40代
タイトルカラス
アーティスト長渕剛
どこへ行くにも、
車でいつも聴いているから。
60代~
タイトルC調言葉に御用心
アーティストサザンオールスターズ
家族で海水浴に行くときにこの曲を聴くと盛り上がりました。
60代~
タイトルいい日旅立ち
アーティスト山口百恵
娘が東京の大学に進学するとき前日に二人で歌った唄です。
40代
タイトルだんご3兄弟
アーティストけんたろうお兄さんだったかな
上の子に初めて買ったCDです。
30代
タイトル世界に一つだけの花
アーティストSMAP
子供と一緒によく歌ってました。
20代
タイトルアンパンマンマーチ
アーティストドリーミング
誰もがしってるアンパンマン。子供にも大人気。

子供はアンパンマンが純粋に大好きで歌って踊る。
私は歌詞の意味を考え、とても心が感動する。

いつも子供と子供の歌声に笑顔になります。
30代
タイトルどんぐりころころ
アーティスト不明
1歳半頃、まだあまり話せず、話すのが遅いかと心配していた長男。保育園で覚えたどんぐりころころをたどたどしくもあどけない様子で歌っていました。歌の歌詞に合わせた手の振りなどが愛らしく、心配しなくても成長しているんだなあとしみじみと思いました。9歳になった今では、注意してもずーっとお笑いネタをしゃべり続けています。言葉が遅いのかと思い悩んでいたあのころが懐かしいです。
50代
タイトルYa Ya (あの時代を忘れない)
アーティストサザンオールスターズ
子守唄代わりに聴かせると寝つきが良かった曲です。
40代
タイトル世界に一つだけの花
アーティストsmap
一人娘は私に似ておとなしい子で、学校でもあまり積極的ではなかったので、心配が募るばかりだった時、この歌が心に響きました。くしくも、運動会でこの曲に手話?をつけて娘の学年の出し物があったのですが、サビの部分で背が高い方だった娘が真ん中で一人立って振付をするところがあり、緊張しながら口をぎゅっと結んで頑張った姿に歌詞がリンクして、涙がこぼれました。娘も今は二十歳になりました。
30代
タイトルZ女伝説
アーティストももいろクローバーZ
何故か私が歌っているとノリノリで手拍子をし始め、最後にZ!って絶叫。アイドル好きに育つのだろうか。そんな息子はただいま二歳。
60代~
タイトルもしもしかめよ
アーティストすいませんちょっと分からないです。
小さい頃うちの子が好きで、よくカセットテープを流していたのを思い出します。
私も歩みは遅いですが、着実にコツコツと前に進む亀のような生き方が好きですし、子どもにもそうやって日々前に進んでもらいたいのでいい曲だと思います。
30代
タイトルドキドキ一年生
アーティスト子供達のコーラス
幼稚園の卒園式で息子たちが一生懸命歌っていたのが印象的で私も感動して涙しました。とても楽しい歌です。
50代
タイトルだんご3兄弟
アーティスト速水けんたろう、茂森あゆみ
どこの団子屋でもかかっていて、2人で笑いあった。
40代
タイトル負けないで
アーティストZARD
子供が小学校の時、運動会で使われた歌です。口ずさみながら練習していて一緒に歌ったのを思い出します。
60代~
タイトル夏の思い出
アーティスト島谷ひとみ
20年近く前のこと。夫婦と娘二人で尾瀬に行った時のことです。かなりの距離を歩いたので娘たちが疲れてしまい、やむなく夫婦で一人ずつおんぶして帰ってきました。その時に口ずさんだ曲が「夏の思い出」です。遥か遠い昔の出来事ですが、夏が来る度に思い出す想い出ソングです。
50代
タイトルガッチャマン
アーティスト佐々木功
ドライブの定番。
40代
タイトルだんご3兄弟
アーティスト速水けんたろう 茂森あゆみ
息子が初めて買ったシングルCDです。ずっとだんごだんご♪とうたって踊ってたのが懐かしいです。
40代
タイトルさんぽ
アーティスト井上あずみ
娘が幼稚園の年少さんにいた頃、スーパーへ歩いて買い物に行った帰りによく歌っていました。行きは楽しみにしているので元気なんですが、帰りは疲れしまう娘。それを励ますために一緒に「さんぽ」を歌い、なんとか帰宅できていました。当時は車も持ってなかったし、荷物で手がふさがっていて抱っこもしてあげられなかったんですが、この歌のおかげで娘が元気になれる魔法の歌です。
20代
タイトルLet It Go
アーティスト松たか子
子供が初めて歌った思い出の曲です。まだ3歳前の女の子ですが、この歌をオリジナルの振り付けで踊りながら歌う姿をみていると、ディズニーの曲は年齢関係なく、だれでも楽しめる曲なんだと再認識させられます。今年4月には妹が生まれたので、数年後には映画の姉妹のように二人で歌う姿が今から目に浮かびます。
60代~
タイトルおよげたいやきくん
アーティスト子門真人
子供が幼いころよく聞いた。
40代
タイトル負けないで
アーティストZARD
テレビのアニメの主題歌でした。息子と一緒に歌いました。
50代
タイトルLOVE LOVE LOVE
アーティストDREAMS COME TRUE
今三十路を済んだ娘が高校生に入り難病とわかり悩んでいたころ
娘からこれ素敵な曲だよ!って聞かされ初めてドリカムの存在を知った瞬間でした。
きっと娘の病気を心配している私の気持ちを和らげてくれたんでしょうね。
自分も辛いのに!
30代
タイトル世界に一つだけの花
アーティストSMAP
子供と一緒にカラオケで歌いました。
50代
タイトル大きな古時計
アーティスト平井堅
夜鳴きがひどかったときにいつも歌っていました。
50代
タイトル夢であるように(Tales of destiny)
アーティストディーン
子どもが小さい頃、実家に車で帰るとき、よく一緒に歌った歌です。こどもたち(小学生と幼稚園児)が主人のやっていたゲームを見よう見まねで覚えてたらしく、その歌を車の中で合唱しました。
60代~
タイトル負けないで
アーティストZARD
小学校の頃吹奏楽部だった娘が、一生懸命練習していた。
30代
タイトル切手のないおくりもの
アーティスト財津和夫
初めての出産後、泣いてばかりの娘をあやす毎日。母もこうして育ててくれたんだなあと感謝の気持ちを改めて感じながら、いつもこの歌を歌ってました。
とても素敵な歌詞だと思います。
夫も気に入って覚えて歌ってくれていました。
40代
タイトル世界がひとつになるまで
アーティストNHKアニメ「忍たま乱太郎」エンディングテーマ
5歳の長女が、今年2月幼稚園の音楽会の時ピアニカで演奏した曲です。聞いたことがなかったので、幼稚園からのお便りで曲名を知り、図書館からCDを借りて聞きました。幼稚園では他にも何曲も歌ったりはしているようですが、音楽会の前に毎日練習したこともあり、娘はこの曲が好きだと言い、今でも時々歌ったり、CDやYOUTubeで聞きたいとリクエストしてきます。
30代
タイトル花は咲く
アーティスト花は咲くプロジェクト
子供が幼稚園の年長の音楽発表会で、クラスみんなで手話付きでこの歌を舞台で披露していて、一生懸命手話も覚えたんだなと、とても感動しました!!
