしか、未だに母は歌えません(笑)
男性/30代
タイトルげんこつやまのたぬきさん
アーティストうたのおにいさん&おねえさん
幼稚園のときに、親子ペアになり、向かい合ってアクションつきで歌いました。
何回も練習したのでよく覚えています。(さすがにアクションは忘れましたが)
女性/40代
タイトルぞうさん
アーティスト不明
子どもの頃、母がよく歌ってくれたのを覚えているので……。他の歌を歌ってもらったことはあまりないような気がします。
男性/30代
タイトルLOVE SO SWEET
アーティスト
ドラマの主題歌で母とよく聞きました。
女性/30代
タイトルつぐない
アーティストテレサ・テン
母親がラジオから流れる曲を録音し、一生懸命歌詞を書いて練習していたのがとても印象深いです。母親が歌うのやラジオから流れるのを聞いて、子供の私には難しい歌詞でしたが、歌うと大人になった気分でした。大人になり、カラオケで母親がいれた「つぐない」を、私も歌えるー!と一緒に歌うことが出来て嬉しかったです。また、まわりから、「母より色っぽい声だね!」と。本当に大人になったんだな、と感慨深くもありました。
女性/30代
タイトル秋桜
アーティスト山口百恵
車でお出かけをするのが好きだった母が「ももえちゃんのテープセットしてー」といって私がいつもカセットテープを入れる係りでした。今でもCDで聞いている時はその時を思い出します
女性/30代
タイトル秋桜
アーティスト山口百恵
テレビの懐メロ特集で流れる秋桜を聴くたびに母が涙していました。
「この歌を聴くと亡くなったお母ちゃんを思い出す。」と。
子供ながらにとても心に残り、今では大好きな歌になりました。
女性/20代
タイトル好きにならずにいられない
アーティストエルヴィス・プレスリー
母が亡くなった父と結婚式に使った思い出の曲を私の結婚式の衣装直しで母と退場するときに使いました。
曲が流れる前に母からの手紙があり今でもこの曲が流れると母からの手紙の言葉を思い出します。
女性/40代
タイトルスミレの花
アーティスト宝塚歌劇団
宝塚ファンの母がいつも歌っていた。
男性/30代
タイトル春よ、来い
アーティスト松任谷由実
朝の連ドラの主題歌ということもあり、お母さんは毎日見ていました。僕は高校生で見ることはできませんでしたが、お母さんがいい曲だといつも言っていました。僕もラジオなどから聞いていたのでちょうど2人ともいい曲と言っていたことを思い出しました。
女性/30代
タイトルハッピーサマーウエディング
アーティストモーニング娘。
母子家庭の私が結婚の時の本当両親に向けた曲だが替え歌にしてお母さんに当てはまるように歌ったこと。
女性/20代
タイトル愛を込めて花束を
アーティストSuperfly
母がテレビを見ながら何気無く「いい歌ね」と言ったのが、Superflyの「愛を込めて花束を」でした。

私は、男女の歌かと思っていましたが、母の日に花束を贈ることを考えると、母と子の歌詞に思えてきて、それ以来母の日の曲な気がしていました。

母に花束を贈る理由なんて1つしかないし、大袈裟な花束をいつか贈りたいです!