30代
タイトルゆりかごの歌
アーティスト童謡
二番目の子は、ほんとに寝ない子で、手こずりました。どの童謡を歌っても、あまり効果はなかったのですが、この歌だけは、寝なくても大人しくしてくれました。そのうち、上の子も覚えて一緒に歌ってくれるようになり、大きくなった今では、三番目に歌って聞かせてくれる頼もしいお兄ちゃんになりました。
50代
タイトルだんご3兄弟
アーティスト速水けんたろう&茂森あゆみ
この歌を初めて聴いた時の衝撃は今も忘れません。まさに我が家をテーマにした歌詞!3人の息子は当時6歳、8歳、10歳。同じように育てたつもりなのに性格も顔も違っている息子たちに「あんこ、醤油、ゴマ‥‥3人みんな違っているけど、お母さんはどの味のお団子も大好きだよ」と話したものです。あれから16年。3つの団子はそれぞれ串を離れてしまいましたが、元気で暮らしていることが私の一番の幸せです。



50代
タイトル愛は勝つ
アーティストKAN
就職活動で幼い頃からの夢だった航空業界を目指していた娘。
1社、2社と不合格通知が届き、最後に残った本命の航空会社の採用試験に臨みながら、「ここがダメなら、私の夢はこれまで・・」と半ば諦め気味の娘に、励ます意味で私が歌ったのがこの歌でした。今では客室乗務員として、娘は頑張っています。
30代
タイトル世界に1つだけの花
アーティストSMAP
運動会のかけっこ一番になれなくて悔しがってた息子にこの唄を聴かせてなだめました。
30代
タイトル世界に一つだけの花
アーティストSMAP
こどもがこの歌が大好きで、いまでもよく一緒に口ずさんでいます。この歌を聴いたり、歌うと元気がでてきます!!!
50代
タイトル世界に一つだけの花
アーティストSMAP
卒業式での歌で感動したことが今でも思い出されます。
60代~
タイトルありがとう
アーティスト小金沢 昇司
演歌なんて全く聞かない娘が、「この曲、歌詞もメロディーもすごくいいね!!」と言った唯一の曲です。私もこの曲が大好きなので、とても嬉しかったことを覚えています。
50代
タイトル世界にひとつだけの花
アーティストSMAP
昨年社会人になった息子。勤務地である東京へ出発の日、見送ったあと、息子の部屋に行ってみると、机の上には4通の手紙が置いてありました。宛名は、主人、主人の母)、私の母、私でした。私宛の手紙をそっと開けてみると、今まで育ててくれてありがとうということと、自分が出ていった後の私の健康のことも心配してくれてどっと涙が溢れてきました。手渡すのが恥ずかしくて机に置いたのでしょう。息子らしいと思いました。
50代
タイトルぞうさん
アーティスト不明
子供と一緒によく歌っていました。
20代
タイトル誕生日
アーティスト熊木 杏里
この曲は優しい歌で子どもが生まれたという感じが凄くし、今でもその時を思い出すような曲です!
30代
タイトルさくらんぼ
アーティスト大塚愛
幼いころ、子供が車の中でうれしそうにうたっていた。
40代
タイトル栄光の架け橋
アーティストゆず
3歳から水泳を頑張っている中学3年の息子に、全国大会出場を目標にとこの曲をプレゼントしました。レースの前にいつも聴いて気持ちを高めているようです!これからも頑張ってほしいです!
40代
タイトルライオンハート
アーティストスマップ
息子が生まれて間もないころ、妻がこの歌をよく口ずさんでいました。最近、テレビでこの歌を聞いたとき、妻は昔を思い出して懐かしそうにしていました。ただ、隣にいた大学生の息子は全くの無関心でした…。
50代
タイトル栄光のかけはし
アーティストゆず
子供の小学校6年の音楽会で合唱しました、聞いていて子供の成長に涙がこぼれてきました。
40代
タイトルWAになって踊ろう
アーティストV6
娘たちが小学生の頃流行った曲で、学校の運動会などでもBGMで流れたり子どもたちに身近な曲でした。夕ご飯作りながら口ずさむと子どもたちも一緒に歌ってました。今 娘は20歳、この曲を聴くとあの頃が懐かしく思い出されます。
20代
タイトル思い出がいっぱい
アーティストH2O
卒業シーズンに使用して30歳になってもカラオケで歌い思い出して泣いてしまいそうになります。
50代
タイトルあんぱんマンのテーマ
アーティストドリーミング
テレビを見ながら子供が歌っていましたね。その子が今はお父さんになりました。孫も歌うのでしょうね。
60代~
タイトルこの広い野原いっぱい
アーティスト森山良子
二人の息子が赤ん坊のころ、寝かせるときになぜなのかは覚えていませんが、この歌を歌っていました。
50代
タイトル誕生日
アーティスト熊木杏里
関西の情報番組で、その日に産まれた赤ちゃんとお母さん、そして2人を囲むあたたかな家族が映る大好きなコーナー。
そこに流れる熊木杏里さんの誕生日。
優しい歌声と歌詞。
TVで映る出産したお母さんと可愛い赤ちゃんを見ると
私もこんな小さかった子をここまで育てたんだなと、懐かしく思います。

50代
タイトルおよげ!たいやきくん!
アーティスト子門正人
よく、小さきときに一緒に歌った。
60代~
タイトルよろこびのうた
アーティスト小見山葉子
下の子の卒園式で聞いた歌で、かわいい声の子供たちの健気さと我が子の成長に涙したものです。
30代
タイトル思い出がいっぱい
アーティストH2O
小学校の卒業式で一緒に歌いました。
40代
タイトル僕らは愛の花咲かそう
アーティストV6
運動会でいっしょに踊った。
30代
タイトルもりのくまさん
アーティストなし
この歌が一番喜んでくれるので一緒に歌ってって楽しいです
40代
タイトル未来へ
アーティストkiroro
娘が小学生の時、学校の合唱で伴奏を引き受けた。家で何度も練習で一緒に歌って気持ちよかった。ほかにもいろいろうたったが、この曲が一番の思い出です。
50代
タイトル夜空ノムコウ
アーティストSMAP
娘2人が思春期の頃。会話も少なくなる中「夜空ノムコウ」をアカペラを歌って心通わせていた事。パートを変えたり、このハーモニーのバランスをもう少し美しく!エンディングは~♫音楽なんて親子のハーモニーを楽しんでいました♡モヤモヤした気持ちを、夜空ノムコウのな歌詞に救われていたのかも。
50代
タイトルやぎさん ゆうびん
アーティストいろいろ(作者はまどみちおさん)
お手紙を食べてしまって、「ご用は何?」が、白ヤギさんと黒ヤギさんの間で延々と続く歌。だから、私も、終わることなく、毎晩延々と歌い続けていました。そのエンドレスさに、子供は、笑いながら、いつのまにか眠ってしまう毎日でした。
40代
タイトル晴れたらいいね
アーティストドリームカムトゥルゥー
子供が幼稚園、小学生のころよく二人で口ずさんでいた大好きな曲です。
遠足の前や運動会、参観日…いろいろな行事があるたびに明日晴れるといいなぁ・・ってこの曲で晴れをお祈りしていた思い出があります。
おかげでずーっといいお天気の楽しい思い出ができました。
今では新社会人になり、毎日頑張っている娘。
この先いろいろなことがあるけれどいつも心は晴れて楽しく毎日を過ごせますように・・。
60代~
タイトル負けないで
アーティストザード
 長男が児童ホームで流行っていると歌ってくれました。そして一緒にCDを買いに行きました。それが初めてのCDでした。
60代~
タイトル秋桜
アーティスト山口百恵
自分の結婚式の花束贈呈で使用した曲を娘が結婚式で同じように流してくれた。
40代
タイトルそれが大事
アーティスト大事MANブラザーズバンド
長女が病弱で病名も解らず何年も経過!その後筋生検の結果難病と発覚しました!小学校から皆と体が違うので好奇な視線を浴び続けて来た娘ですがよく頑張りました。幾度となく親子で涙流してたなぁ~そんな時はいつも「それが大事」を2人で歌って乗り越えて来たんです!心が負けては乗り越えて行けないと実感しました。地元の中学へ入学しましたが、やはり体が皆と追いつけなく支援学校へ転校しました。思い出の曲です「
40代
タイトルbutterfly
アーティスト木村カエラ
子供が産まれてから大変なことがたくさんあったけど、いつもいつの間にか♪butterfly今日はいままでのどんな時より素晴らしい♪と歌っていた。娘が一番最初に覚えた歌謡曲になった。
名前は出さないで匿名希望です。
20代
タイトルぞうさん
アーティスト民謡
生後10ヶ月の我が子。車で大泣きし出した時、ぞうさんを大声で歌うと泣き止みます。
30代
タイトルゆりかごのうた
アーティストわからない
なかなか寝てくれない泣き止んでくれない第一子のために
何度も何度も繰り返し歌って歩き回りました。
40代
タイトルFight Together
アーティスト安室奈美恵
ADHDを持つ長男が幼稚園のお遊戯会で頑張って踊った曲。号泣しながらビデオ撮影した想い出です。
20代
タイトルそれいけ!アンパンマン
アーティストドリーミング?(わかりません。)
今は5歳の息子ですが、とにかくアンパンマンを二人で歌いました。リピートリピートで面倒くさくなるほど(笑)
でも今では友達と遊んでくるわ~と歌なんて歌いもしない…あの頃が懐かしいです。
30代
タイトル世界に一つだけの花
アーティストSMAP
妊娠中によくきいていました。つわりで辛いときもこれを聞いて乗り越えました。
30代
タイトルぞうさんとくものす
アーティストどりーむサラダ
なかなか数字や言葉を覚えなかった我が子が私の口ずさんだ曲に合わせて1個2個とぬいぐるみを並べていました。
母は歌を歌い、子供はそれに合わせて数を覚えるという作業が出来この歌のおかげで楽しく数を覚えることが出来ました。
40代
タイトルHello, Again ~昔からある場所~
アーティストMy Little Lover
娘が中学の文化祭で弾き語りで歌った曲です。文化祭の役員で毎日忙しくしていた事もあって、イライラしてた時に口論になり話さないまま当日を迎える事になりました。バンドをやるとだけ聞いていたので、幕が上がってピアノで弾き語りで歌う娘を見てびっくりしました。家でピアノの練習をしてる姿をみていなかったのと、人前で歌う子だとは思っていなかったので余計に驚きました。歌う娘の姿に感動してウルっときてしまいました。
30代
タイトル未来へ
アーティストKiroro
保育園の卒園式の日、母親たちが子供たちへ宛てた歌です。まだ座ることもままならないうちから通い続けた保育園。今日は大事なプレゼンの日、そんな日に限って熱を出したり…。親子で手を取りつつ、一緒に育った6年間でした。未来へを歌いながら、大きく逞しくなってきた我が子の顔を見ると、とても誇らしく、嬉しく思いました。そんな娘も小学6年生になりました。これからも一緒に未来へ向けて歩みたいです。
50代
タイトル長崎は今日も雨だった
アーティストクールファイブ
母が台所でよく歌っていて私も覚えた曲です。
40代
タイトルさっちゃん
アーティスト童謡なので、わかりません
さっちゃんのところに、自分のなまえ、友達の名前などいれて歌ってくれた。
30代
タイトルStory of My Life
アーティストOne Direction
受験の時に携帯のCMでかかっていて、その時期子供がよく聞いていて、たった3年で人生は変わるというキャッチコピーとマッチしていてこの曲をあたしが子供を励ますために送ったら同じ日に旦那も送っていて、家族でこの曲と共に受験シーズンを過ごしました。
40代
タイトルゼロ
アーティストBUMP OF CHICKEN
子供との共通の大好きなアーティストになりました。
40代
タイトルゆりかごのうた
アーティストどうよう
このうたきくと、こどもがわらいます。声はださずにほほえみます。
60代~
タイトルぞうさん
アーティストわかりません
今は32才になる娘が小さい頃、「ぞうさんの歌を唄って」と飽きもせず毎日一緒に歌っていたいました。今も耳にするとそのころの娘が思い出されてなつかしいです。
40代
タイトル忍たま乱太郎のテーマ曲
アーティストヒカルゲンジ
娘が二人とも、歌詞の中の頑張るしかないさの部分を、なぜか、だいきるしかないさと歌っていました。可愛かったです、あの頃は。涙。
40代
タイトルベストフレンド
アーティストKiroro
体操クラブの最後の日、体操の先生から「みんなに挨拶をどうぞ」と言われ、娘は「歌います」とKiroroのベストフレンドを歌いました。思いもよらない事に驚いた私ですが、一所懸命に体操クラブのお友達に向けて歌っている娘が、とっても可愛く思えました。
50代
タイトルアンパンマンのマーチ
アーティストドリーミング
娘が保育園に通っていた頃、大好きで、園からの帰り道に手をつないで歩きながら歌っていました。その娘も今年大学生になり、今でもテレビでアンパンマンを見かけると懐かしいです。
40代
タイトルLOVEマシーン
アーティストモーニング娘
娘が小さいころ、テレビを見ながらノリノリでダンスしてる後ろ姿がいまだに目に焼き付いてます。
そんな娘も女子高校生になり、あの頃の面影は全くなくなってしまいました。
50代
タイトルガッツだぜ!