今年は、お菓子とお花がセットになったものを贈る予定です。
女性/30代
タイトル思い出がいっぱい
アーティストH₂O
母が良い歌だと教えてくれた曲。青春時代を思い出す曲だと。
私が初めてこの曲を聴いたのが中学生の頃。恋に部活に勉強に忙しいながらも、将来にぼんやりとした夢を抱いている自分に歌詞を重ね合わせていました。
今、あの頃の母と同じ年代になり、この曲を聞くと、中学生の自分を懐かしく感じるのと同時に、過ぎ去った青春を思い出し、少し切なく感じます。
男性/40代
タイトル世界にひとつだけの花
アーティストSMAP
素晴らしい歌ですねー。
女性/40代
タイトル心もよう
アーティスト井上陽水
私が小学生の頃、我が家にはステレオやレコードプレーヤーはありませんでした。音楽好きの母が、小さなラジカセを父に内緒で購入し、学校から帰った私たちに録音しておいた音楽を、聴かせてくれるのがとても楽しみでした。ある時、うまく録音できなかった、、でもとても良い曲なのよ、と聴かせてくれたのが、井上陽水さんの心もようです。母の優しいまなざしと、季節の美しさをつづった歌詞が子供心に強烈な印象で残っています。
女性/50代
タイトル関白宣言
アーティストさだまさし
この歌がはやりだしたころ、母が面白い歌ねと言って、レコードを買ってきて、毎日のように聞いていました。私が知っている限り、母が自分でレコードを買ったのは、あれが最初で最後です。今も好きなようで、テレビで流れると嬉しそうに聴いています。
女性/50代
タイトル夜空ノムコウ
アーティストSMAP
16年前、母が心臓病の手術を受けて集中治療室に入っていた時、ずーっとBGMで流れていた曲です。1度だけ意識が戻り「早く帰りたい」と言ってましたが、3週間後には亡くなってしまいました。今だにこの曲を聞くと涙が出てしまいます。
女性/20代
タイトル天城越え
アーティスト石川さゆり
母が石川さゆりが好きで、近くでコンサートがあるということで1人で行くのは…ってことで一緒にきてってことで10代だった私はついていきました!行ってみたらやっぱり私が最年少くらいでしたが、すごく石川さゆりの歌はうまくて知らない歌がほとんどでしたが、寝ずに聞いていられました!お母さんも満足そうだったのでよかったです!
女性/30代
タイトル飛んでイスタンブール
アーティスト庄野真代
幼稚園に連れて行ってもらう際、自転車に乗せられていたのですがその際母が口ずさんでいた歌です。
毎朝その歌を聴いて通園していたので、よく真似をしてわたしも歌っていました。
女性/30代
タイトルHOME
アーティストアンジェラ・アキ
私が結婚して家を初めて出た時を思い出します。母にあいたくなる曲です。
女性/30代
タイトルUFO
アーティストキャンディーズ
母が好きだったので、一緒にUFO!といつも口ずさんでいました。
料理の時、保育園バスの送り迎えのときに印象があります。
女性/20代
タイトル未来へ
アーティストkiroro
大学生時代一人暮らしをしていた時、母が実家から仕送りをしてくれたり色々してくれたにも関わらず、素直にありがとうが言えずにいました。
しかしある時kiroroさんの未来へを、歌詞をまじまじと考えながら聴いた時、実家の母のことが思い出され自然と涙が溢れてきました。
この曲がきっかけで母への感謝の気持ちを再確認しました。
女性/30代
タイトル涙そうそう
アーティスト夏川りみ
特にエピソードというものはないのですが、父が沖縄出身なので自然と涙そうそうは家族で唄える歌になりました。母と歌えるとすれば涙そうそうぐらいではないでしょうか。良い歌です。
女性/40代
タイトル世界に一つだけの花
アーティスト槇原敬之
母はこの歌をなにげに口ずさんでいます。
男性/20代
タイトルバンザイ~好きで良かった~
アーティストウルフルズ
私が幼稚園生かもっと小さかったころのエピソードです。
私は小さいころ、服を着替えるのが苦手でお風呂に入る時などに服を脱ぐのを嫌がっていつもぐずついていました、
そうするといつも母がこの曲をカセットにかけ、「バンザイ」と曲に合わせて私の服を脱がせていました。
この曲が大好きだった私はこの曲がかかってるときは喜んで着替えをしていたみたいです(笑)
男性/30代
タイトル
アーティストミスチル
ウチの娘がまだお腹にいた時、嫁とカラオケで歌う際、この(糸)と言う素晴らしい歌を歌った時、なぜか不思議なことにお腹の中で娘が激しく動いたんです。娘の名前は嫁と相談して、結愛(ゆあ)と言う名前にしました。
なぜ、結愛と付けたかと言うと、この(糸)と言う、歌から名づけました。
歌詞に(縦の糸はあなた、横の糸は私)と言う言葉を、入れたかったからです。