アーティストウルフルズ
落ち込んだり、元気が出ないときの私の1番ソングです。よく一人で聴いていました。ある日娘の三者面談の帰りに、道を歩いていたら娘が急に歌いだしました。元気が出ないときはこれだよね~って笑いながら。だよね、だよねって私も笑って、久しぶりにもう中学生の娘と手をつないで帰りました。いつのまにか、娘にも1番ソングになってたんですね。
30代
タイトル夢をあきらめないで
アーティスト岡村孝子
私の小さい頃からの夢だったオリンピックの聖火ランナー。子供が生まれる前の年に叶いました。夢ってあきらめず努力し続けていれば何年何十年かかっても叶うんだって実感し、また夢が叶う喜びを味わうことができました。子供にも夢をもって叶喜びを味わえるといいなとの思いで名前に夢を入れました。昔から大好きだった夢をあきらめないで。今は子供と一緒に口ずさんで夢をまた二人で追っています。
50代
タイトル赤いすぃとぴー
アーティスト松田聖子
テレビで何回も見ていたら、すっかり、マイクを持って二人で大きな声で歌ってました。子どもと歌えて嬉しい曲です。
40代
タイトル世界に一つだけの花
アーティストSMAP
子供がうまれたのは、2003年4月でした。右足の先天性内反足と告げられました。小さなあしにギブスが巻かれていました。最悪6か月になったら手術が必要と言われていました。同じころに出産された赤ちゃんは異常がないのに私の子だけと思うと泣いてばかりいました。娘の力が良かったのか、ギブスは1月で外せるようになりました。そんな頃流行った歌が「世界に一つだけの花」でした。悲しいとこの歌って負けない母になりました
60代~
タイトル負けないで
アーティストZARD
人生の曲がり角で右往左往し、スゴく辛かった時娘と二人「負けないで」を口ずさみ、なみだを流し乍深川から築地、銀座をさ迷いあるいた。悲しい思い出です。
30代
タイトル故郷
アーティスト唱歌
娘が1・2歳の頃まで、なぜかこの歌を子守歌として私は歌っていました。私は大学生の頃に故郷を離れ関東で一人暮らしをして初めて、この歌の歌詞を身を持って実感し、それ以来聴く度にジーンとします。娘もいずれ親元を離れるでしょう。その時にきっと、同じような気持ちを持つんだろうなぁと、今からウルウルします。
50代
タイトル家族になろうよ
アーティスト福山雅治
先日長男の結婚式の最後の時に流れ、感無量になりました。
50代
タイトル思い出のアルバム
アーティスト大橋のぞみ、芹洋子、ひばり合唱団など
娘や息子が、幼稚園児だった頃が、まるで昨日の事のように思い出されます。
そういえば一度、寝坊したと勘違いをし、やいのやいのと登校と登園の準備をさせ、
暫くして日曜日だったことに気づいて…ホットするやら、ブーブー言われるやら。
出かける前で良かったぁって…笑える思い出です。
40代
タイトル未来へ
アーティストKIRORO
子どもの小学校の卒業式に流れた曲です。今でもこの曲を聴くと子どもと過ごした色んな思い出がよみがえります。去年カナダに留学し、今年は成人式を迎えました。我が子ながら本当に良く頑張ってきたな、と思います。これからの人生の想い出もこの曲に載せて過ぎていくんだろうなぁ~と思います。
40代
タイトル虹のむこうに
アーティスト茂森あゆみ 速水けんたろう
息子がまだ幼い頃、夕方よくたそがれ泣きをしていました。お母さんといっしょの番組でこの曲を聴いて一緒に歌うと不思議と泣き止んで機嫌がよくなって、私も元気が出ました。
今でもこの曲を聴くと、懐かしくて嬉しくなります。
60代~
タイトル想いでのアルバム
アーティスト不明
娘な卒園式に流れてたし 合唱をしていた なぜか歌うと涙で歌えなくなります。 親にとって 『よく頑張りました。』の歌かもしれませんそう思うのは私だけでしょうか
30代
タイトル子供の小学校の校歌
アーティストなし
歌が苦手な娘ですが、校歌だけは得意なようで
お風呂で一緒に歌っています。
おかげで、私も校歌をフルコーラス歌えるようになりました。
50代
タイトル負けないで
アーティストZARD
子供がよく口ずさんでいた。
50代
タイトルライオンハート
アーティストSMAP
私がこの曲が好きで、娘が産まれる前からお腹に向かって聞かせていて、生まれてからもずっと一緒に口ずさむようになり、娘と歌っているときはとても幸せな気持ちになります。
50代
タイトル私だけの天使~Angel~
アーティスト松田聖子
現在19歳の長男が幼稚園に通っている時に とても気にいり
繰り返し 繰り返し歌っていた曲です
今でも この曲を聞くと 当時の幼かった息子の歌っている顔が浮かび
幸せな気持ちになります
40代
タイトル花霞
アーティスト中島美嘉
子供が、よくこの曲を口ずさみ
初めて子供とカラオケで一緒に歌った曲。

私的に、元気になる曲になってしまいました。
30代
タイトル結んでひらいて
アーティスト由紀さおり
小さな頃 毎日 寝る前に歌っていたら ある日 うるさい と言われた
40代
タイトルだんご三兄弟
アーティスト速水けんたろう、茂森あゆみ
ユーミンの大ファンです。子どもは薦めてもあまり聴く機会がなかったの
ですが、アニメ映画の主題歌になったこの曲は気に入ったようで、映画を
観たあと、よく一緒に口ずさみました。
30代
タイトルいとまきのうた
アーティスト不明
子供がSPEEDの大ファンで、特にこの曲が好きで、よくコンサートのも行きましたし、2人でのど自慢大会に出て、振り付けも練習して この曲を歌い、優秀賞をいただいたことが、思い出深いです。
30代
タイトルシャボン玉
アーティストまどみちお
次女に「お母さんとの思い出の曲って何?」って聞いたら、徳永英明!って言われました。英語に行く時、いつも車でかかってた。って、確かにそうでした。小学生低学年なのによく憶えてるなぁ。って、関心しました。
50代
タイトルドラゴンボールZ CHA-LA HEAD-CHA-LA
アーティスト影山ヒロノブ
子供が口ずさむ歌詞の中に、やなせさんの人生哲学がさりげなく盛り込まれていて、親のほうが勇気をもらった。
50代
タイトルはたらくくるま
アーティストのこいのこ
お二人の童謡を歌うコンサートに 親子で 聴きに行き いろいろな歌を 楽しんだ思い出。
50代
タイトル明日への扉
アーティスト川嶋あい
弧殿の中学の卒業式に校長先生が祝辞で話をしてくれて、その歌が好きになった
20代
タイトル星のフラメンコ
アーティスト西郷輝彦
結婚式のエンディングロールに使用してよかったから。
30代
タイトル表裏一体
アーティストゆず
子供といつも歌っていました。歌詞メロディも素敵です。
50代
タイトル手足
アーティストさねよしいさ子
娘が小さい頃、邦楽ではチューリップばかり聴いていました。いつしか娘も覚えて一緒に歌うようになったのが心の旅。ずっと一緒にいようねと思いながら成長を見守ってきた曲です。今では結婚して遠い横浜にいますが、近い将来、一緒に住めるようにと言ってくれる娘夫婦です。感謝しながらこの歌を思い出して口ずさんでいます。
20代
タイトルおかあさん
アーティスト童謡 田中ナナ 中田喜直
色々歌はありますが、娘もピンクレディーを聞き、共感でき、ダンスもでき一緒に楽しめました。また、学校の行事でも男子には最初は乗り気ではなかったみたいでしたがクラスで、盛り上がりいい思い出になったようで嬉しかったです。
60代~
タイトルぞうさん
アーティストわからない
子の時代に夕闇近くまで赤トンボを追いかけ回した懐かしい想い出。
40代
タイトルライオンハート
アーティストSMAP
寝かしつけるとき何千回とこの歌を歌ったことか(^∇^)
まだお話の出来ない赤ちゃんと、会話ができてるかのように、ずっと歌った思い出の歌です。
40代
タイトル日曜日よりの使者
アーティストTHE HIGH-LOWS
娘も年頃になり私が聞いていたこの曲の意味が解るようになったみたいで娘も好きになり、一緒にカラオケで歌います!!
-
タイトル子守歌
アーティストブラームス
私が大好きなAAAさんのライブ映像を見ていたときに双子の娘もこの曲を好きになり、AAAさんのことも大好きになりました。この曲がキッカケで、今度AAAさんのライブに娘と3人で行きます^^この曲はライブの定番曲なので、子供たちといい想い出を作ってきたいと思います!!
50代
タイトルやさしさに包まれたなら
アーティスト荒井由実
日本昔ばなしを毎週楽しみにしていた娘、エンディングのこの曲でいつも、でんぐり返しをしていました。
40代
タイトルホワイト ラブ
アーティストSPEED
いろいろ家庭内がゴタゴタした頃娘と二人「負けないで」を唄い乍、新富町~築地~銀座を歩いてポロポロなきました。
50代
タイトル夢を信じて
アーティスト徳永英明
末っ子の名前は、歩くに歌と書いて
ホノカといいます。

となりのトトロのさんぽの歌のように

元気に前向きに進んで欲しいという願いから
ホノカとつけました。
娘とも2歳前から、さんぽを歌いながら、手を繋ぎ散歩しました。
誰でも元気に前向きになる、この歌は私達親子のテーマソングです!
50代
タイトルアンパンマンのテーマソング
アーティスト不明
娘の結婚式のときに娘と婿が私たちに歌ってくれました。子供の頃から身体が弱くて成長も遅かった娘。いつまでも子供だと思っていたらいつの間にか大人になっていたのだと思いました。素敵な結婚生活を送ってほしい。
60代~
タイトルみかんの花咲く丘
アーティスト由紀さおり 安田祥子
娘と二人で嵐のコンサートに行って、感動した曲。
50代
タイトル拝啓手紙15の君へ
アーティストアンジェラアキ
離婚して、疲れきっていた時に子供達がプレゼントしてくれたCDがこの曲でした。
50代
タイトル
アーティストバンク・バンク
長男がまだ、1歳前後の時に 私が ぞうさんの唄を歌うと 長男が鼻歌のように 私の後を追いかけるように歌っていた。この子は天才?と親バカでしたが おもいましたねぇ(^^)
その長男も もう26歳 去年 お父さんになりました。時日が経つのは速いなぁ~と思うこの頃です。
50代
タイトルぞうさん
アーティスト特になし
次女がお腹にいる時から大好きでよく聴いたり口ずさんだこの曲。少し大きくなった頃、テレビで流れていたこの曲に嬉しそうに反応していてびっくり!その後も「ママ~、私これ知ってるのよ♡」と何度も言っていました!昨年初めて二人でSMAPのコンサートへ行き、思いっきりこの歌を歌ってきましたよ。
50代
タイトル心の旅
アーティストチューリップ
子供が幼稚園児のとき、もしもしをよしよしと歌っていました。
40代
タイトルUFO
アーティストピンクレディー
娘が年中さんの時、幼稚園から「宇治川桜まつり」の催しに出させて頂いた時に人生初、人前でお友だちと踊った曲です。大きなお花のアップリケのついたお揃えのミニスカートがおませな歌詞と反して可愛かったです。
60代~
タイトル赤トンボ
アーティスト不明
3人の息子と長時間の車での帰省時に、実家までもうすぐという時にみんなで大声で歌い、歌い終わる頃に到着するのを楽しみにしていました。
30代
タイトルおかあさん
アーティスト童謡
子供が幼稚園の頃、毎週病院通いをしていて大変だなと思いがちな時、いつも病院に向かう車の中で明日があるを聞いた思い出が残っています。
30代
タイトル「さよなら」
アーティストオフコース
二人の息子は年が離れているため、長男の子育てが大変で、おかあさんと一緒 を見て、外に遊びに行ってました。 レコードも買いました
子育てって、あとから考えるとあっと言う間なのに、わからないことだらけでした。
その分、次男は余裕の子育てで、とっても楽しめました
20代
タイトルwinter lander
アーティストAAA
子供の名前に変えて子守唄にしていました。
今は孫の名前に変えてまた歌っています。
幸せです。
60代~
タイトルにんげんていいな
アーティスト中島義実 ヤングフレッシュ
息子の結婚式で歌いました。
60代~
タイトル負けないで
アーティストZARD
長女の断乳の時、おっぱいがなくて寝れなくて泣く娘をおんぶしながら、この歌を歌って寝かしつけしました。
卒乳後も娘はしばらくこの歌を聞くと寂しい思いが蘇るのか泣きそうになってましたが、今はすっかりそんなことも忘れてしまっている様子。でも私はこの歌を聴くと赤ちゃんの頃の娘を思い出します。
40代
タイトルさんぽ
アーティストとなりのトトロの主題歌
なぜ昔話の歌をよく歌ってたかというのは、両親からラジカセを購入してもらい
娘と一緒にテレビを観て振り付けや寝る前に子守唄がわりに歌を楽しんだ記憶が今でもすぐに思い出されます。今の時代このように子供と一緒にテレビを楽しむ時間がなくなってきた印象を受けるのでこれからは絆をもっと大切にしていきたいという思いからリクエストしました。
60代~
タイトルいい日旅立ち
アーティスト山口百恵
主人と初めて出会った時に歌ってくれた歌を、中学校卒業作品のオルゴールに子供が同じ曲を選びました。子供が二歳の時に離婚して一度も主人には会っていませんし、この曲は私の中で封印していました。子供の年代では、この曲を知らないらしくどうしてこの曲を選んだのかと聞かれて、一番好きな歌だからと答えたそうです。子供からオルゴールをプレゼントされて嬉しい反面少し辛いですが、毎日子供と聴いています。
40代
タイトルギフト
アーティスト
サッカーの卒団式で親子みんなで歌いました。少ない人数でしたが出会った奇跡、頑張ってきた軌跡、沢山の思い出を写真とともにふりかえりました。
60代~
タイトル未来へ
アーティストKiroro
私が高校生の頃すごく好きで聞いて歌っていた曲をよく、車で聞いていました。
娘が8歳になったころ、車でラジオを聴いてる時にたまたまこの曲が流れたら、娘も口ずさんでいてびっくりしました!
よく車で聞いでだから私歌えるよぉ~!と自慢気に歌ってくれ、私の青春そのものの曲を娘が歌ってくれるってことにとっても感動しました!
50代
タイトルぞうさん
アーティストわからない
子供と一緒に初めて舞台の上で歌った歌だからです。
40代
タイトル世界に一つだけの花
アーティストSMAP
今はもう21歳の娘の幼稚園年長さんのときの最後の発表会で手話つきでこの歌を歌ってくれました。とても感動して家でもしょっちゅう歌ってもらっていました。今でも思い出したらあのときのこどもの成長に感動した気持ちがよみがえり涙があふれます
50代
タイトルもしもしかめよ
アーティストわからない
当時映画でリバイバルで流行り、子が口ずさんでいる姿を見て、童謡以外も歌えるだけ大きくなったのだなとジーンときました
50代
タイトルルージュの伝言
アーティスト松任谷由実
結婚してすぐに長女が産まれました。マンションの6階に住んでいた当時、毎日ベランダで長女を抱っこしてこの歌を歌いながらあやし、出勤する主人を見送っていました。2番あるこの歌を2回歌うと、いつも娘は気持ちよさそうに眠りました。歩くようになると、近くの公園のブランコでゆらゆら揺れながらこの歌を歌いました。保育園の送り迎えの車中でもいつもこの歌を歌っていました。娘はいつの間にかこの歌が大好きになりました。
50代
タイトルへんなABC
アーティスト一條みゆ希
ただいま7ヶ月の娘の出産。
分娩室での猛烈な痛みの中、なぜか頭の中では「負けないで」がグルグル。
娘も苦しさに負けず元気に生まれてきてくれました。
長い人生、負けずに幸せに生きて欲しい!
40代
タイトル明日がある
アーティストウルフルズ
子どもの学校での発表会にこの曲を手話付きで合唱してくれた。涙がこぼれました。
50代
タイトルだんご3兄弟
アーティストNHK 歌のお兄さん お姉さん たぶん速水けんたろうさん
今は大人になった息子達3人。この曲が流行った頃、うちの子供達の事だなあと思いながら歌ってました。大きくなった今はそれぞれがそれぞれの人生を歩んでいます。でも、心はいつまでもだんご三兄弟であってほしいと願う母です。
50代
タイトルさっちゃん
アーティスト不明
ちょうど子育て中で、ZARDさんの
アルバムを聞いていたら、娘がスローな
メロディに乗せて、体を揺らして
いました。子育てに疲れていた際の
ふとした出来事だったので、娘の笑顔を
見ると疲れも吹っ飛んでしまい、
これからも子育てを頑張ろうと思い、
とても活力になりました!
60代~
タイトル未来へ
アーティストKiroro
大学まで福岡の自宅から通学していた娘が横浜の小学校の教諭になる事になり、家族で引っ越しの日に飛行機で東京に向かいました。当時ドラマの主題歌でこの曲が流行っていて、ふたりとも大好きな曲でした。行きの機内のラジオからその曲が流れ、私は隣に座っていた娘と窓の外の雲ひとつない青空が忘れられず、帰りの機内でまたこの曲が流れた時涙が止まらず困りました。そして3年後娘は結婚式でこの曲を流し花束をくれました。
30代
タイトルゆりかごのうた
アーティスト童謡
息子が小さい頃、トトロのビデオが大好きで、毎日観ては一緒に歌っていました。
この曲を聞くと、息子の無邪気な笑顔が今でも思い出されます。
毎日毎日同じビデオの同じシーンで笑い、驚き、心配する息子に、よく飽きないなーと半ばうんざり呆れながら付き合っていた時間が、実は宝物のような時間だったと、息子が成長し母離れされて気が付きました。懐かしく、大切な記憶と重なる想い出の歌です。
60代~
タイトルにんげんっていいな
アーティスト少年少女合唱隊
あこがれのスターで、車のCDで、よく聴いていたので、娘も知っていて

音楽関係の学校の先生によく知ってるなと関心されたみたいです。

外国のカバー曲というのは私自身知らなかったです。
40代
タイトル浪漫飛行
アーティスト米米CLBU
幼稚園の卒園式にうたった。小さいながらもしっかり歌ってて、感動した
40代
タイトル奇跡
アーティストグリーン
子供が赤ちゃんの頃必ず歌ってました。それでもなかなか寝ないので何度もリピート。ちゃんと歌詞を覚えていないのでハミングで歌ってました。もうその子も10歳。まだまだ私がいないと寝ないと言いますが、数分で寝てしまいます。楽になりまた寂しくもなりました。
30代
タイトルOver drive
アーティストジュディーアンドマリー
訳あって中学生になったばかりの娘と二人きりの生活を始めた頃、不安だらけの毎日でしたが、この曲を二人でよくシャウトして気持ちを切り替えていたように思います。本当にありがとうございました。
30代
タイトル世界に1つだけの花
アーティストSMAP
Kiroroの未来へという曲は、もともと好きな曲でよく知っていましたが、娘が幼稚園の卒園式で一生懸命歌ってくれてからさらに忘れられない曲となりました。幼稚園生には難しそうでしたが、涙を浮かべて皆大きな口を開けて保護者へ見事大合唱を披露してくれたのです。今でもこの曲は私と娘の大好きな曲です。
40代
タイトル切手のないおくりもの
アーティスト財津かずお
娘から母の日に送られたCDで、子供の頃からのことが思い出され涙した曲
50代
タイトルやさしさに包まれたなら
アーティスト荒井由実
子供が勉強している時に、ラジオで流れていたので二人でなんとかく口ずさみながらやっていて、何度も耳にしていたので楽しく歌ったりしていました。
50代
タイトルもう恋なんてしない
アーティスト槇原敬之
テレビに出る度に子供たちが歌っていた。微笑ましく見ていた
30代
タイトル負けないで
アーティストZARD
知り合いの結婚式で子供と二人で歌いました。なかなかの出来で歌えたのでメインの二人より目立っていました。気持ちよかった!!
40代
タイトル世界にひとつだけの花
アーティストSMAP
娘の小学校の卒業式に、おかあさんみんなで歌いました。成長した子ども達を前に泣きながら歌っているおかあさんがちらほら。それをみて子ども達も泣いて、おかあさんも泣いて、みんなで泣いてしまった卒業式でした。今でもこの曲を聞くと、胸がキュンとします(*^^*)
50代
タイトルだんご三兄弟
アーティスト茂森あゆみ・速水けんたろう
娘が小さい頃、休みを利用してTDRに良く行っていました。でも、茨城に帰るには7時半のパレ―ドは見れません。小学生になって、初めて、泊りがけでTDRに行ったとき、娘が「夜のパレードがやっと見れるね。お母さん。」と言いました。夜のパレードがみたかったのは、娘じゃなくて私だったんですね。今は、日帰りでも、見れるようになったけど、もう、母とではなく、大切な人と夜のパレードを楽しんでいるようです。
50代
タイトル揺れる想い
アーティストZARD
中学時代にいつも歌っており学校で歌バカと呼ばれていた。
50代
タイトルずっと一緒さ
アーティスト山下達郎
保育園の帰り道、歌を歌いながら、家まで帰りました(歩かせました)。
40代
タイトルとなりのトトロ
アーティスト井上あずみ
この曲は子供が幼稚園の時お遊戯会で踊った曲です。
そして、今中学生になる娘とSMAPのコンサートにいった時にこの曲を聞いて横で踊っている娘をみた時本当に大きくなったなぁーと思って
涙がでそうになりました。
50代
タイトル雨音はショパン
アーティスト小林 麻美
子供がつかまり立ちし始めたころこの歌に合わせてノリノリで踊っていました。今ではもう走り回っていますがあの頃もかわいかったなとこの曲を聴くと思い出します。
30代
タイトルさくら(独唱)
アーティスト森山 直太朗
一緒にコンサートに行った時にすごーく感動しました
30代
タイトルゆりかごのうた
アーティストなし
1年生になったぱかりの息子が、学校に慣れず、幼稚園に戻りたいとかくりかえしている頃、ふとこの歌が1番好きと言いました。息子が、J-POPで、初めていいと言った歌でびっくりしたと共に、歌や踊り、楽しい遊具でのびのび過ごした幼稚園から、机にむかって、皆と同じよう勉強し、ちょっと違う事をすると、怒られたりからかわれたりする中で、この、歌詞が、このこの胸に響いたんだなと思うと切なくなったのを覚えています。
50代
タイトルLOVEマシーン
アーティストモーニング娘
私が好きで何度も聴いていたところ、3歳の息子が覚えて、夏休みに海に行った際、長い砂浜をトイレまでだっこして、かけこむ際、気を紛らわしながら2人で口ずさみ、トイレがすんだあとは、砂浜を手をつないで、ゆっくり歩きながら、まだ、はっきりしない言葉で大きな声で歌って歩く息子の、歌詞とマッチしない感じがとても可笑しくて可愛くていまでも覚えています。
40代
タイトル未来へ
アーティストKiroro
まだ0歳の頃、色んな種類の音楽を聴かせていたら、少女時代のGeeに興味深々でずっと一緒にDVDを見ていて、だんだん私の方が好きになってしまい、今では少女時代の大ファンになり、息子と一緒に踊っています
60代~
タイトル未来へ
アーティストキロロ
家族でコンサート見に行きました。娘はよほどうれしかったらしく、学校の給食時間にかける曲にリクエストしたそうです。いまでも好きなアーティストの一人。
40代
タイトルにじいろ
アーティスト絢香
小学生の息子が初めて覚えた歌です。聞いていると、いろいろあるけど『頑張ろう!』と思えます。
50代
タイトル浪漫飛行
アーティスト米米CLUB
義父母が、演歌が好きで特にひばりさんの歌が好きでした。その影響もあってか娘は、ひばりさんの歌が大好きです。一番好きな歌は「川の流れのように」です。
家族でカラオケに行くと、良くひばりさんの歌を歌います。私たちに生き方について教えてくれる歌だと思います。
50代
タイトルバンザイ好きでよかった
アーティストウルフルズ
幼稚園の行事で親子で何度も歌い、踊ったの今でも歌えるし踊れます。
50代
タイトル3月9日
アーティストレミオロメン
娘と一緒に、初めて見に行ったライブのグループのデビュー曲
40代
タイトルTDRのエレクトニカルパレードの曲
アーティストわかりません
娘の結婚披露でエンディングに流れた曲です。
娘の選曲でエンディングロールを、見ながら涙したをが忘れられません。
50代
タイトル純恋歌
アーティスト湘南乃風
子供が自分で歌えるようになった曲で、たまたま子供服を買いに行ったお店でこの曲がかかっていて、大きな声で一緒に歌っていたことを思い出しました。
40代
タイトルさんぽ
アーティスト井上 あずみ
昨年、5月に、娘が結婚しました。その、エンドロールに流れてた曲です。
今でも、DVDを見るたびに聴こえてきて、嬉しさ、半分、さみしさ半分で、感動してしまいます
30代
タイトル世界に一つだけの花
アーティストSMAP
夢に描き信じながらはばたいてゆこうのところがこころにしみる
30代
タイトルFight Together
アーティスト安室奈美恵
子供3人、主人が寝かしつけるときに必ず歌っていたこの曲。
我が家の思い出の寝かしつけソングです。
60代~
タイトル未来予想図
アーティストドリカム
中学生の頃反抗期だった娘も大学院生^_^
カラオケで一緒にBest Friendを歌える幸せに感謝しています♪( ´▽`)
40代
タイトル世界にひとつだけの花
アーティストSMAP
娘が幼稚園のクリスマス会で歌った歌。
手話をみんなで覚えて歌っていて、とっても感動したのを今でも覚えています。
その後も毎年クリスマスが近くになると、娘と聞いています。
大切な娘との思い出の曲です
40代
タイトルキセキ
アーティストGReeeeN
娘の高校卒業式に出席し、式で歌ったこの歌に感動し、また娘が無事に育ったことに感謝しました。
30代
タイトルGee
アーティスト少女時代
娘の中学卒業式の日、卒業証書授与式の後、教室に戻って担任の先生のお話の後にクラスメート全員で合唱してくれました。
50代
タイトルラブ・ストーリーは突然に
アーティスト小田和正
長男が0~1歳の頃・・・。育児休業が終わり、保育園に通わせ始めた頃のことです。次の日のために9時に寝かせることにしていたのですが、いざ寝かそうという時に、目がさえて暗くした中歩き回る長男に、辟易としていました。そんな時には、この歌を歌いながら、ベランダで抱っこ作戦! ゆさゆさ揺らしながら、どうにかこうにか寝かしつけました。この曲を聴くと、自分を投げうち、子ども優先で生活していたあの頃が甦ります。
40代
タイトルキセキ
アーティストGReeeeN
子供が小さい頃流行っていたこの曲。親子でもよく歌っていた大好きな曲です。ある日みんなでカラオケに行き、好きな曲をと言われて娘が伝えたのは『お花屋さんの歌』 最初はわからず困っていた私達に、得意気に口ずさんだのは世界に一つだけの花でした。小さかった娘はたくさん花の出てくる歌詞から、お花屋さんの歌だと思っていたのです。今でもこの曲が流れてくると、小さい頃を思い出してほっこりした気分になります。
50代
タイトル川の流れのように
アーティスト美空ひばり
先月、息子の中学校卒業式で卒業生全員で保護者へ向けて歌ってくれた曲です。ゆずさんが歌う栄光の架橋はアルバムで持っているので、車の中でよく聞いていましたが、違う曲のように聞こえるぐらい、卒業生全員で歌う栄光の架橋はそれはそれは素晴らしかったです。
息子の歌う姿を見たら、感極まって泣いてしまいました。素敵な歌のプレゼントでした。
40代
タイトル島唄
アーティストザブーム
毎朝五時半になると、ウオークマンから、この曲が流れて、一日が始まります、毎朝楽しく起きていた毎日が思い出されます。
50代
タイトル
アーティストAfro
子供と何度も何度も歌って遊んだ
60代~
タイトルありがとう
アーティストいきものがかり
私の息子は、小学校のときから、野球をしていました。高校最後の夏の大会の応援ソングがあとひとつでした。正直強豪校ではなかったので、とても良い試合でしたが、負けてしまいました。あれから、数年経ちましたが、この曲を聴くと離れている息子の姿が頭に浮かび涙が出てしまいます。頑張っている姿を思い出します。
50代
タイトルどんなときも
アーティスト槇原敬之
世界に1つだけの花が流行ったころ、テレビやラジオで流れてくると、必ずといっていいほど娘と一緒に歌っていました。今でも大好きな歌です。
50代
タイトルbeautiful
アーティスト絢香
今は大学生の娘が小さい頃、大好きだった曲です。なんでも三兄弟にしていました。
~10代
タイトル永遠の翼
アーティストB´z
こどもが初めてのお遊戯会で、親からのプレゼントとしてこの曲に振付をして踊ってみせたことです。子供たちが一生懸命踊っていたので、親たちも負けられないと、ひっしに振りを覚え間違わないようにと、踊った記憶がよみがえります。
30代
タイトルドレミのうた
アーティストペギー
となりのトトロでお馴染みのさんぽが娘は大好きで毎日のように歌いました。
幼稚園バス停まで手をつなぎながら一緒に歌い笑いお話をしたことが昨日のことのように思い出します。
そんな娘も今年から社会人として独り立ちし家を出ました。
親としては嬉しいような寂しいような複雑な気持ちです。
娘との貴重な思い出をさんぽの歌に重ねて思い巡らしたくさんの幸せを運んでくれた娘に感謝しています。
50代
タイトルBest Friend
アーティスト西野カナ
こどもが初めてのお遊戯会で、親からのプレゼントとしてこの曲に振付をして踊ってみせたことです。子供たちが一生懸命踊っていたので、親たちも負けられないと、ひっしに振りを覚え間違わないようにと、踊った記憶がよみがえります。
40代
タイトルHappy Xmas (War Is Over)
アーティストジョン・レノン&オノ・ヨーコ
となりのトトロでお馴染みのさんぽが娘は大好きで毎日のように歌いました。
幼稚園バス停まで手をつなぎながら一緒に歌い笑いお話をしたことが昨日のことのように思い出します。
そんな娘も今年から社会人として独り立ちし家を出ました。
親としては嬉しいような寂しいような複雑な気持ちです。
娘との貴重な思い出をさんぽの歌に重ねて思い巡らしたくさんの幸せを運んでくれた娘に感謝しています。
50代
タイトルさくら
アーティスト守山良太
中学を卒業して高校から寮に入る事になった息子、二人三脚で暮らし、楽しかった事、苦しかった事も沢山あったけど、息子と暮らした、かけがえのない一日一日が思い出される曲、卒業時期、息子と居た場所で良く耳にした大切な曲です。コーラス大会で後輩が歌ったり、お別れ会のカラオケで、私が歌った曲でもあります。この歌を聴くと、息子との大切な思い出が走馬灯の様に思い出されます。
50代
タイトルオレンジ
アーティストスマップ
初めて息子が私(母)の聴く曲を覚えて好きになり、口ずさんでくれました。何回も何回も流して!っと言ってくれます!
40代
タイトルwowow トウナイト
アーティスト浜田功一と仲間たち
この4月で還暦を迎える私に、遠方に住む息子達と同居の娘がサプライズでレストランを予約してくれました。美しい夜景を見ながら、食事もワインもおいしく、心躍る楽しいひとときを 娘がスマホで写真を撮り、それを動画にまとめました。選んだ曲はSMAPの「ありがとう」。動画に流れるその曲がぴったりで 皆、とても幸せな顔をしています。何の取り柄もない平凡な私こそ、子供達に本当に ありがとう!有難う!ありがとう!
40代
タイトル世界に1つだけの花
アーティストSMAP
一歳になったばかりの小さな子を保育園に預けて働く、これで良かったのだろうか…と思う毎日。
気付けばCDと一緒に、ピピピピピと口ずさむ息子が!
知らぬ間の日々の成長に嬉しさを感じた瞬間でした。
40代
タイトル栄光の架橋
アーティストゆず
私が離婚をしてから、娘と二人で生活をしていました。娘が結婚しその後、私を更年期が襲い、仕事でも実の姉に解雇を言いわたされ精神科に、通院するまで落ち込んだ時に娘が、泣きながら歌ってくれた曲で、今でも私に元気をくれます。
40代
タイトルあいのありか
アーティストヘイセイジャンプ
ある日車の中でラジオから流れてきた、荒井由実さんの「やさしさに包まれたなら」。懐かしいなぁと思い小さく口ずさんでいたところ、何と5歳の娘も歌い出しました。娘がこの歌を聞くのは初めて。しかし、とても気に入った様子で何度も覚えた部分を歌い、仕舞いには「お歌を全部教えて欲しい!」と言い出しました。歌詞の内容も知りたがったので易しい言葉で教えてやりつつ、私も改めて素敵な歌だと感動したのでした。
40代
タイトルげんこつ山のたぬきさん
アーティストしらない
当時病院に毎週通っていた車のなかで親子でいつも聞いていた曲で元気をもらったのを思いだします❗️(*^_^*)
40代
タイトルあとひとつ
アーティストFUNKYMONKEYBABYS
嵐の大好きな子供と、毎年ライブに行きます。その中でもこの曲が大好きです。あと、何回一緒に行ってくれるかわからないけど…できれば、ずっと一緒に行って欲しい…との願いを込めてリクエストします。
60代~
タイトル世界に1つだけの花
アーティストSMAP
まだろくにしゃべれなかった頃の娘が初めて好きになったアニメがアンパンマンでした。娘にせがまれてビデオを再生して、何度見たかわかりません。明るい曲調ですが、歌詞は意味深く、考えさせられます。親の私もアンパンマンのマーチに元気づけられて育児を乗り切ってきたように思います。
40代
タイトルだんご三兄弟
アーティストうたのおにいさん、おねえさん
次女の小学校の卒業式で卒業生が全員で親に歌ってくれた曲です。
私は3人の子供がいて、まだ1番下に手がかかり、次女は手がかからない子だったので、割とほったらかしでした。
そんな次女の小学校を卒業式を迎え、私は泣かないと思っていたけど最後に子供達から、歌のプレゼント。歌い出しのママ私が産まれた日の空はどんな色だった?で、もう涙がこみ上げて来て号泣してしまいました。子供を育てる素晴らしさを再確認した
50代
タイトルおよげたいやきくん
アーティストしもんまさと
妊娠中、大好きなこの曲を聞きながら「早く会いたいなぁ、家族になるんだなぁ」と思っていたら陣痛がきました。この子がもう少し大きくなったら、この曲を一緒に聞きながらお話ししてあげたい。
50代
タイトルさんぽ
アーティストわかりません
親子でK-POPにはまった曲です。
50代
タイトルおよげたいやきくん
アーティストしもんまさと
ふたりで初めて行ったコンサートが華原朋美さんでした。彼女も途中引退して薬に依存したり災難な人生でしたが、逞しく芸能界に戻った彼女は素晴らしいです!時々カラオケに行きますが、華原朋美さんの歌で盛り上がります。
50代
タイトルさんぽ
アーティストわかりません
子供が高校生のとき、音楽の授業でギターの弾き語りで歌った曲です。初めて手にしたギターで一生懸命練習してました。学校から授業のDVDを持ちかえり、見せてくれました。練習の成果が出て、かなり上手に弾き語りができてました。主人と繰り返し観ても、その都度、笑顔になれる息子の姿が嬉しいです。
50代
タイトル未来
アーティストKiroro
小4の息子は毎朝、洗面所で歌を口ずさんでいます。
どうやら、がんばりが必要な日は「勇気100%」を歌うようです。
こっそり聞いていて分かりました。

小さい頃と比べて会話が減ってきましたが
この朝の歌が続いてくれたら、その時の気分が分かって
密かに応援できるのかなと思っています。

私も自分を励ましたい時に口ずさむのですが
頭の中で流れているのは、光GENJIさんです。